氷菓 第3話 何だかよく分からないが緊迫感のある展開に。

20120510_5.jpg
まあ一人だけなんですけどね?
そんな訳でえるの反応だけ見ると何かもの凄い事件が起こっている気がしなくもない「氷菓」第3話。



さて、まずはえるの告白から。まあ愛の告白じゃない事は分かりきってましたが、話は頼み事でした。
行方不明になった叔父から自分が昔聞いた事を思い出させて欲しいと・・・・・うん、まあ・・・・・そうか。

大事件の話にでもなるのかとちょっと期待してただけに拍子抜けでしたが、あくまで事件も日常系か。
その話だけで前半をほとんど使ったのもどうなんだと思うけど幼女えるが可愛かったから良いかな!

どうせなら摩耶花が古典部に入部してえるをちーちゃんと呼ぶ仲になる過程の方が見たかったけど。


恒例の日常の些細な謎も本当に些細だったな・・・・・一体何の証拠隠滅なのかと思えばタバコかー。
しかし今時の高校生は校内でタバコを吸うために赤外線センサーまで設置するのか。勉強になるな!

前半の話から何でまた文集の話に戻したのかな、と思ってましたが成る程、これが繋がってくるのか。
えるがやたら緊迫感のある表情でラストの引きもそんな感じですけど実際は里志の反応が普通よね。

まあ、何とか盛り上げようとしてるのは伝わってくるかな?後は肝心の事件(?)がどうなるかですが。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(15)

えるたそ(*´Д`)ハァハァ

摩耶花は今週もちっちゃくて かわいいなぁ

あの先輩の必死さはどう見ても、オ〇ニーだよねw
女子二人の前で本当のことを言わなかったのは
ホータローの武士の情けじゃないかな

摩耶花が創刊号が欠けてるのを、すごく驚いてたけど
えるの事情を知ってるのかな?
知らずにあの驚き方ならオーバーリアクションだよね

えるたそ可愛いからみてる

これから面白くなってくれるといいんだが、まあ女の子がかわいけりゃいいや

もうなんか可愛いけどちょっとアレな少女を愛でるアニメになってるなw

演出頑張ってるけど退屈な展開だな
える可愛いしか感想ないんだが

俺妹と同じ印象を受けた。
薄味の原作を、アニメスタッフが必死に面白く、濃くしようとしてる感じ。
(原作読んだ事ないからこれから面白くなるのかもしれないけど、今の所。)
退屈なんだけど、絵が綺麗だからついつい見てしまう。
惜しい、って思いながら。

この先、こういうアニメが増えてくのかなー。

確かに事前情報通り退屈だな
これからやっと面白くなると期待したい。

(女)キャラは可愛い。演出、(背景)作画は流石の安定度。
今後明かされる千反田叔父を巡る事件の真相が、それに見合った内容か否かで、評価が分かれるのでは。
創立当初の古典部と学校とのトラブルを、叔父が犠牲になることで解決した、とかだと弱いですかね。

面白いのだが、
推理モノの為か、一度見てしまうの
仕掛けが分かってしまうので、何度も見ようとは思わないので
ブルーレイなどは、余り売れないかもしれないね。

無理に面白くしようと
推理や謎入れてる感じが作為的でダメだわ
そうなるとキャラのリアクションも寒く見える悪循環

糸魚川養子=郡山養子?

たしかに無理やり盛り上げてる感がすごい

キャラの反応がうすら寒いんだよね

センサーと扉に鍵かけてる時点でタバコでも吸ってんのかと思ったらまんまその通りだった

3話まで見てみたけど、もう見なくていいかなって。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/648

トラックバック

» 氷菓 #3「事情ある古典部の末裔」感想 from サブカルなんて言わせない!
http://twodimension.net/mtos/Trackback/648 ついに化けの皮が剥がれた えるの望みとは!昔おじさんから聞いた... 続きを読む

» 氷菓 -HYOUKA- 第03話 感想 from 荒野の出来事
 氷菓 -HYOUKA-  第03話 『事情ある古典部の末裔』 感想  次のページへ 続きを読む

» 氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」 from 空 と 夏 の 間 ...
えるちゃんからのお願い (p*>ω<q) 好きだった叔父から聞いた古典部のことを思い出させて欲しい 話を聞き泣いてしまったえるを あやしもしなかった理... 続きを読む

» 氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」 感想 from 空色きゃんでぃ
古典部とスコンブって似てますよねっ(*´∇`*) はじめて聞いたw天然だw そんなえるちゃんの秘密が気になります! 折木奉太郎(中村悠一)への千... 続きを読む

▲上に戻る