ROBOTICS;NOTES 第3話 遂に迎えたクライマックス、ってあれ違った。

20121030_1.jpg
つい趣旨を勘違いしてしまったぜ。
そんな訳でROBO-ONEがクライマックスではなかった(そりゃそうか)「ROBOTICS;NOTES」第3話。



さて、前回は海翔が妙案を閃いた所で終わりましたが、いつの間にか今回はもうROBO-ONE当日。
既にキルバラシステムを開発者に導入して貰ったみたいですけど・・・・・何か明らかに端折ったよね?

まあその甲斐あってか海翔もそれなりに乗り気(?)になり連戦連勝、あれよあれよという間に決勝へ。
「大会」という響きから何となく序盤の山場的なイメージを持ってましたがそんな訳でもなかったのか。

決勝で対戦するのはディフェンディングチャンピオン・ミスター・プレアデス・・・・日高君何やってんの!


さすがにミスター・プレアデスには苦戦する海翔でしたが、絶体絶命のピンチで特殊能力(?)発動!
あき穂のエレファント・マウス症候群と逆の現象みたいですけど、海翔だと何か邪気眼みたいだ(笑)。

ここから華麗に逆転展開かと思いきや豪快に自爆して残念でした、と。何故そこでその技を使ったし。
しかしロボ部廃部危機はミスター・プレアデスの中の人を巻き込んで解決、ここまでがプロローグか?

そして次回から舞台はJAXA・・・・・って何でJAXA?ここから宇宙スケールの話でも始まるんだろうか。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(12)

思ったより主人公に好感が持てた。

シュタゲレベルのを期待してはいないけど、それでも先がやっぱり楽しみだ

日高君w

って、ロボワンぇ~!

1クールとは言わないまでも、4話くらいは使うかと思っていたら、
1話で準優勝>ロボ部存続まで行ってしまった(笑)

これ、そんなに尺が詰まった話なんですか。

それとも「シュタゲ」型のバッドエンドループになるとか。

イタタタタwww
そして合掌。

綺羅星の人達に似てるわ

ロボワンの準備と大会で少なくとも2話ぐらい使うと思ってたから、結構端折ったなあ。種子島便の飛行機の機長がカイパパという設定は、まあそのうち出てくるとは思うが、今回は一切触れずじまいだし。

けど、フラウの登場が早まったよ!デュフフフ。

漫画版と内容が違いすぎるなw
原作やってないからわからんけど、どっちが原作に近いんだろう・・・

アクセルワールドというかニュータイプというか・・・。えーっとゾーン?あとブリーチにもそんな作用の薬が。

そして、お姉ちゃんは峰不二子。

自分は初見だからそういうもんと思って見てるから全然いいけど
ここまでの流れは原作プレイ組から見たらどうなんだろうな

やっぱり管理人の言う通りかなり端折ってるんだろうか
主人公の病気(?)といい赤いオーロラといい、気になる

ズルしてコンテニュー(即答)。これが21世紀生まれの女子高生の感覚か・・・。

メガネ君は名前だけの幽霊部員じゃ駄目なのか?

>>5
確かにw
いつ銀河美少年とか言い出すかと思った

お、記事来てるゥー

こなちゃん可愛い

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/941

▲上に戻る