カンピオーネ! 第10話 チュッチュッチュッチュッチュッ・・・・・っておい!

20120909_1.jpg
君らちょっとキスし過ぎですがな。
そんな訳で例え口ではどう言おうとキス必須設定は役得にしか見えない「カンピオーネ!」第10話。



さて、前回ペルセウス打倒の鍵を掴んだのでさあとっととキス、と思いきやまだ渋るリリアナでしたが。
そんなリリアナを見て護堂は一人でペルセウスと戦いに向かいますが、それが更にリリアナのツボに。

「俺しか神と戦えない」と言っても相手も護堂が神殺しだから戦いに来てるようなものではあるが(笑)。
まあともかく、そんな護堂にリリアナは完落ち。自分からキスをねだるレベルまで一気に到達しました。

それにしてもこれまでで一番濃厚、というか何回キスしてるのこの二人。どこかのハリウッド映画か!


ヴォバン侯爵の時みたくわざわざ見せつけるような事はしなかったが・・・・相手も待っててくれたしね。
黄金の剣はビジュアル的には格好良いのにアクション部分よりも薀蓄メインみたいなのが残念な所。

ペルセウスの権能を破る事に成功した護堂ですが今度はリリアナがNT(ryじゃなくて操られてピンチ。
その権能(?)を奪ったら薄い本が厚くなるネタで溢れそうだな(笑)。誰にも盗られなくて良かったね!

最後は愛の力で呪縛を打ち破り・・・・・って事になりましたが、今更だけどリリアナさんチョロ過ぎです。


そしてその戦いの後はアテナからのご褒美のキス(治癒)。これまた一度では終わらない役得でした。
見た目からは分からなかったけど、やっぱりディープだったのだろうか。リリアナはどうだったんだろう。

一方、何とか生きていたペルセウスは再戦に赴こうとするも、アテナらしき影に喰われてお亡くなりに。
最初は普通にアテナだと思ったんですが、何か別っぽい?しかし結局ドニは戦わずじまいだったなあ。

ぼちぼちハーレムは完成間近ですが次回から登場するらしい新キャラは尺的に間に合うのか・・・・・?

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

コメント(10)

原作じゃ死に掛けペルセウスはドニが止め刺したんですけどね

師匠はまだ出んのか

とにかく、リリアナさんが可愛すぎた回だった!
そしてハァハァしている息遣いがエロいw

フェイントで二回キスするアテナとそれを見てポロポロ涙を流すリリアナさんの表情も良かったです。

強力な脚力と耐久力、発動条件の割にラクダの能力がちょい微妙w
それにしてもリリアナさんチョロカワイイ

カレンのアップを見ると、アニメの名探偵ホームズを思い出す。

自分が歳をとったせいか、この位の話数(3~4話程度)で終わるとほっとする。5話以上続くと、”次回が楽しみ”というより”早く終われ”っていうのが大きくなる。

>ぼちぼちハーレムは完成間近ですが次回から登場するらしい新キャラは尺的に間に合うのか・・・・・?

前から登場していたならともかく完全に新キャラだから自分もそう思う。

電気グルーヴの某曲が聞こえてきそうだ。

夢でキs・・・・。

>原作じゃ死に掛けペルセウスはドニが止め刺したんですけどね

それって原作と矛盾が出るんじゃ・・・。

ドニが止めを刺す→ドニがペルセウスの権能を入手

ドニが止めを刺さない→ドニが権能を入手しない

>管理人&※7
そこいらへんは大丈夫
原作でも最後の一人は「始まる前にほぼ終わってた」娘だから
なんなら公式サイトの粗筋見てみたら? もう次回の出てたよ

>※9
基本的に権能が増えるかどうかはパンドラの判断一つにかかっている、という設定があってだね
止めだけかっさらった程度では増えないのは確定しておるのだよ、原作のこのシーン(ドニがペルセウスに止めを刺したが権能は増えず)で
それをいちいち描くと面倒だからオリ展開のネタにした、というところだろうな

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/852

トラックバック

» カンピオーネ! 第10話 感想 from 荒野の出来事
 カンピオーネ!  第10話 『荒ぶる魔王、太陽の勇者』 感想  次のページへ 続きを読む

▲上に戻る