咲-Saki- 第99局 いや、あまりにも予想外の展開になってたので・・・・・。

20120707_1.jpg
読んでるこっちの方が「えっ」だよ!
そんな訳で連載中の本編がちょっと、というかかなり予想外の展開になってたので「咲-Saki-」の話。



さて、という事で2回戦の第3試合がようやく終了、勝ち残ったのは清澄と・・・・・まさかの姫松でした。
第10巻の感想を見れば、自分が姫松が勝ち進むと全く思ってなかった事が分かると思います、はい。

何だかんだで清澄と永水が勝ち進むと信じて疑ってなかったわ。まさか永水をここで敗退させるとは。
神代は一体何だったんだ・・・・・掘り下げられてもいないしもし個人戦やるとしてもこの扱いは酷いぞ。

本当にぶっちゃけて言ってしまうと三校の中で一番勝ち進んでも面白くなさそうな所が勝ち進んだ感。


まあそのための末原先輩改造計画なんだろうが・・・・うーむ、末原先輩じゃないけど釈然としないな。
末原先輩も良いキャラなんですけどネタとして、というか完全に咲に弄ばれてる道化状態だからねえ。

咲に一矢報いる事が出来れば良いんですが咲のキャラも何かよく分からなくなってきてるからな(笑)。
点数操作で姫松を上がらせたのはともかくここでプラマイゼロに何の意味が。照への実力アピール?

次の連載で記念すべき第100局目となる訳ですが、咲は一体どこに向かおうとしているのか・・・・・。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

コメント(34)

>照への実力アピール?
妹の存在を否定する照姉が咲の試合を見るとは思えないぜー
たぶんプラマイゼロを混ぜてでしか点数調整を出来ないのかと

姫松が生き残ったのは愛宕姉妹の母親が監督を務める千里山と対決させたいのではなかろうか
阿知賀はのどかとの再会という目的を果たしてしまった以上、いつ負けてもおかしくない状態で、すばら!先輩の新道寺も無理ぽっい感じ

プラマイ0にするために
相手に点を取らせるとか

咲さんマジ怖い

プラマイゼロにしたのは3校の中で一番弱い姫松を上がらせて決勝行きを確実のものにする為でしょう
永水に上がってこられると咲ではなく他のメンバーがきついし

姫松の勝ち残る伏線って上重の1,2回戦不発ぐらいしかなかったのになんてこった
末原先輩の受難は続く・・・赤阪さんのささやき、マジメフィストフェレス

予想外ですよね・・
準決勝で姫松がどんな役割で出てくるか楽しみな展開になったとも思いますが

プラマイゼロと姫松を勝ち進めさせることは無関係だろ
というかこんな舐めプレイが通用する相手ならどこ勝たせても結局一緒

咲読んでると最近「シュート!」を思い浮かべる

番外編とか世界戦匂わせつつ打ち切り的に終わりそうなところとか

>>7
トキ、麻雀好きか?

アニメでのかつ丼さんのセリフ

宮永 照
神代 
天江 衣

最初からこの程度の扱いだったんじゃ…
まさか名前が無いってことはないだろうし

トヨネちゃんの可愛さが青天井

咲が最早畏怖の象徴でしかなくなってきてるな・・・±0とかいい加減やめとけとw

舐めプとかいってるやつらはちゃんと咲-Saki-読んでるのか?

でも永水ファンはさぞかし無念だろう・・・回想ほぼないし

>>12
読んでるけど舐めプを否定する要素がないんだが
じゃあ咲がプラマイゼロでなければならなかった理由を挙げてくれ

正直咲さんがボコボコにされる展開が見たくなってきてるわ……

咲のプラマイゼロが能力と信じて疑わない人いるみたいだが、本編ではそんな描写は一巻から一度も出てないからまずは少しオチツケ
現時点では3校が咲の練習相手にされたとも本気でやってこれだったともどっちとも言えないから

本人の理由がどうあれ±0やられた方がどう思うかは決まってるだろ
どう転んでも周囲からは舐められたとしか思われない

姫松が残るとかどう考えても場違いやんw
パンピーしかいない学校にこの先何ができるのかとw

主人公じゃなくてラスボスな描写になってきた咲さん

強いチームが勝つんじゃない
勝つチームは咲が決めるんだよ

まさに魔王・・・

>>16
蹂躙されて泣き顔苦悩顔連発
そういうののフェチな人をwktkさせる

咲の事だしプラマイゼロだったのは「(慣れている分点数調整が)やりやすかったから」とかじゃない?

主人公補正抜きで見るとサイドAもそんな感じだよね
なんで阿知賀なんて無名校が勝ちあがってるんだよ
劔谷に勝ち上がって欲しかった

咲が負けておしっこ漏らす展開はよ

>>1
夢見すぎ
千里山の役割はもう終了してるので敗退確実だろ
残しても園城寺怜は入院したからもう出られないんだぜ

まあ、試合展開や選手の勝負への姿勢を見る限りだと姫松勝利はそこまでおかしくはないんですよね。漫画的にどうかは置いといて。
永水はなんだかんだで必勝パターンを崩されたし、宮守は稼ぎ頭のエイスリンが清澄の選手に抑えられたうえに中堅はズタボロ。
そんな状況でも負けそうになってたからこそ末原さんは姫松の大戦犯と呼ばれていたわけですが……。あんだけ頑張って対策していた末原さんが勝って嬉しい半面、道化にされたことが悲しくもあります。咲さんについては次回まで保留にしたいです。

何も考えずに描いてるようにしか見えんがな

最初の頃の和の気持ちがわかるわ
あんな舐めプするならもう麻雀部やめろよ

プラマイゼロこそ咲の原点!
一番の得意技なんじゃね?w

この程度の相手じゃ調整にもならないんだろう

末原場違い過ぎて誰にも相手にされず→凡人の意地で頑張って勝った!!!!→実は咲の点数操作でわざと勝たせてもらっただけの道化だった事に気付く

作者どんだけ末原イジメるねんw

怪物勢ぞろいの中必死に頑張って勝てて喜んでたらそれはただ調整で勝たせてもらえただけでした
ご祝儀や接待と同じレベルでした

普通なら心折れるなこれは

姫松の方が楽とか、そういうこと考えてなさそうなんだよな
咲は普通に打ったらプラマイゼロだから、それで一位通過出来るならそれでいいみたいな
一般人とは感覚が違うんじゃないだろうか

抽選会場での姫松の騒がれっぷりは一体何だったのかというくらい姫松がこの4校で最弱な描かれ方...
正直この2回戦は姫松には強豪らしく余裕でトップ通過するくらい強く描かれてほしかったです。
この世界では強豪でマンモス部より無名で部員が5人ギリギリの方が強い法則でもあるのか、とも思えます。

この世界異能者じゃなきゃやってけないんでw
ノーマルしかいない姫松じゃそりゃ厳しいよ
むしろ作者が末原をこの先よりイジメるために残したんじゃね?って邪推してしまうくらい姫松弱い

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/726

▲上に戻る