輪廻のラグランジェ2 第7話 あれ、今回最終回・・・・・ではないよな。

20120820_5.jpg
もうシリアスなのは一人だけに?
そんな訳でこれから一体何をするのか、期待半分不安半分の「輪廻のラグランジェ season2」第7話。



さて、前回のアレでさすがに解決しないよな・・・・・と思ったら当面の問題は解決してしまった話から。
ディセルマインは割とメンタル弱かったのね。第5話の悪顔ラッシュは何だったのかという感じですが。

まあポリヘドロン問題が今から千年後の話みたいなので、このオチもありかなあ、という気もしてきた。
てっきり提唱されて千年経った今の危機と思ってたよ。それなら確かにディセルマインが先走り過ぎ。

で、お兄様達は改心して妹達も元の鞘に戻ってめでたしめでたし・・・・・ってあれまとまっちゃったぞ。


これから一体何をするんだ・・・・・?と思ったけど2期始まって初っ端であった進路の話になるのかな。
二度とウォクスを兵器として使わないという誓いもありましたが、ロボアニメなんだしまあ無理だよね!

シリアス方向では(分かってはいましたが)女王メイクンと判明したアステリアの過去が軸になるのか。
後はユリカノが輪廻の先にいなければならない理由とかかな。モイド辺りが何かやらかしそうな気も?

研究を止めてウォクスを凍結か破壊すればとりあえず平和な気はするけど、それは無いだろうしなあ。


次回はOVA宣伝回・・・・・?

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

コメント(6)

ウォクスや輪廻、アステリアの謎が無ければ最終回エピローグでもおかしくはない話だったなー

モイドは外伝漫画に出てきた組織のスパイな感じがする
ディセルマイン兄様を扇動した可能性もありそう

何かモイドがラスボスか。ラスボス誕生させるきっかけを作るキャラになりそうな予感。

何か「良い最終回」っぽい展開ですが、ここからラストに向けての破局が始まるのでしょう。

モイドの他幼女会長も言動が怪しいですね。地球というか鴨川も危機に陥れるなら、彼女が何かやらかしても良い感じなのでは。

意外に双方丸く収まって早々に話がまとまった感じ。
このまま終わらないだろうから、ストーリー的にはここからアステリアとユリカノ絡みでもう一波乱あるのだろうか。

そういやフォクスは何千年前に造られたものなのにどうしてあんなにメカニカルなデザインなんだ?

 この辺のことは『伝説巨人イデ○ン』のイデ○ンのデザインのようにつっこんではいけないのか?

元から黒さを隠していないモイドがそのまま何も変化せず残った時点で、まあこの後の展開は予想できますけどね
むしろ両お兄様は利用されてただけかと

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/813

▲上に戻る