To LOVEる ダークネス 第5話 やはりただ脱ぐより変化球の方がエロスか。

20121103_5.jpg
どう見てもエロアニ・・・・って今更か。
そんな訳でペロペロだったり触手プレイだったり女体化だったりの「To LOVEる ダークネス」第5話。



さて、そんな事を言いつつもまずはスク水から。でもアニメ絵のスク水ってあまりエロくはないのよね。
何だかのっぺりしてるというか・・・・・あ、ふともも辺りはムチムチしていてエロかった気がしなくもない。

まぁ今回はその後から本番なので多少エロかろうとエロくなかろうと問題無い、っていう事でペロペロ。
元々はナナが芽亜を元気付けるための話だったけどこの作品ではエロ要素にしかならないというね。

エロかったのは中の人達の努力の賜物と言えるかも知れないな(笑)。修正に耐えて、よく頑張った!


今回も今回とて相変わらず基準が曖昧な修正ですが・・・・どちらかと言えば今回は緩めだったかな?
なかなか良い縞パンでした。というかパンツは別に見せても良いものをわざわざ隠してるだけだしね。

ペロペロと触手プレイが終われば今度は女体化という事でリコ登場、いきなりおっぱいネタ尽くしです。
正直この女体化は複雑なんだけどな・・・・・可愛ければ良いんだよ!と割り切れない自分がいる(笑)。

しかしまたラストはえらく中途半端なシーンで切ったな!一瞬放送事故か何かかと思ってしまったぜ。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

コメント(6)

貧乳には興味なかったのに、初めてナナにエロスを感じてしまった。
やっぱり伊藤かな恵ボイスで喘がれるとヤバいな。

>正直この女体化は複雑なんだけどな・・・・・可愛ければ良いんだよ!と割り切れない自分がいる(笑)。

ものすごくよく分かるw
本来の姿はリトなんだと考えると、萌えてしまうと何か超えてはいけない一線を超えてしまうような気がするw
ルックスだけ見ると可愛いだけに余計複雑だわw

今回は修正ありでも見る意義のある回だった

ペロペロペットくん達の舌技にはナイスと言わざるを得ないっ!w

そしてついに一線を越えて、女物のパンツを普通に履きこなしているリコには萌えると言っとこう(断言)。

※1

中の人が元々女性だから余計複雑だわw

ぺろぺろシーンは修正あるのがエロかったw

リコに変身するから声が女性声優なのかと思ったら
連載にリコが登場する前からアニメやってたんだな。
なんでリトに男の声優を使わなかったんだろ?

ハーレムアニメの男性声優の肩身の狭さをわかってあげて!

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/948

▲上に戻る