ゆるゆり♪♪ 第11話 感動の真・最終回・・・・・じゃねえ!?

20120915_1.jpg
まあ、ですよねーとしか(笑)。
そんな訳で途中まではそれっぽかったけどそれはそれは何か違う気もする「ゆるゆり♪♪」第11話。



さて、今回は娯楽部の面々が部室を掃除していたら謎のタイムマシンらしきものを見つけた所から。
それであかりが過去にタイムスリップしてしまい、影が薄くなった過去を挽回すべく奮闘するという話。

まあ今ではネタとして使われてるだけで、特に2期において影が薄いとはとても思えない訳だが(笑)。
どちらかというと扱い的には綾乃辺りの方が酷いような・・・・・夏コミのあの切なさを自分は忘れない。

あかねはパンツ被ってなければ、まだ普通(?)のシスコンに見れるな。うん、パンツ被ってなければ。


そしてあかねに歴史が変わればこれまでの思い出も~と、ある種お約束の言葉を掛けられるあかり。
最後まで自分の影の薄さを何とかしようとしたあかりも結局は思い出を大事にする事を選んだようで。

そんな感動モードにしようとしている時点は察しはついてましたけど、しかし酷いオチだったな!(笑)
創作オチって身も蓋も無いってレベルじゃないぞ!まあガチでこんな話されても困ると言えば困るが。

今回最終回っぽくして次回は番外編みたくはっちゃけるのかと思ったけどそういう訳でもないみたい?

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

コメント(6)

爆発オチを超える酷い話だったわ

京子が泣き出す場面で俺ももらい泣きしそうになった・・・
と思ったら、最後のオチでずっこけたわw

あのオチは賛否両論ありそうだけど、俺は良かったと思う
オリジナルでSF展開とかやると世界観崩壊とか言われそうだし、京子がああいうシナリオを書くってことは京子もあかりのことを大切に思ってるんだろうって伺えるしね

個人的には1期2期通じて最高傑作と思えるくらい好きな回だったわ

一期の最終回一話前の頭打った京子の話に対して、
今回もベタな感動的な話にしたかったって事だろうな
オチはともかく

あかねさん、今回は普通にいいお姉さんなのだが・・
初登場のインパクトが強すぎてまともに見えない。

京子の創作オチは前にもあったが
今回は散々盛り上げといてのオチだったから落差が酷いな。

確かにあんなオチつけなければ普通にいい話だったのに

なんかいろいろもったいない
話の内容が本当に京子の知ってることだけで構成されてたら納得もできたんだけどな

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/864

トラックバック

» ゆるゆり♪♪  第11話 感想 from 荒野の出来事
 ゆるゆり♪♪  第11話 『時をかけるあかり』 感想  次のページへ 続きを読む

▲上に戻る