PSYCHO-PASS 第6話 裸なら良いってもんじゃあないな・・・・・。

20121119_1.jpg
文字通りサイコらしくなってきた。
そんな訳でエログロと言いたい所だけど、さすがにあまりエロスは感じない「PSYCHO-PASS」第6話。



さて、まずは前回触れられた、狡噛が執行官に降格する事になった昔の事件のフラッシュバックから。
当時狡噛が親しくしていた執行官が無残な姿で犠牲者になってしまった事が主な原因だったみたい。

事件の事を他の人から聞く朱ですが、これは狡噛が犯罪係数ぶっ千切っちゃっても仕方なかった感。
この件が宜野座の執行官と一線を~に繋がるようですけど、要は「知人」ってのが重要なんだよなあ。

朱が狡噛に似てるというので何かフラグ立ててる気がしますが、今の執行官にも犠牲が出るのかね。


そしてまた新たな事件が発生していく訳でしたが・・・・・今回はこれまでよりもよりサイコっぽい感じに。
というか犯人の娘は普段の言動からして既にキテる感じはする(笑)。そこが人気の理由なんだろうか。

しかしまあ槙島が上手く立ち回ってるという話なんだろうけどシビュラシステムはやっぱりザルっぽい。
こんな極端過ぎるシステムを運用するならそれこそ抜け道の無いように完璧にフォローしないと・・・・。

このアニメにはエログロ成分を期待している部分もありましたが、今回のはエロとは思えないな(笑)。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

コメント(17)

>こんな極端過ぎるシステムを運用するならそれこそ抜け道の無いように完璧にフォローしないと・・・・。
「ゼロリスクの過剰な追求こそが最大のリスクである」と言いたいんでしょうね…多分。

まさか、最初に感想書いてたロボノが切られてこっちが感想続投とは。

赤面してたツインテ少女と
『美術品』の全裸少女の遺体が同一人物と
なかなか気づけないぐらい人相が違いすぎる・・・

ここまで派手にはやってないが踊る2でも同じ様な事やっていたな
映像で見ると衝撃的なのかもしれないがこういう殺し方だと多重人格探偵サイコの生け花とかの方が衝撃的だった

「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」
の感想が滅茶苦茶早いどころか、
早すぎて、こっちが見る頃には過去ページに送られてる勢いなのに
「サイコパス」は異常に遅いのはなんでだろう。

なにか「魍魎の匣」の少女達を思い出す回だった。
暗く隠微な死体を使ったゲームというか、サイコ犯の所業はおぞましい。
朝日を浴びて発見されるものを死体と気づかずにまじまじと見る清掃員たち。
ビー玉のように何も映さない少女の眼球にゾッとする。
物語とはいえ、この犯人には怒りを覚えるな。


※3
同一人物じゃないぞ
オブジェになったのは赤面してたツインテ子じゃなくて
学園パートでモブが話してた行方不明になってた子

※4

この手の殺人で多重人格探偵サイコ 以上となるとハードル高い。つーか18禁になる。

※7

ということは、ツインテールちゃんは次回の被害者?あの絵はどうやって死体を飾ろうか思案中?

※9
ラストのシーンを見た感じだとそうじゃないかな?
腕や首に線引いて有ったし、それってつまりそう言う事だろう
あのオブジェが行方不明子+ツインテ子のパーツを組み合わせたもの説もあるけど

学校に通ってる教師も生徒も定期健診をうけてるハズなんだけど、やはり改竄やハッキングが横行しているのか?

カガリくんが殺されそうな予感しかしない

おやっさんと何気に宜野座も危ないと思う

報告シーンの局長のプレッシャーが半ぱないッス。あんな言い方されたらそれだけでサイコパスが濁りそうだ。試されてる?

金田一少年の事件簿にも槙島みたいな犯人いたよね。

※15
高遠陽一か。
あいつが出張るようになってからイマイチになったという意見が多いな。

執行官は外出の自由が無いだけで結構いい生活してるよな。血なまぐさい仕事さえ受け入れてしまえば悪くない気がしてきた。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/972

▲上に戻る