輪廻のラグランジェ2 第12話 細かい事は押しつけて爽やかにEND。

20120924_5.jpg
うむ、良い最終回だっ・・・・・た?
そんな訳で細かい事なんてむしろ無かったんだよ!みたいな「輪廻のラグランジェ season2」第12話。



さて、暴走したマグオルトルをぶん投げたらお兄様の心も変わって一件落着(早っ!)の今回ですが。
ユリカノはディセルマインと共に残留ENDも考えたけど、やっぱりハッピーエンド路線の方で行ったか。

まどか達の帰還と共に鳴り響くジャージ部の歌はあちゃー・・・・・と思いつつ、ついつい笑ってしまった。
ユリカノのデ・メトリオ三人組の再会も良かったけど、良い所でテロップが。今更だけどテロップ多過ぎ。

しかしほぼ全てモイドの自作自演でした、ってのは、実質2クールかけたオチとしてはどうなんだろう。


そしてエピローグ。
ネガティブ面はほとんどモイドが持って逝ってくれたので皆さん実に爽やかなエピローグとなりました。

ランとユリカノはそれぞれ国王の座を譲り受けて(?)、ヴィラジュリオとディセルマインはのんびり隠居。
まどかは宇宙を駆けるジャージ部に・・・・・ってそんなオチなら進路の話とか別に要らなかったんじゃ?

全てがまるっと収まった最終回でしたが、最後はもうとりあえずハッピーエンド!という感じだった(笑)。


ライト路線として見ればそんな悪く無かったけど鴨川のゴリ押しと後半の急なシリアスが効いたなあ。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

コメント(15)

まあ無難に終わりましたね、という印象。
個人的にはもう少しロボット分が多い方がよかったかな。

結局、鴨川とは何だったのか?

モイド…結局何も悪さできず消えた…orz

まあ、ゆるいギャグっぽい感じで終わるだろうというのは1期の頃から分かってたことですよね
とりあえず、某ガンダムみたいに最終回近くで死にまくりをやらなくて良かった
お兄ちゃん2人やまどか姉とかが死んで主人公たち覚醒とかやられたらどうしようかと不安でした

意外と尻すぼみなかんじの最終回だったね。
もっとハイテンションで終わり!ってかんじで終わると思ってたけど。

どこからともなく流れてくるジャージ部の歌を聴いたモイドのぼやきは笑えたw
予想外な消滅をする惨めな最後もモイドにはふさわしかろう。
あれは向こうの謎空間に逝ってしまったということなのだろうか?

最終回は後日談の部分に時間を割いた分、それなりに感動的な締め方になっていたように思う。

モイドは死んだというか、輪廻の世界に連れて行かれた感じがする
ユリカノとディセルマインが出ていったので代わりの生贄にされたぽっい
それならそれで『彼の者』に会えるかもしれないからハッピーエンドか

ショタ化したディセルマインはアステリアと同じく不老不死になっちゃうのかなー

気持ちの良い終わり方だったよ。

この作品に限ったことじゃないけど、急なシリアスのせいで冷めるんだよなぁ・・・
そらのおとしものとかもそうだけど、エロ⇒急にシリアスってのは個人的に受け付けない

まる、にしろ鴨川にしろ、狙いすぎて外してる感じが最後まで拭えなかったなあ…。

言われているほど鴨川推しが酷いとは思わなかったけどなぁ・・・
別に鴨川であることがストーリー上ネックになっていたわけでもないし、
舞台も宇宙や異次元空間が主で、むしろ鴨川の印象が薄くなっていたくらいだし。
あのNHKの番組の「オタなめんな」にみんな引きずられているような印象だな。

個人的には、もっと鴨川で3人が楽しく遊ぶイベントを織り込んで欲しかったくらい。
2クールもあったのにそういう遊びの部分が足りなかったような気がする。

まあアニメ視聴者ってシリアス展開がないと「退屈」とかいう理由で求める人も多いですから展開的には必要なんでしょう

モイドについてはもうちょいまともな決着付けろよ・・・

最後はジャージが全て持っていったな。ジャージが正装って・・・。

謎が明かされてたわけじゃないけど
大団円で終わらしたのはよかったんじゃない。
ロボ、学園、鴨川、SF、成長ものなのか
中途半端な感がないわけじゃないけど、結局友情ものなんかな。
OPEDも良曲だし、見やすい方だったよ。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/885

▲上に戻る