はぐれ勇者の鬼畜美学 第11話 やっぱりファンタジーと言えばドラゴンか!

20120915_4.jpg
これもまた王道と言うべきか。
そんな訳でファンタジー的な意味でクライマックスっぽくなってきた「はぐれ勇者の鬼畜美学」第11話。



さて、前回フィルが本気を出したと思ったらいきなりドラゴンが出現・・・・・その名も邪竜・ザッハーク!
まあ何というかあれだね、「ゼロの使い魔F」でエンシェントドラゴンが出て来た時を思い出したよ(笑)。

高次生命体とかこれまでそんな設定の話あったっけ、と思いつつこういう時はノリが大事だとスルー。
全員でザッハークと融合したフィルと戦うのは、クライマックス的な雰囲気が出て割と良い感じだった。

ところで千影と葛葉も意外と健闘してたね。前にコカちゃんと戦った時には手を抜いてたんだろうか?


しかしフィルは手を抜いてましたよ、とこれもまたお約束な感じで美兎が触手プレイのエロピンチ(?)。
そこにナイスタイミングで駆けつける暁月と、何かとベタな展開ではあるんですけど別に悪くはないな。

ラスボスがフィルじゃ盛り上がりに欠けるんじゃ?という気もしてましたがドラゴン化するならまあ(笑)。
一度元の世界に帰った異世界人は~みたいな話は高次生命体設定のお陰で何でもありじゃないの。

目を瞑ってる間に敵が違う方を向いてましたってのは些か間抜けな気もするけど、さあどうする暁月。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

コメント(11)

>目を瞑ってる間に敵が違う方を向いてました

俺もちょwwwとか思ったわ
変身してる時には攻撃しないとかそういう類のお約束なんじゃないのか

バトル中、会長がドラゴンを氷漬けにするんじゃないかとヒヤヒヤしながら見てたよ。

確かに、暁月が目を瞑っている隙を突いたドラゴン・フェイント攻撃に、
「しまったぁぁぁぁ!!!!」の引きで吹いたなwww

美兎のピンチに暁月がバイクで駆けつけるお約束展開でも、
スローモーションで「信じてた・・・」、「ああ・・・」のムード演出になぜか笑ってしまったw

最後吹いたわwwwwwww

しかし、このアニメ普通じゃないことするから見応えあるwww

心理描写とかカットしまくりで
戦闘シーンもイマイチだったな

もうちょっと面白くなると思ってたんだけど
エロ以外印象に残らない作品になりそうで残念

たしかにドラゴン化したんだったらラスボスも仕方がない。

原作で思い浮かべてたシーンと比べて迫力も無く感動もなくガッカリ、やはりアレイザード編にならないと面白くない

「ザッハーク」なのにヘビじゃないのか。
にしても、生徒会の3人って、千影や葛葉と同じ程度にしか役に立っていないようなんだが……。これまでの大物感が、完全に消えたな

>>8
大物感なんてあったか……?
完全に噛ませ犬感だったような

う~ん、普通に面白いw
僕Hが右肩下がりのどん底なのに対して
エロ+熱を両立させてますね。

まぁ、はよ鬼畜ドラゴンさんには退場してもらって
いちゃいちゃエロエロなコメディ最終回を頼みたいところ。

少し昔のRPGの中ボス戦を思い出した。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/865

▲上に戻る