氷菓 第20話 新年開きまして・・・・・とりあえず爆発してください。

20120906_1.jpg
なんかもう・・・・・なんかもうね。
そんな訳で奉太郎のリア充度上昇と、えるの可愛さの猛威が留まる事を知らない「氷菓」第20話。



さて、奉太郎とえるの平凡ないちゃいちゃを淡々と描いてたら、いつの間にやら正月を迎えてました。
極めて一般的な正月(?)を過ごす奉太郎でしたがそこにえるからの電話が、という所から始まる話。

何かもう電話口の声から既に可愛かったですけど実際にえるが着物姿でやってくると何これ可愛い!
これは奉太郎が見惚れるのも無理ないわ・・・・見た目も然ることながら、ちょこちょことした仕草がね。

しかしえるだけじゃなく、摩耶花や十文字さんも可愛かったな。京アニ補正とはいえ美人が多過ぎだ。


今回は奉太郎とえるが納屋に閉じ込められる事件というかイベントが起こりましたが、むしろご褒美?
奉太郎を連れてる時点で手遅れな気もするけど体面を気にするえるは中々珍しいような気もするな。

落し物作戦は納屋にいるのがばれる可能性も考えると、リスク的には大して変わらない気もしますが。
八方塞りの件は期せずして「織田信奈の野望」と被りそうだな(笑)。狙ってた訳じゃないんだろうけど。

最後は里志が気付きめでたしめでたしでしたが、今後こういう話ばかりなのだろうか・・・・・おのれー。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(12)

人、それを幸福と言う。

他の時や場所ならいいのか!
ってみんな突っ込んだよね?

来週はちゃんとほろ苦い話だから大丈夫

ここ三話近くえるたそが可愛すぎてヤバイ

もう、えるたそを愛でるアニメになってますねこのアニメ

ここまで来ると二人は付き合ってるだろ・・・と思う俺

なんやこれ!
青春のほろ苦さがテーマちゃったんか!

壁を殴りたい衝動と床をゴロゴロ転げまわりたい衝動に駆られる

えるは和服が似合うな。
アニメキャラだとコスプレの一種にしか見えないことが多いのだが。
つまりは、えるがかわいいということです。確定です。

〉〉7
もう、ほろ苦さなど微塵も感じないな。
ガムシロップに角砂糖を溶かしたくらい甘々だな。

>八方塞りの件は期せずして「織田信奈の野望」と被りそうだな(笑)

あー金ヶ崎か
織田信奈の方も出してくるね

えるの可愛さは最高やで。

ただ奉太郎のファッションはないわw
白のトレンチコートってw
省エネ主義なのにファッションだけは全力なの?

普通かちょいダサくらいで丁度いいと思うんだけどな。

文化祭終了後は、正直「軸」が感じられませんね。
まあ、このまま最期まで「える可愛い」でも
それはそれで、構いませんが。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/845

トラックバック

» 氷菓 -HYOUKA- 第20話 感想 from 荒野の出来事
 氷菓 -HYOUKA-  第20話 『あきましておめでとう』 感想  次のページへ 続きを読む

» 氷菓 第20話「あきましておめでとう」 from 破滅の闇日記
未完成ストライド(2012/08/08)こだまさおり商品詳細を見る  奉太郎はエルに誘われて、荒楠神社にまで初詣に行きました。制服や私服姿とは違い、エル... 続きを読む

▲上に戻る