マギ 第4話 今度は大人の魅力で勝負だ!と行きたい所ですが。

20121028_8.jpg
またイラッ☆とするような話を・・・・・。
そんな訳でまあとりあえず日曜午後5時からのレ○プ展開は間一髪の所で回避された「マギ」第4話。



さて、迷宮攻略から三日、未だ戻って来ないアラジンをアリババは自分の道を進みながら探す事に。
アリババは持ち帰った財宝で奴隷を解放したみたいですがモルジアナはやっぱり付いてこないかー。

一方何故か一人だけ遠くに飛ばされたアラジンは、黄牙一族と呼ばれる草原の民に拾われてました。
・・・・って家族認定早っ!いや、実際アリババともまだ会って数日ぐらいだし不自然ではない、のか?

てっきりOPで映ってたのが黄牙一族の人かと思ったら、そっちは煌帝国という国の皇女様でしたとさ。


で、そのお付きにこれまた性根腐ってそうなのが・・・・・やっと領主が退場したと思った矢先にこれか。
というか実質的に交渉台無しにされたようなものなのに何のお咎めも無しなのか。とっとと○ようぜ!

どうせ女性を狙った集団誘拐事件もババ様を射たのもこの男の差し金、っていう話なんだろうしなあ。
白瑛ともう一人の付き人はまともっぽいのに台無しだよ!さすがにこのままという事はないだろうが。

モルジアナが抜けた穴は、あるいは白瑛でフォローできるかなと思ったけどなかなか難しいな・・・・・。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(18)

呂斎は動く様になって更に下衆感が溢れているなぁ
 
次回への続きとしては良いシーンで終わったけどEDのせいでババ様が台無し
何でこういう時にオリジナルのED曲を作ろうとか思わないのか?
このED本当にどうにかして欲しい

永井豪や、車田正美ならとっくに殺してるぜ。村枝賢一と安西信行と言い、何でサンデーの作家はイライラする物ばかり描く。単行本買う自信が無くなってきた。

>モルジアナが抜けた穴は、あるいは白瑛でフォローできるかなと思ったけどなかなか難しいな・・・・・。

白瑛はかなり出番少ないんで無理っすよ

石原の少年役に慣れてきた?
少なくとも、当初かんじた違和感はなくなりました。

ドルジ・・・
モーニングブルードラゴンを思い出す。 

何があっても戦争してはいかん!

せやな

>モルジアナが抜けた穴は、あるいは白瑛でフォローできるかなと思ったけど

この人ヒロインでもなんでもなくて
ただのダンジョン攻略者とか諸々の説明要員だからね

前髪切られた後のほうが可愛い

白瑛さんは良い人だケド、原作でもずっとヒロインに成りきれない少々不遇なキャラだからな。

第一のダンジョンに続きまたも駆け足。普通は2話丸ごとくらい尺使うべき範囲を半分に。やはり原作を買えという小学館の陰謀が?

主人公を立てるための悪役キャラ多すぎ。
ダイジェスト見てる気分。

長老が殺される展開がこんなに予測しやすいってどうなんだろ(笑)
これが正に死亡フラグってやつか。

>>6
マジで?
番宣だとヒロインオーラMAXだったのに。


これから重い話になりそうなんだから、ラグランジェみたいに
2種類ED作ればいいのにな~
指望遠~wwはないわ…

EDの悪いとこは前奏があれば
心構えか、即消しか、早送りができるのに
ゼロ秒で、指望遠きょっ って始まるところが最大の問題なんじゃないかと気づいた。

CityHunterのED
サイバーフォーミュラのEDとはまったく逆ベクトルで萎えさせてくれますね?

白英さんは完璧超人でつけいる隙も
いまさら広げる物語もない女性なんや。。。

・美人
・頭いい
・将軍として軍を率いる能力がある
・政略、謀略にも通じる
・メンタルつえぇ、安定してる
・個人的な武力がすでに強い
・神器持ち、迷宮到達者

こんな(ある意味面白みのないw)人がヒロインの作品は古今東西存在しないよな?

>>14
口だけで世間知らずのお姫様じゃなかったのか…
でもこんなスゴイのに、あんなクズ男を側近にしてるのは
何でなんだろ?

※15
第3皇女であるが、将軍でもある以上
皇帝の臣であることには変わらない。

超有能な後継者を中央から地方に遠ざけたい、あわよくば地方で戦死してもらいたいと思っているひとが
皇帝のそばには いるもんやで。
戦死してもらうには、無能のクズを押し付けることが近道や。

>>16
優秀すぎて足引っ張られてるのか。
事故死に見せかけてヒゲのおっさんを始末できそうだけど
そこまで非情になれないのかな?

※14

この世界をRPGに例えると白瑛さんと某国の王様はすでに一回以上ゲームをクリアしている様な状態。つまり強くてニューゲームの人。アリババは迷宮はクリアしたけど・・・これ以上はネタバレかな?

※16

なんか、一年戦争後のアムロを思い出した。スゴイ人なのに政治家に厄介がられて。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/939

▲上に戻る