TARI TARI 第5話 遂に主人公(多分)である和奏にスポットが・・・・・。

20120801_1.jpg
いきなりしんみりさせてくれるな!
そんな訳でようやく本来の主人公(?)の和奏にスポットが当たってきたような「TARI TARI」第5話。



さて、まず思わせぶりなウィーンの回想からですが、これまでの傾向から当番回は次の次ぐらいか?
今回の前半はどちらかというと大智の話になりましたけど残念ながらバドミントン大会はベスト8敗退。

何か大智と紗羽とフラグ立ててそうな雰囲気ではありますが、このアニメで恋愛描写ってあるのかね。
紗羽は大智に騎手になるという夢を語ってましたけどそのおっぱいが重過ぎて厳しいんじゃあ・・・・・。

そんなこんなで仲を深める合唱時々バドミントン部ですが和奏だけは距離取って何やら思い悩み中。


そしてようやく和奏の事情が語られる訳ですが、やはりキーになるのは亡くなった母親との話でした。
受験の時に母親に冷たく当たってしまい、そのまま亡くなってしまったため後悔してるという事らしい。

割とありがちと言えばありがちな話ではあるんですが、取り返しのつかない事という意味では重いね。
個人的に感動話ってのは苦手なんですけど、こんな感じのいたたまれない話は胸に来るんだよなあ。

母親との思い出を処分に掛かってる和奏ですが、どうやって再び歌わせるのかが最終的なテーマか。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

コメント(8)

母親役の大原さんが反則だ
しかし大原さん亡くなる役多いな

で?ホラー展開は?

来夏が「ついでに緑茶買ってきてー」って言った後の紗羽の顔に「ゾクッ」って来た。
えっ?私、Mじゃないデスヨ?

和奏は母の遺品(音楽関係)を処分して後悔してたみたいだけど、次回はそれを取り戻してまた音楽始める展開になるのかな?
あと、豚ネコさんは何処へ?

あの高校ってそんなにカリカリするほどレベル高いのか?
って思ったけど、音楽科だもんね~

大智と紗羽は水着回にビキニおっぱいを意識している描写があったので
あれが最初の恋愛フラグになっているのではなかろうか。
機嫌の悪い紗羽の「あぁ?」とか来夏との応援ダンスとかが可愛かった。

和奏の母親の思い出はもう本人に直接謝ることができない点で辛いね。
きっと立ち直るキッカケには教頭と生前の母親の思い出が関わってくるのではないかな。

「冷たくした事」とお母さんの病気が直接関係ないのがまた一段とキツイな。
今回で問題解決のハードルが上がった感があるけど、もしきっちり解決できるなら思った以上に良作になれそうなんで期待。

ダンス動きすぎワロタ
でこれ合唱アニメだよね?

2週間前に母亡くしてるから少しキツかったわ。
ここまでは冷たく当たってないが状況が少し被ってる。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/777

トラックバック

» TARI TARI 第5話「捨てたり 捨てられなかったり」 from 空 と 夏 の 間 ...
ウィーンがアバン担当でしたが、日本のヒーローとかも好きなのねw そんなウィーンなので来夏との小芝居もノリノリでした~♪ そして出てきた、田中の... 続きを読む

» TARI TARI 第05話 感想 from 荒野の出来事
 TARI TARI   第05話 『捨てたり 捨てられなかったり』 感想  次のページへ 続きを読む

▲上に戻る