この中に1人、妹がいる! 第11話 貧・・・・・控えめな乳には勝てなかったよ。

20120921_1.jpg
既に近親相姦なんのそのか。
そんな訳で例え実の妹(と思ってる自称妹)でも妄想対象となる「この中に1人、妹がいる!」第11話。



さて、まずは謎の回想というか妄想シーンで始まりましたが、最初見た時は「???」だったぜ・・・・・。
まあ最後と繋がるシーンだった訳ですけど、これ単体で見ると頭がどうにかなりなりそうだったよ(笑)。

引き続き妹として甲斐甲斐しく将悟の世話を焼く柚璃奈ですが当の将悟の頭の中はエロ妄想という。
実の妹と信じ込んでてもそれかよ!思春期まっさかりな事を考慮しても、煩悩の塊ってレベルじゃ(ry

色々辻褄が合わない心乃枝の偽妹疑惑まで浮上しましたが、話が進むどころか戻ってる気がするな。


そして愛菜にも申し訳程度に出番が・・・・・うん、これはもうさすがに当番回なんてやってる尺は無い。
一人だけお風呂シーンも無かったし(そこか)、ヒロインと見せ掛けてただのサブキャラだったのかー。

雅の妹疑惑と柚璃奈の役者疑惑(?)に押されて、最後は巨乳勢は不遇のままで終わりそうだなあ。
最後の焦点はやっぱり本当の妹は誰か、という事になりそうですが、分かった所で肝心の恋愛面が。

このカオスな物語がどこに帰結するのかは気になるけど、メインは全裸なので最終回はそこに期待。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

コメント(9)

全員妹か誰も妹でないのいずれかだと思う。

>>1
その発想はなかった

相変わらず全員頭おかしいな(褒め言葉

>>1
なるほどタイトル自体がが叙述トリックだったとw

しかし今回の話見てると妹が判明しても近親相●上等でアプローチが続きそうな気がする

>>1
タイトル全否定ww

昔シスプリってのがあってな・・・
まあともかく会長不遇は確実だね 兄君

最終回はみんな妹じゃなかったことが判明して、
よーし、お兄ちゃん、全員と結婚するぜ!ENDになると予想。
全員花嫁衣装を着て将悟を追いかけまわすラストシーンが目に浮かぶようだw

最終回のタイトル「妹はずっと、そばにいた」が意味深。
やっぱり衣楠なのか?

なるほど、確か原作表紙は基本的にヒロイン一人ずつだから
ほぼ全員妹でも一応タイトル詐欺ではない…のか?

実は柚璃奈は男の娘で妹ではなく弟(隠し子2号)だったらDNA鑑定の結果やタイトルと辻褄が合うとか?

聞き耳たてて鼻血出してたし、オープニングとエンディングでウェディングドレス着てないし。

無理があるか・・・・・。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/877

▲上に戻る