BTOOOM! 第7話 歴戦の傭兵さんも主人公&ヒロイン補正の犠牲に。

20121117_1.jpg
補正には勝てなかったよ・・・・・。
そんな訳で今回はいつにも増してツッコミ所多かったような気がしないでもない「BTOOOM!」第7話。



さて、まずは竜太とヒミコが「BTOOOM!」内で結婚した回想からでしたが・・・・・うむ、何か痛々しい。
というかゲームの内容的に結婚システムがある事自体が謎だよな(笑)。結婚できるボンバーマンて。

いきなり宮本に襲われた竜太でしたけど、一応ポリシーに従って説得を試みるも、希望的観測と一蹴。
そもそもチップ集めれば帰れるって保証も無いんだけどねえ。普通なら口封じにドカーンだと思うけど。

そして連れ去られたヒミコの携帯を極自然な動作でチェックした竜太は、平を放置してヒミコの救出に。


またヒミコはエロい目に遭うのかと思ったら、宮本はエロとは別の趣向の持ち主でした・・・・残念(?)。
そういう訳なので今回のヒミコが連れ去られた一件は全て竜太とヒミコのフラグに繋がるのでした、と。

しかし竜太の投げた物体をスルーした夏目も大概だけど、宮本も何だかなあというやられ方だったな。
ぶら下げてたBIMを利用されたり、いつ押されたかも分からないタイマー式を悠長に処理したり・・・・・。

で、ヒミコは竜太限定で男性不信を撤回してフラグ成立?今回は少し主人公補正が露骨過ぎた感が。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(13)

主人公補正全開!!・・・まあ、そのくらいでないと今回だけでも2回ぐらい死んでるんですケドね。補正無しで生き抜こうと思ったらランボーとかセガールみたいな主人公になっちゃうから話が面白くなくなるし。

烈火ガス浴びてあんなに焼け爛れてもまだ、「殺そう」って意識のほうが強く出るとはな。

夏目さんはなんか飲んでラリってたけど、どうしたんだろうね。

ヒロインが可愛くてエロイから、それだけでも面白く視聴しています。

が、がですよw
素材はいいのに、調理がひどすぎませんかw

・主人公 スタンガンで弁護士倒したら、おきあがりに爆弾持ってけただろ。
→この作品、命がけなのに爆弾に対して無頓着すぎ
 爆弾=生命の運命線なのに、爆弾失うのは命失うのと同義であるはずだ。
→同様に残弾数に無頓着すぎ・・・爆弾尽きるのは命尽きるのと同義だぜ。8発だか有限なのになぜあんなに乱発できるんだ?

ここらへんが殺人ゲームしてるのに薄っぺらいんだよなぁ。
福本漫画にあるような悲壮感というか、生命の葛藤がないんだよねぇ・・・
爆弾失ったら、福本ばりのぐにゃ~状態ですよね。
限定じゃんけんで最初に負けたやつがヘラヘラしながら去る感覚でこの爆弾ゲームやってる感じがしてしまう。

傭兵が平のおっさんを殺さないで去った意味がわからない・・・
なぜ?

有無をいわさずナイフを振りかざしてきた人間を仲間に引き入れようとする人間心理がまじでわからない。なぜ?
傭兵さんが「うんじゃあ協力しよ」って言ったら、合流するのか?
寝首かかれるかもって不信・不安はないのか?
ないのなら、そんなの人間じゃないでしょ。
その人間臭さのない不自然さが、ものすごく強い違和感になってしまう。

科学技術とか、ニートの運動能力とかそういうのは別にいいんです。
人間としてありえない不信感への無頓着ぶりや、ゲームに対する緊張感の無さがおかしい。

ヤングアニマルで「自殺島」とか書いてる作者さんなら
ここらへんうまく描けるんかもなぁ。

ケータイの待ち受けに名前、そりゃあ流石に気づくか。前回竜太が待ち受けをチラ見したのは伏線だったのね。前回から気になっていたのでついケータイを見てしまったと。

宮本は爆弾を軽んじてたから、それで何に注意すべきかとかを見落としてたのかもしれない
それにしても、ちょっと前までの平さんがメインヒロインみたいな状況が終わって何よりですw

傭兵信用するかどうかの部分はまぁ、ゆとニートだしで片づけられるけど、平のおっさん殺さないのはマジで意味不明だな。
おっさんはどうせ脅威じゃないし、ヒミコが逃げたのを捕まえたところでお楽しみタイムだったのかもしれんが。

とりあえずSAKAMOTOは年始のSASUKEに出場しろ。かなりいい線いくだろう。

屋内戦闘はメタルギアソリッドみたいで面白かったがもう少し緻密な描写が欲しかったかな。ソナーでの合図はゲームのテクニックの一つだったのかも。そして最後はまさかのバイオハザード。「スネーーーク!まだだ、まだ終わっていない!!」宮本の最後の判断ミスは強烈な痛みと酸欠のせいという事にしておこう。

アノ司会者(帽子の太い人)のしゃべり方は何でイラッとするんだろう。そして24時間生中継、ってことは竜太がスカート覗いたのも見られてた?

竜太にとってヒミコは心の拠りどころだったのだろうか?それでもストーカー化しない紳士っぷり、なのに家庭はあの有様。ナゼこうなった?

ていうかなんでヒミコの手で起動したん??

※3、残弾数の無頓着

残弾に気を配りつつも出し惜しみしても死に繋がるというジレンマ。その辺の演出が伝わりにくいのかな?

※12

もともとヒミコの爆弾じゃなかったっけ?(デブか青ヒゲから奪った。)タネ明かし不足か。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/967

▲上に戻る