氷菓 第8話 可愛い子が多くて羨ま・・・・・いや、それより推理展開だ!

20120612_1.jpg
やはりお嬢様がレベルがお高い。
そんな訳で半分やらせというかお芝居ではありますが、普通の推理ものっぽくなった「氷菓」第8話。



さて、まずは何者かのメールでのやり取りとチャットから・・・・・って一人は既にバレバレでしたが(笑)。
あっさり次の話に進みましたが、もしかすると温泉回の続きがあるかも?とか期待してたのは内緒だ。

今回の話はえるの知り合いの先輩かつお嬢様・入須冬実が、古典部にある依頼を持ち掛けてくる話。
それは脚本担当が途中で倒れてしまった自主制作ミステリーの犯人を当てて欲しいというものでした。

うむ、お芝居とはいえ、ちゃんと事件っぽい!これはさすがに推理展開になりそうだ・・・・・よね。多分。


例によってやる気がない奉太郎でしたが、えるの押しの強さと決め台詞で渋々ながら協力する事に。
相変わらず奉太郎の性格はあんまり好きになれませんけど、えるが良いバランスを取ってくれてるな。

で、事件か・・・・・あのシーンまででも推理は出来るようですが正直証拠が無さ過ぎて何とも言えない。
自分が気付いてないだけなのか探偵役の話を聞かないと分からないのか・・・・・まあ次回次第だろう。

どうでも良いけど最後に出て来た探偵役の娘が露骨に可愛かったな。この可愛さはさすが京アニか。


しかし何か予告見て解決編が楽しみになって来たぞ。ダウナー系(?)の娘のギャップに噴いた(笑)。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(15)

授業でビデオ撮影やったことあるから軽く黒歴史えぐられた気分だわw

映画の所はハルヒ1話思い出して懐かしくなったな

入須先輩に踏まれたいと思った。
そう思ったのは俺だけじゃないはず。
きっと、そうだよね?
うん、そうなんだ。

先輩が色っぽかった

倒れた脚本担当に直接聞けばいいのに
死んでたり意識不明なら仕方ないけど

タロットカードで例えられるとどうしてもスタンドでイメージしてしまう
ストレングスのスタンドが思い出せずもやっとした・・・

OP前は入須冬実視点で、メール相手は脚本の本郷マユかな。
で、チャットのHN「あ・た・し♪」は入須冬実より先輩でチャットのくだけた感じや入須冬実の「心当たりありませんか?」という問いに、ある人物を指して「頼りにならない」「踊ってくれる」って言ってる辺り奉太郎のねーちゃんだと思う。入須冬実が氷菓の件を知ってたのもそこからかな。

ただ、えるが摩耶花にチャットの事を話しているときに「生徒だけ入れる」と言っていたのが気になるな。
認証に学籍番号使ってたりすると卒業生は入れなくなったりするものだけど、認証がザルなのかそれともただ単に神山高校がオープンなだけなのかな?

なんか楽しくなってきたのはわかるけど
やっぱり、奉太郎の性格や春原の性格にちょっとイラっとする
多分、あれかね?今回は最初書いていたけどいきつまり、
古典部の噂聞いて(多分奉太郎姉から?)答えのない推理小説に
答えを探し出してほしいって展開かな?

あと、入須先輩CCにしか聞こえないまあこ好みなんでいいけど
あとと棒読み陣豪豪華すぎwww
普通に新人の声優使った方が安いだろうにすげえな京アニww

映画の中の棒演技の声優が豪華すぎだろw
1人だけいつも通りの人がいたけど…

入須先輩に葵さんばりに蔑んだ目で見られたい。

*8
>1人だけいつも通りの人がいたけど…
長門じゃねとか言っちゃ駄目だ

>棒読み陣豪豪華すぎ

映画の中以外は棒じゃないからだろ

棒の演技がすごすぎる。声優ってスゲー!

>映画の中以外は棒じゃないからだろ

映画の中しか登場シーンがないからじゃない?

あれこれ推理したけれど限界だ orz
さて、どうなる次回?

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/694

トラックバック

» 氷菓 第8話「試写会に行こう!」 from 空 と 夏 の 間 ...
皆さん、試写会に行きましょう!  えるちゃんが またも事件のタネを持ってきましたw 2年F組が文化祭用に撮ってた映画を見せられます。   ... 続きを読む

» 氷菓 第8話「試写会に行こう!」感想 from 空色きゃんでぃ
「この事件の犯人は、誰だと思う?」 未完成の映画の謎を解け! 今度の話はミステリーっぽい((o(*゚▽゚*)o)) 千反田 える(佐藤聡美)... 続きを読む

» 氷菓 -HYOUKA- 第08話 感想 from 荒野の出来事
 氷菓 -HYOUKA-  第08話 『試写会に行こう!』 感想  次のページへ 続きを読む

▲上に戻る