カンピオーネ! 第13話 最後は皆サービス精神旺盛だった・・・・・ね?

20120929_1.jpg
特にメティスさんはそう、黒かった。
そんな訳で一応物語としては俺達のハーレムはこれからだ!で終わった「カンピオーネ!」第13話。



さて、前回登場した黒いアテナはメティスだそうで、アテナの黒バージョンだけにパンツまで黒でした。
いきなり護堂がメティスの名前を出した時は「?」だったけどスサノオの話というのがこれだったのか。

世界の危機はどうやらこっちが本命だったみたい。というかいつかの予言なんてすっかり忘れてたよ。
消耗してる護堂を逃がすために戦うエリカは格好良かったですが、全裸カットの唐突っぷりは笑った。

ついでにメティスにもキス&全裸カットがあったんですけど、これはエロいというよりは・・・・・可哀想?


そしてラストバトル。
・・・・・なんだけど、ぶっちゃけ全員とキスして語ってたら終わっちゃいましたという印象しかない(笑)。

やっぱりどうしても神話の薀蓄というか作品的解釈が入るので、アクション面では難があったかなあ。
黄金の剣の演出は格好良いんですが基本皆棒立ちだしね。作品的に外せなかった所なんだろうか?

最後のキスラッシュは予想通りと言えば予想通りの展開ですけど、完全にヒロインはアテナだったな!


かくして世界は救われた・・・・・という事なんですが現状神よりカンピオーネの方が強い印象だしねえ。
ヴォバン侯爵とドニは分かるけど触角(?)の人は別のカンピオーネかな。続編があるなら、って所か。

しかし続編があるのかどうかは別にして、物語的には割とキリの良い所で終わったような気はするな。
キリが良いというか全体的な本筋が特に無かったというか。残った伏線はそれこそ触角の人ぐらい?

ハーレム展開の方も無難なオチで、最近のラノベアニメの中ではそれなりにスッキリ終わった感じだ。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

コメント(27)

2クールでもいけたと思うんだが、終わり方としてはまずまず。

ツッコミ所はいくつかあったけど、(ヒロインの瞬間移動とか)一応一段落着いてたし、概ね面白かった。(一番面白かったのが次回予告なのはどうかと思うが)

脱げメティスはガリガリ男の娘みたいだった。
もうちょっとふっくらしてるくらいで良かったのではないだろうか。

本命のアテナと妹の最後の戦いは2期か

「笑うのは・・・これを見てからにしろォッ!!」
護堂の台詞にめっちゃ、笑いましたwww
エリカの謎の裸イメージにも爆笑w

いや~、それにしても幼女アテナの可愛さは至高でしたな。 まさに神の領域。
厨二バトル+ハーレムエンドもここまでいくと、いっそ清々しいw
最後もマダオナレーションでキリッと締めて、良い最終回でした。
もっと見たい。

妹ちゃん「いい加減にしてぇ~!!」・・・王道すぎるラストで吹いたw

基本的にヒロイン登場巻と完全堕ち(デレ)巻が別なんで
ハーレム物としてメインヒロイン4人全員登場させる為とはいえ幾らなんでも全編通して端折り過ぎw
まぁそれでも戦闘シーンを犠牲にしたキスシーンは圧巻だった

>>2
忘れてるかもしれないけどリリアナは魔術で視覚を出張させられるし飛べるからな
恐らく富士山付近まで連れて来て貰ってそこからみんなでバビュン、では

>>管理人
触角(?)の人は2話でちらりと名前が挙がったアメリカのカンピオーネ、ジョン・プルートー・スミス氏
この人はこの人でなかなか面白いプロフィールの持ち主なので原作読んでみては?

そーいや、始まった頃はヒロインの顔の長さにガッカリしてたんだが、慣れてしまったな。2クールでも良かったかもしれん。

どう考えてもメティスぶっ殺したことの権能ボーナスもらわないと
おかしいので原作と破綻するから2部はなしじゃん?

黒メティスの声・・・
石原香織? に違和感は感じるw
悪役にはあまり合わないかもね。

最後の最後はゆいかおりのゴリ押しでしたって印象
ぶっちゃけ12話の方が盛り上がったね
オリ展開ラストするくらいなら天叢雲剣をラスボスにきちんと5巻の話やった方が良かったかと

なんでジョン・プルートー・スミスをチラ見せして羅濠教主を出さない…

おねーちゃんのほうが重要キャラだろ

>どう考えてもメティスぶっ殺したことの権能ボーナスもらわないと

カンピオーネ本人がきっちり殺してないと権能得られないって描写が原作にあるよ

>>10
メティスの力はアテナに戻ったみたいだから権能の追加はないだろう
そもそもメティス自体がアニメオリジナルのまつろわぬ神だから、その点では原作との矛盾は避けられてる
それでも2期はないと思ってるけど、SD文庫原作だし

声のせいでラスボスがえらいショボく感じたよ

まあ、花田先生だし・・・

メティスは明らかにミスキャストな気がするなぁ

メティスが「マルッ!」とか言わないかヒヤヒヤしたZE。(コラコラ!)

あと、結局イージスの盾は出なかったなぁ。

全話見てきて一番”キャッキャウフフ”だったのは8話の最初だったな。

12話のウルスラグナ登場シーンからVSウルスラグナ開始、双方全ての権能を駆使して詰め将棋的バトル、いい所で次回へ。

13話、ウルスラグナ撃破&権能入手、エリカに少年の権能を使用&現世へ帰還、怪獣天の叢雲登場、ヒロイン3人と共闘&大根抜き(笑)、エピローグ、俺たちの戦いはこれからだ!(END)

で、メティスはいらなかったと思うんだが。

そういえば、ペルセウスがメティスに喰われた意味は?

何度見ても”黄金の剣”が出るたびに”無限の剣製”と”王の財宝”が頭の中でチラついてしまう。

※20
そんなバトルオンリーのつまらん展開にされるくらいだったら
ラブコメ&キス成分多目のアニメ版のが全然マシだよ
力入れてるのがキス>ラブコメ>>(超えられない壁)>バトルだってのくらいみてりゃ解るだろうに

護堂がどんなに頑張っても予告とナレーションが全て持っていってしまうなぁ。

スクライドくらいキャラと話がしっかりしてれば印象も違うのに。アレも予告の声優さんのインパクトがデカかった。

でも、今までで一番予告がズルかったのはTV版ヘルシングだったけどな!

※23

やはり両立を求めるのは贅沢なのかな。

>>25
製作陣はストーリーを構成し始めたあたりで両立については妥協していたと思う
それでも何とかしようと頑張ってはいたと思うけど


アテナのお譲ちゃんには今後ともまつろわないでいて欲しいね。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/892

トラックバック

» カンピオーネ! 第13話 最終回 感想 from 荒野の出来事
 カンピオーネ!  第13話 最終回 『神殺しの物語』 感想  次のページへ 続きを読む

▲上に戻る