トータル・イクリプス 第7話 人類滅亡の危機でもスク水は健在でした。

20120814_1.jpg
何か普通のラブコメっぽいノリね。
そんな訳で第1話からはとてもスク水万歳アニメとは想像できなかった「トータル・イクリプス」第7話。



さて、という事で引き続き水着回、ボートが流されて計画通り!と言わんばかりの遭難展開でしたが。
相変わらずクリスカのおっぱいは主張が激しいな・・・・・動じないユウヤは鉄の精神の持ち主なのか。

クリスカの「興味がある」はやっぱりイーニァ絡みでしたが、それについては特に進展する訳でもなく。
むしろ唯依のジェラシーを誘発させるためのものでした。というか前回の今回でチョロ過ぎるぜ中尉!

しかしユウヤにつれない態度を取りつつ、クリスカのおっぱいに対抗して尻アピールとはさすがだ(違


唯依にフラグが立つのはほぼ確定としてスカーレット・ツインはクリスカの方にフラグが立つのかな?
イーニャは物語のキーとかにはなりそうな雰囲気はあるけど、恋愛云々とはちょっと繋がらなさそう。

そして懲罰(?)という名のご褒美水着タイムですが、ビキニと競泳水着で十分エロかったからなあ。
まあ、これはギャップ萌えというやつか。人類滅亡の危機でもスク水が廃れていない事に感動した!

このノリから一転して次回シリアス突入みたいですが、このラブコメにさすがのBETAさんもキレたか。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(13)

水着回がいちばんおもしろいってどういうことだよ

栗林みなみが、歌ってるのになんで、影山ヒロノブ達に歌わせないんだ。

いつものエロスーツ>>競泳水着>>最後の黄色ビキニ()

どうしてこうもエロに差がついた…

結局このアニメは何がしたいんだ?ロボバトルもエロも中途半端に終わりそうなイメージしか無いんだが…。

最後の唯依はポーズがイマイチ
あのお堅い中尉があんな扇情的なポーズを!ってギャラリーが沸くのがある意味見所だったのに

エロスーツの透明度をちょっとあげるだけで水着回なんかまったく必要なくなり、ストーリーに集中出来るのに。

ようやく実戦試験か~
残り全部使ってやってくれれば話わからなくなるくらいの過剰なカットは避けられそうだが

よっしゃああああああああああッッッ!!

画像大きくなったあああああと思ったら半分だけ・・・・・・( ゚д゚ )

2クールあるから実戦試験終わった後もイチャイチャというかラブコメっぽいのはありますですよ~

2クール?マジで?
原作そんなに分量無いだろ
こないだ出た5巻が実戦試験終わった後の新展開開始巻なのに

クリスカのわがままボディ、唯依の尻がとにかくエロいw
あんな状況で理性を保つユウヤ・ブリッジスは鉄の心の持ち主だな

ロボット物はロボットが出ないと面白いってどういうことなの?

シュヴァルツェスマーケンその他までやらないと2クールに届かんだろ

と言うか、江戸時代の武家制度と戦中体制がある程度残っているらしい日本に、スク水文化?が育つのか、という根源的且つ哲学的?疑問が…

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/800

トラックバック

» トータル・イクリプス 第7話「漂泊の行方」 from 『空 と 夏 の 間 ... 』 - ver:LD -
トータル・イクリプス 第7話「漂泊の行方」 感想  続きは ⇒  http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entr... 続きを読む

▲上に戻る