To LOVEる ダークネス 第3話 湯気がなければさぞ良いエロ回だったろう。

20121020_5.jpg
しっかり仕事しやがって・・・・・。
そんな訳で湯気なりダークネスなり何ちゃってモザイクなり大活躍の「To LOVEる ダークネス」第3話。



さて、何はともあれまずお風呂。

期待の摘みっぷりは当然鉄壁ではあったものの、芽亜の表情はそこそこ再現できてたのでまあ良し?
完全におっぱいが潰れてればOKなのか・・・・乳首見えないカットは全部修正しなくても良いのにねー。

モモの「チュッ」は手で完全にガードしたのね。まあまともにやったら本当にエロアニメになるしな(笑)。


芽亜のリトへの精神世界ダイブが終わったら今度は唯のターン・・・・の前にもちょっとサービスシーン。
白修正に黒(?)修正にモザイクと色々趣向を変えてくるけど、何故ここだけモザイクだったのだろうか。

唯の脱衣シーンが全部修正されなかったのは救いだ。というかこのパンツが良いのなら他は何故(ry
お風呂での際どい所はカメラの水滴で隠すみたいですが修正も修正ってこの作品ならではよね(笑)。

しかし発情モードだった唯といいモモといい、リトさえその気になればほんとすぐハーレム作れそうだ。


まあ、お話の都合的にそんな事は有り得ないんですけどね!って事で芽亜の妨害が入って寸止めー。
でも芽亜がぶっ放す所は無駄に演出格好良かった(笑)。こういう所もそれなりに力入れるんだろうか。

最近本編で本領を発揮し出した褐色ロリのネメシスさんも見たいけどアニメはそこまで進まないかな。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

コメント(16)

BDで湯気がとれるなら多分買う、買ってしまう
作者がジャンプの限界に挑戦してるんだから
アニメもアニメ界の限界に挑戦して欲しい
だからBDには、かのこん?ヨスガ?エロスはTo LOVEる ダークネスだろって言われるぐらいの特典映像よろしく!

現状だとあくまで寸止めやギリギリを楽しむ作品だから
ヨスガとはベクトルが違う気がしますね。

って、モモの右手・・・^^;

伝説の「唯の糸引き」はさすがに地上波では無理ですかw

リトは大鑑巨砲主義の超持久力の持ち主というイメージがある。
ついでに回復力も。

唯の下着姿がエロかったのでとりあえず満足
唯かわいいよ唯
さすが俺の嫁

お話の都合というかリトさんがそういう聖人だからこそ
モモにモテてるのかと

モザイクは製品版でもモザイクのままなんじゃないかな。
だから修正する必要がないのでは?

唯は好きなのに
アニメだとどうしてもエウレカが頭をよぎって霞んでしまう(笑)

エウレカさんのヒロイン力まじパネェ

あそこまでいって途中で唯から身を離すリトさんマジ賢者w
どんだけ鉄壁の理性の持ち主なんだyo!

褐色ロリババアはCVゆかなで脳内変換できている。

DVD販売促進アニメだよな。
画面が白すぎるわ。
肌色アニメならぬ、白色アニメだな。

※9
いやいやいや
すでに、日高里菜ちゃんが声あててるやんw

ToLoveる自体は大好きだが、アニメは観る気がなくなってしまった
この白いのはもうちょっとなんとかならなかったのかねぇ
いくら円盤売るためとはいえ・・

※8

手を出したら最終回。

志村ー(校長)うしろー!

リトも唯もあの程度のトラップにかかるなんてチョロすぎるなぁ。そして裸Yシャツであっさりスイッチオン。この時点でリトの事が一番好きなのは唯かもしれんな。あと、リトは着替えにジャージを用意したらしいが素肌にジャージのみもそれはそれで・・・。

異性の家じゃなくても他人の家のフロに入るのはなんか緊張するな。

チャンネル変えていきなり下半身のみ修正されたシーンが映ると一瞬18禁アニメに見える罠。

メアのサ○コガンがカッケェー!コブ○って集英社だっけ?

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/923

▲上に戻る