氷菓 第4話 天才と怠け者(省エネ主義?)は何とやら、か。

20120515_5.jpg
でもこれで終わりではない、よね?
そんな訳で解決したように見せ掛けて実はもっと大きな陰謀(?)が、という展開希望の「氷菓」第4話。



さて、前回は一人だけやたらシリアスモードだったえるでしたが、どうやら今回は落ち着いてる模様。
奉太郎の言葉に最初はえるも逡巡したようですが、結局古典部全員で45年前の謎(?)に迫る事に。

えるが風邪っぽいのは今後の伏線かとも思ってたけど、本当にただのタバコ事件用だったのか(笑)。
そういう訳ですぐえるは元気になり、古典部全員でえるの家に集まって各々の推理を披露する事に。

まあ実際、皆で集まってこういう事してる時が一番楽しいよね。アニメ的に良いかは分からないけど。


そして面倒だったからか何も考えて来なかった奉太郎が、皆が集めた資料や推理をまとめて結論を。
何か奉太郎は個人的にイマイチ印象が良くないんだが・・・・・まあ、これは人の好みによるんだろうな。

ともあれ、45年前に起きた事件は文化祭を巡っての教師と生徒との争いという事で落ち着いた模様。
一応えるもそれなりに納得の行く結論だったようですけど、まさか本当にそんなオチではない、よね?

えるが泣いた理由も分からないし、そんな当たり障りの無い話で終わって欲しくないが・・・・果たして。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(25)

いや、管理人の反応が割と普通なんでない?

何も考えてこなかったっていうくだりは自分もちょっとイラッとしたよ

まあ、確かにあそこの場面で何も考えてないのはおかしいと思った
次回予告から察するに次回本当の意味でおじさんの件がわかるんでは
ないかと・・・。

最後の「だったら私はどうして泣いたのでしょうかしょうか・・・」ってセリフから察するに
奉太郎の論は筋が通ってるがえるが納得するものではなかったってことで

あと1話か2話くらい使って何かありそう・・・

いや何も考えてなかったのは
奉太郎だけじゃなく里志もなんだが

正解ではあるけど真実ではないって感じかな?
ミステリーものなんだけど
文章だと複線が張ってあるのが探しやすいんだろうけど
アニメだとそこらへんが伝わりにくいねやっぱり

意外と原作読んでない人多いのな;?
こっから面白くなるよb
「氷菓」の意味もしっかり伏線捉えてるし…

こういう集まりってどこまで頑張ればいいか分からなくて

友達の進行具合を見て「やっべw俺なにもやってねぇw」ってなるのはたまにあると思うんだがな…

正直男二人にあまり魅力が・・・

単なる姿勢の問題だろう。
皆で何かしようって時に「面倒くせえな」とか思ってる奴に好感が沸くわけない。
えるの部屋見てやる気出すシーンで見直せるかどうかが鍵なんでないかな。

放送前の期待が大きかった分の不満が主人公への不満にすりかえられてるな

文章でも結構ややこしかったし、アニメで謎解きの下り理解できた奴いんの?

お前ら勘違いしているぞ
奉太郎は面倒だから仮説を考えてこなかったんじゃない
仮説を考えてくること、宿題があったことを忘れていたんだ

奉太郎は原作では今回は資料を持ちあってみんなで話し合いすると思ってたんだよね確か。
しまった(考察をしてくることを)聞き忘れていたか、と言ったような文が書いてあったように記憶してる。

BDを売ろう感が強すぎて演出が空回りしてる気がする
原作を読んだ時はもっと淡々としてると思ったけど

「仮説考えてきた?」
「そういやそんな事いってたな」
って会話があるんだから奉太郎は忘れてただけだね。
あと、自転車漕ぎながらの里志との会話は1話での会話から考えないと解りにくいけど、奉太郎は今回やる気満々だよ。

奉太郎が動けば解決するって流れが好きじゃない

>>10
この程度の謎解き理解できない奴いないだろ
難しい部分ないし

謎解きというか状況証拠まとめただけだろ

まあ今回分かったのは大筋の流れだからもっと起きたことの詳細の部分で泣いたんじゃね

このアニメって古典部シリーズじゃなくって、本当に『氷菓』の内容しかやらんの?

正直私の様な酔っ払いのオッサンでも、60年代の高校の学生運動に纏わる謎云々と言われても、あまりピンと来ないのですが…

この後高校や千反田家を巻き込む大陰謀でも隠れているのでしょうか。

それとも原作自体が、日常の謎解き要素でエンターテイメント性を補完した青春小説の様な作品なんですかね。

>>19
はい、大体こんな感じで最後まで進みます。
ですが、原作読んでるからわかるのですがラストまで見る価値はあると思います。

>>19
あと20話も引っ張れないと思うよ

こういった場所で上記のような会話が行われてること自体がこのアニメの方向性としては成功してるといえるね

>>何も考えて来なかった奉太郎
彼はこの件に協力するに際して、「責任は持てない」としっかり前置きしていますし、仮説を立ててこなければいけない義務も責任もあったとは思えないのでとくに印象が悪くなったとかは無かったですね。

寧ろ、自分が思い出せない過去の出来事を突き止めてくれという千反田嬢の要求の方が明らかに無茶振りなので個人的にはそっちのが印象悪かったですね。

本来なら「勝手に思い出せ」で済ませて良い事を、責任は負えないとしながらも一応の協力姿勢を示しただけこの主人公はまだ紳士的と言えるかも知れません。

それに加え、仮説を立てるにしても一人で収集した材料を用いるよりも、複数人で集めた分を用いたほうが効率がいいのは明らかなので、
全員分の資料が集まるまで保留したのは正しい判断だったのではないでしょうか?(実際は忘れてただけのようですが)

この主人公は所謂「有能な怠け者」として設定された人物だと思われますので、これはこれで良かったのではないかと思いますね。

えるが泣き出したという前提があるのだから、そもそも先生と生徒が喧嘩したなんて仮説は最初からナンセンスだと思うのですが。
あと、文集場所の件にしろ今回にしろ何で顧問とかOBとかに聞こうとしないんだろう、それでも分からなかったら自分たちで調べなきゃ仕方ないが。
それと自転車、ずっと右側通行しているように見えた。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/655

トラックバック

» 氷菓 第4話「栄光ある古典部の昔日」 from 空 と 夏 の 間 ...
えるの叔父さんの過去に何が?  里志や摩耶花にも事情を話して各自で調べ。  えるの千反田家に集まり 仮説の発表へ~。  召使が出てきそうなすごい家で... 続きを読む

» 氷菓 第4話「栄光ある古典部の昔日」感想 from 空色きゃんでぃ
いざ千反田邸へ─=≡Σ((( っ゚∀゚)っ 日本家屋!広!めっちゃ豪邸! なんか惨劇が起こりそうw 新緑と空の色きれい~♪ 部屋の奥のほうに光... 続きを読む

» 氷菓 第4話 「栄光ある古典部の昔日」 感想 from wendyの旅路
古典部に纏わる過去の謎を終え― 続きを読む

» 氷菓 -HYOUKA- 第04話 感想 from 荒野の出来事
 氷菓 -HYOUKA-  第04話 『栄光ある古典部の昔日』 感想  次のページへ 続きを読む

▲上に戻る