輪廻のラグランジェ2 第10話 突発的顔芸大会・・・・・どうしてこうなった!

20120910_5.jpg
久しぶりにひぐらし思い出したわ。
そんな訳で気付いたら変な方向に向けてぶっ飛んでいった「輪廻のラグランジェ season2」第10話。



さて、前回の戦闘は地球にあるウォクスを巡って・・・・・と思いきや、そういう訳ではありませんでした。
何とレ・ガリテはポリヘドロン全域で戦闘始めていたのでしたと。いやこれ命令に従う部下も部下だな。

そんなディセルマインの暴挙に対し、いつかの誓いは即返上してまどか達は再びウォクスに乗り空へ。
1期のアウラ凍結の時もそうですがこのアニメは約束なんて信じちゃいけないよとでも伝えたいのか。

ディセルマインはポリヘドロンのためとか言ってるので、一応まだ正気なのかと思ってましたが・・・・・。


うん、完全にイっちゃってました(笑)。心が淀みまくってたせいか暗黒面全開になってしまったお兄様。
ここまで来るとさすがに哀れに思えてくるな・・・・扱いが。このままだと良い所まるで無しで終わりそう。

マグオルトルは「ヒロイック・エイジ」のケルビウス思い出したけど、そういえば監督同じ人だったなー。
これで巨大化したりなんかしたらまんまっぽい。というか強引にそっち方向に軌道修正した感も・・・・・。

ちゃんと解説してくれないとよく分からないまま終わりそうだけど解説したら尺無くなりそうだし微妙だ。


ガチバトルは確かに見たかったんですが・・・・・うーむ。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

コメント(7)

ヒロイックエイジとはまた懐かしいものを。
でも、乗っているのが変顔のお兄様だからそのまま沈めていいとや思ってしまう。

そーいえばあれにも三の線なお兄様がいたな。

王様がこんなにチョロくて良いのだろうか?

それともモイドの口車が上手過ぎるのか?

過程を省きすぎて何がなんだか・・・・・・。

今週のAGEの記事の一番上より酷い顔だなw

コンプレックスを刺激した?
それとも負の感情のみを増幅して狂わせた?
どっちにしてももうお兄様はダメダメですね
あれだけ怪しいモイドをあっさり近づけただけでなくその目論見に簡単に嵌っちゃうんだから擁護しようが無い
まあ作品の性質上死にはしないでしょうが退位は確実でしょうね
そんな先が分り易いお兄様よりもモイドに誰が鉄槌下すのかの方が気になります

ここ最近の和平展開は一体?
悪いのは全部モイドってとこに持っていくための流れか。

前回、涙の別れをしたキレイとアレイはお早いお帰りでw

まるで旧劇

>>5
キリウスとアレイの間違いでした
すまないキリウス

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/856

▲上に戻る