まおゆう魔王勇者 第1話 魔王様のおっぱいアニメじゃないですかー!

20130105_1.jpg
勇者は(おっぱいに)落とされました。
そんな訳でRPGならそこでBADENDですが、この物語はそこから始まる「まおゆう魔王勇者」第1話。



さて、今期新番1本目は勇者とおっぱ・・・・・もとい、魔王との出会いから始まる「まおゆう魔王勇者」。
原作は元々2chのスレッドという事で、期待して良いのか悪いのか何とも言えない所ではあるな(笑)。

話はいきなり勇者が単身魔王の居城に乗り込んで魔王との最終決戦!的なノリで始まった訳ですが。
しかしそこに現われた魔王は何と巨乳美少女、という2chどうこうよりも何というかラノベっぽい展開に。

魔王を倒し戦争を終わらせようとする勇者ですが、魔王から戦争について様々な指摘を受ける事に。


勇者に対し、主に経済的観点から戦争がもたらす恩恵を解説する魔王・・・・・あー、そういう話なのね。
RPG風のファンタジー世界に現実的なツッコミを入れるという。普通なら「フィクションだし!」だが(笑)。

今のままでは戦争が終わってもいずれは行き詰まりを迎えてしまう世界に思案を巡らせていた魔王。
それで戦争が終わった先の世界のために今出来る事をしようと勇者に協力を求める事にしたらしい。

まあ正直そういう話よりも、ぶるんぶるん揺れまくってる魔王のおっぱいが気になる訳なんですけど!


ともあれ、結局勇者は魔王に協力する事に。け、決してDTだからっておっぱいに釣られた訳では(ry
人間側の被害を黙認する事に対して勇者の覚悟完了早くね?って気もするけど、そこはまあ流れで。

後は勇者自身はともかく、既に魔王が勇者にデレデレなのはどうなんだろうかと思わなくもない(笑)。
だけどまあこういうビジュアル面抜きで話題になった(?)作品らしいので内容には期待しておきたい。

メディアの違いもどう出るかという所なんですが漫画にもなってるみたいだし心配する事でもないか?

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(44)

>>だけどまあこういうビジュアル面抜きで話題になった(?)作品らしいので
>>内容には期待しておきたい。
しかし、ビジュアル面抜きで話題になった(?)作品でも、
アニメになると、魔王は巨乳(デレ)美少女という点に、日本アニメ制作界の狂気を感じる。
いや別に、ブサイクにしろとは言わないし、主要キャラに強い個性が必要だというのも解かるんだけど、それが露骨な巨乳という所がなんともいえない気持ちにさせるな。

二の腕プニプニおっぱい魔王様が良いキャラしてるぜー

メイン二人の声優と監督・構成に笑ってしまいました。
OPから既視感あるなと思ったら狼と香辛料でした。ありがとうございますw

おっぱいで視聴者をとりあえず釣っておこうという姿勢。

しかしおっぱいに気をとられて話に集中できない模様。

いやぁ、まず出演者の方が「某DT」において「オネエメイド」役、「某境界線」の作品で「汚れ系全裸」役の福山さん。ヒロイン役に「某わっち」や「はじけろブリタニア!」「某獅子耳閣下」「ズドン巫女」役の小清水さん。女騎士役にセージュン役だった沢城さん。それから公式で出ているメイド長役に賢姉役立った斉藤千和さん。・・・・なにこのホライゾンwww中二が終わった後で福山さんがまた主演だったからどんなかと思ったら・・・・すげぇ顔なじみの共演者ばっかじゃないのかこの作品と思ってしまったww そして魔王さんの自分の体に対してのコンプレックスがなんか可愛い勘違いで涙目のところは癒されましたねwww

元々設定上、魔王様駄肉の巨乳だけどな。

元々巨乳美女設定だしな魔王、むしろイメージ通りで納得だわ

VIPのスレだからな
ネットののりをアニメ化して面白いのかどうか

CMが狼と香辛料ばっかだったのは確信犯だろう

見ようとは思うが、タイトルをどうにかして欲しかった。
さすがに今時かな4文字の法則は逆に寒い。
アニメ化にあたってのタイトル変更なんてよくあるのに。

魔王様が最初からデレデレなのにもちゃんと理由があるのですよ。
個人的には『狼と香辛料』に近い作品だと思います。経済云々ってところがですが。

いいおっぱい。それだけで視聴する理由には十分だ。

魔王と勇者(の香辛料)だった

2クールでも消化しきれない内容だと思うんだが・・・
とにかく内容を丁寧に描写してくれることを祈るばかりだ

個人的に、昔は福山潤×大原さやかってイメージだったんだけど、最近は福山×小清水ってイメージになって来たな。

最初っからデレデレの理由が分かるところまで
アニメ化するんかな

魔王が勇者に経済の解説するシーンはもう少し原作寄りが良かったなぁ
資料がプリンタ用紙からただの紙(羊皮紙?)になってるし

けっ経済の勉強になるから見てるんだからねっ。
まおうのおっぱいなんて興味ないんだからね!(親に見つかった時の言い訳)

こっちにDTが召喚されてればよかったのにw

狼と香辛料の世界版とでも言う作品ですよこれ。
あれは行商人とその連れの神様が小さな範囲でささやかな幸せ求めて色々やるお話でしたが、これは閉塞感に閉ざされた世界の秩序を根本から変えてやろうって話。
原作は書籍化されたの含めてとうに終わってるんで、仮に最後まで全部やるんだと結構血生臭くエグい展開も。

福山と小清水の競演って結構レアですよね。

これ徹夜して読んだなー。
最後の全面戦争はほんとハラハラしながら読んだ。

個人的に石田あきら版(コミック版)のデザインが好きなのだが、まぁコレはこれで良いか。
石田版の魔王は普段凛とした美人なのに時々慌ててる姿がなんとも。(もちろん巨乳)

一番の問題は2話以降あの乳の揺れがどこまでもつかだな。

2chってやっぱテンプレ大好きだろw

また福山と小清水ですね

体育会系お人よし勇者、しかも無双(レベル99?)。
強くてニューゲームが密かなブームなのか?

架空世界に現実的な要素を盛り込むって点ではタイガー&バニーを個人的には思い出す…

あっちもスポンサーがー、とか視聴率がー、とか作中でやってたし

とりあえず第一印象は良さげだ

主人公=勇者
準主人公=メイド姉
ヒロイン=魔王
準ヒロイン=女騎士

でお送りする世界を経済で改革するアニメです

※27
広い意味ではマギとかホライゾンとかガンダムも入るのかな?

というかアニメではガンダムが最初だったかも。

これ原作最後のほう結構血なまぐさいんだよなぁ
いや、魔王を殺して王座を奪おうって魔族が現れるところまでは
王道なんだけどその後が・・・

※30
「悲しいけど、これって戦争なのよね」という事かな。

漫画の方しか読んでないが、リアルに戦争を描いたら血なまぐさくなるのはある程度仕方ないかと。

それでも勇者は最後まで勇者であり続けてほしい。

角が「キュポン!」は笑った。いや、まさか擬音が付くとは。

ニセ角は知ってたが、普通は角は本物で魔法の薬で角を隠すパターンが王道だろうに、あえてニセ角とは。

>>2
二の腕は本人のオパーイと同じ柔らかさなんだZE!

6話くらいで魔王が狼耳のコスプレとかしそうな勢いだな

このアニメ某アニメに似てると事前情報得ていたが
ちょくちょくのそのCMが入ってきて吹いたww

戦争を国家の経済活動の一形態として冷静に見てる魔王様が為政者としての才覚に溢れまくってるように見えてステキ。
オッパイ抜きにしても、こんな為政者にならつい着いていきたくなっちゃうよな。
魔族恵まれすぎてるぜ。

ところで魔王様の寿命ってどんなもんなんだろ?
あんな壮大な計画を志向している以上、
実は人間の勇者の何十倍も長生きで、改革自体も数百年規模の超ロングスパンだったりとかしないんだろうか?

とりあえず、オッパイとか抜きで純粋に楽しめそうな気配をびんびん感じるんで視聴継続決定。

>>5
事務所の関係とか?
自分は詳しくないので分からんですが。

武器商人→魔王
元少年兵→勇者
「世界平和のために。」

ヨルムンガンド?

魔「だいたいなんで君はひとりでここにいるんだ?」
勇「・・・・・・魔王を倒して戦争を終わらせる、それが俺の勇者としての使命だ!」
魔「戦争を終わらせるのは軍の仕事だろう、敵の王の命を単身仕留めるのは・・・暗殺者の仕事だ」

個人的にこのセリフに「ハッ!」とさせられたんだがアニメでは無かったな。
少し残念。

>>39
実際、ドラクエとかでも勇者一行は実質魔王とその組織に対する破壊工作を行なってる特殊部隊だよな。

毎回、それにまんまとやられる辺り、ドラクエ世界の魔王軍の非正規戦での弱さというか、備えの無さは相当酷いレベル。
多分、正規戦力の強力さに慢心してて、そういう概念さえ無いんだろうな。

>>26
強くてニューゲームっていうか魔王と戦おうかってレベルの勇者が弱いわけ無いだろjk

魔王の駄肉に興味津々の人は、絶対に『まおゆう 紅茶屋』で検索しちゃダメだよ。
絶対ダメだからね!

>>41
言い方が悪かったかな?
ファンタジー設定で第一話の時点で最強クラスの力を持っている主人公が最近増えてきた気がする。
と言いたかっただけなんだが。とくに勇者(英雄)系主人公に。
もっとも第一話までにかなりの努力と試練を超えてきてるハズなんですがね。

逆にレベル1からコツコツ成長する主人公が減った気もする。
たいがい第一話でなにかキラーアイテム(能力)を手に入れてしまうパターンが多い。

≫43
最近の漫画とかアニメは全体的に努力系は流行らないんですかねw
なんか最初からそこそこ以上に強いか、ワケありで実力隠してる輩が多くて、
イマイチ感情移入できん。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/1015

▲上に戻る