機動戦士ガンダムAGE 第27話 色々詰め込み過ぎのクライマックス!

20120415_5.jpg
どこで盛り上がれば良かったのか。
そんな訳で一応今回が第二部最大のクライマックス・・・・・の筈の「機動戦士ガンダムAGE」第27話。



さて、スーパーパイロットとして覚醒したアセムはゼハートと激戦を・・・・・って程、描写はなかったな。
そんな事よりフリットの出番を増やそうぜ!という感じか(笑)。しかし敵の特攻で無事なのはちょっと。

そんなフリットを尻目に、殺すキャラは殺すという事で眼鏡娘がお亡くなりに。死亡フラグはそっちかー。
殺す意味が全然無かったように思いますが最終決戦だからとりあえず、って割と本気で思ってそうな。

そして地球に落下しようとする移動要塞ダウネスを破壊するため、アセムとゼハートの共闘展開へと。


アニメがアニメなら共闘展開ってのは盛り上がる所ですが、このアニメではちょっと無理かなあ・・・・・。
実際お互いの在り方を認めた(?)だけで和解した訳でもない筈だけど何だろうこの爽やかな雰囲気。

ちなみに今回一番ツッコみたいのはロマリーかな、やっぱり(笑)。一体何がしたいんだこのヒロインは。
何度も書いてる気がするけど、やりたい事は何となく分かるけど過程が伴って無さ過ぎなんだよねえ。

クライマックス的な意味合いで言うなら前回の方が盛り上がったかな。あとやっと地球が出て来たか。


しかしこれでどう第三部に繋げる気なんだろうな・・・・・あらゆる意味で中途半端過ぎる気がしますが。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(43)

マジで眼鏡死ぬ必要皆無だったよな・・・・・

決戦の筈なのに、画面にMSも戦艦もまるでいなくてワロタw
敵味方双方の旗艦がドッキングしてるのに何で周りに誰もいないんだよw

天の光は全て人

敵の機体や破片が地球の大気圏に突入して降ってる中夕日が綺麗だな…と言っているアセムにドン引きした

工作員を地上に降ろす為の作戦だったとしたら被害甚大だろ・・・・

ヴェイガン兵「母艦が駄目になるかならないかなんだ、やってみる価値はありますぜ」

いつも通りの事にそれっぽい要素詰め込んでクライマックス感出そうとしてるようにしか見えない
悪い意味でワンパターンで芸が無い

何度も書いていますが、序盤できちんと学園をやっていなかったツケが最期まで祟っていますね。

アセム、ゼハート、ロマリーの3人の関係性が、結論だけは理解できるものの、描き込み不足なので、三角関係になろうが共闘しようが盛り上がりようが…

眼鏡娘(小清水)、マジシャンズ8の女(能登)はギャラの問題で退場。
あとブリッジで突然能登のフツーの声(モブキャラのオペレーター)にはワロタ....つまり風呂敷広げて声優さんが足りない.......もう現場は破綻している証拠。

予告のAGE2がフェイズシフトダウンしてるのが気になるんだがww

ウルフ専用AGE-2がカッコよすぎてワロタwwww
どっかで見たことあると思ったらリボンズガンダムだ

なんだこの展開酷すぎる
後、眼鏡は死ぬ必要なかったろ
日野はやっぱり誰かが死ねば盛り上がるとか思って書いたのか?
それまでが盛り上がらないのに無理だって
   
阻止前提での作戦にあんな巨大な物は無駄じゃん
それで破片にまぎれて降下させるって・・・
同じ降下作戦ならマクロスプラスの方が上手くやったな

大気圏にアセムを助けて突入したゼハートを助けたのが
マジシャンズ8のリーダーだったのがなぁ…
そこはアセムが助けろよ

自分を助けてくれた親友?を放ったらかしで
夕日に感動するアセムがクズすぎるw
ゼハートのことは無視かw


>>眼鏡娘(小清水)、はギャラの問題で退場。

小清水はアリーサだよ

イゼルカント様の作戦は犠牲が多すぎるぜー

クロスボーンにも似たような事例があったけど、あっちは1機でも地球に降ろせば十分な破壊力を持つMAがあったからいいけど、こっちは単なる揚陸部隊だからなあ。どうしようもない。
以前からよく言われているが、連邦に感知できないステルス技術があるんだからそれで侵入すればいいのにわざわざ正面決戦を挑むとは…

イゼルカントと連邦上層部の間で戦争という名の茶番をする契約でも結んでいるとしか思えん

あの白いAGE2(?)の顔、よく見るとリボーンズガンダムに似てるな。
それにしても、このアニメで瞳孔開く描写見るとは思ってなかったわ。

どうせ三世代目からは『これが集大成だ!』と、言わんばかりにそれで取って付けたような設定を延々と説明する回が増えてくんだから実際、この二世代目のラストを盛り上げるのはとても重要な事だと思う。

ウルフ死亡回から最低でもあと2話は使うべきだった。

>>9
眼鏡娘は小清水さんじゃないぞ。
つでに能登さんはアセム編の最初からあの位置でオペレーターやってたぞ。

>>10
やっぱりアセムはウルフリスペクトってことなんだろう。
ノーマルスーツも軍服もウルフさんとおそろいだし。
分かりやすく言えば悟飯とピッコロだな。

戦闘中に敵の母艦に行ったり来たりできる戦線のザルっぷり。
ガンダムのご都合主義なやられっぷり。敵の密接自爆攻撃でもへっちゃらだw
修理用建設重機程度の物すら一撃粉砕できないベイガンのMSの駄目性能w
無理に同情を引かせる戦場の無慈悲差を演出。誰も共感できん。

敵の母艦に挟まってゼロ距離大型砲発射でも何処も損傷の無い旗艦、更に宇宙にまだまだ敵MSが残ってるはずなのに旗艦が大気圏突入www

無理な同情と友情の再開・・・何この韓国ドラマ並みな駄目っぷりw
戦場で散った兵士が大気摩擦で燃えてる中夕日に感動してるあほの子主人公

モブヴェイガン、「やってみる価値ありますぜ」ゴッコするだけの数いるなら、敵MS迎撃に最初から全力出せよとw
まぁでも黄色MSのオサーンの死に様と表情は結構良かった

今まで観て来てこれほどひどい回はなかったと思う。

特にメガネ。
死亡フラグをキノコに見せかけて、裏をかいたミハルパターン
だと思うが、制作側が「視聴者を裏切った」とドヤ顔してる姿
が想像できて胸くそ悪い。

あらゆる意味でファーストシリーズに泥(糞)を塗りまくる作品。
それがAGEシリーズだと痛感した。

そういえば、なんかスパイ問題があった気がするのだが。

※9
能登声のオペレーターは最初からいたんだが。

『アスノ指令だけが頼りだ』って酷いセリフだな

>>9
いくら何でも適当に見すぎだろ
批判するのだけが目的の、知ったかコメはやめような

米9

能登オペ子は川澄オペ子と一緒にずっとアセム編にはディーバのオペとしていたはずだが・・・

工作員下ろすだけならあんな大がかりなことせんでも、
いつもどおりにワープすれば一発じゃねw

フォトンブラスター仕事し過ぎ

なんか、展開速いね
1クール削られたんじゃないか?

OOみたいに 世代別に半年ごとのシリーズにしたほうが良かったんじゃねーの?

>>9
小清水はパイロットの女だろw
どこ見てんだよw

なんというか・・・。真面目にやってるサンライズ?
さすがにこれ見てると俺でも作れそうな話だし・・・。
これでコケたら当分TVシリーズもののガンダム作れんぞ・・・。
ただでさえ、一般的にはマイナーなUCの方が稼いでるんだから
現場と上層部じゃかなり温度差あるみたいだし

SEEDでもクライマックスだからって脇役が無駄に殺されてたなぁ
しかしあれをマシだと思えるレベルのガンダムが出て来るとは・・・

3馬鹿とオーブ3人娘のことか

>>30
今ガンダムの商売規模はUCは4巻で70万枚と種越え確実な情勢な上に売上が前期(要は00)の18%増なんだってさ
だからAGEが苦戦してても問題ないとバンダイの社長がのたまってしまいましたとさ・・・
要するに大失敗のツケをUCの売上に補ってもらっておんぶに抱っこのパラサイト作品がガンダムAGE

00のファーストシーズンでも主要脇役がラストで次々死んでいったけど、あれも必要性は無かったと思う。ただ、流れは自然だったんだよな・・・
AGEは流れが不自然なんだよな。

フリットガンダムのしょぼいミサイルにがっかり。
ミサイルなら後に出てきたコロニーデストロイヤークラスじゃないと。
コロニーデストロイヤーもいきなり装備してびっくり。
あの規模なら時限爆弾みたいな使いからしなくても外からの砲撃でも破壊できそう。

ちょこまか動くMSのコクピットを一瞬で撃つことができる
Xラウンダーオッサンフリットが
どうしてあんなにデカイ要塞にミサイル撃ち込むのに時間がかかる?

あと今回は部下のオッサンがリミッター外すとことか、
「破片に紛れて~」のあたりが妙にマクロスプラスっぽかった。
プロが真似るにしては質が悪いが。

声優さんの話だと、こんな脚本でも現場でかなり修正されてる
みたいだね。
オリジナルの脚本はどれだけ酷かったんだよ…

制作スタッフや出演者にここまで文句を言われる作品を
ドヤ顔で自慢してる日野の神経を疑うわ

いつもぶっ飛ばし展開だけど、今回は特にすごかった。キングクリムゾン発動しまくり。
倍速で見てた人なんかは、初見じゃ今回何が起こってどうなったのか理解できないんじゃないか?

フリットが何の妨害もなしにスイスイと敵要塞とディーヴァの間を行き来してるのがおかしかった。
あの悪名高い種死最終決戦でさえキラがメサイアに取り付くまでにちゃんと防衛線を突破する描写があるのに、AGEは一体どこまで底辺を行く気なのやら…。

つっこもうと思ったらキリがないよな本当
敵要塞行き来する時も無双でもいいから、敵蹴散らしていく1シーン入れるだけで説得力出るし絵的にも映える。
その後対要塞兵器?を打ち込むのにタメる演出がしたいなら、あんなしょぼいミサイルではなく、バスターのように武器を連結したり、その場で展開に時間かかる巨大兵器とかにする手もある。
他米にもあったけど、Xラウンダーでスゲー速いMSにも百発百中なフリットが巨大な的に時間かけるのはおかしい。隙間狙ってるにしてもね…

まぁ言い出したらキリがないし、全編通してのマトマリなんて立派なことはもう求めないが、せめて一つのシーンでだけ見ればカッコイイとか、ツッコミより興奮させるよう演出しろよと。これ「ガンダム」というハードルなしで見ても1アニメ作品としてもひどいよね…
(一ロボアニメ好きとしてキツイコメントになってしまった、純粋に楽しめてて気を悪くした人いたらスマン)

レミとオブライト、ゼハートとアセムの掛け合いのシーンが作り物臭すぎて気持ち悪くなった。
そりゃあそもそもアニメの1シーンにすぎないから作り物なのは当たり前だけど、それにしたってご都合展開・寒い台詞・上滑りな演出が過ぎる。あんなんでいいシーン作ったつもりでいるなら、最低でも脚本と監督は再教育の必要があるなと真剣に思った。

フリット編の神回が8話なら、アセム編のベストエピソードは間違いなくコレでしょう
スピード感のある展開、ヒートアップするバトル、熱い「意地」をこれでもかと見せてくれるキャラ達
最後の夕日に照らされるAGE2の顔は、14話の先代AGE1が見せた憤怒の形相とは対照的な、どこまでも穏やかな表情でした

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/615

トラックバック

» 機動戦士ガンダムAGE 第27話「赤い夕陽を見た」感想 from 空色きゃんでぃ
メガネちゃんが!メガネちゃんが!メガネちゃんが~!。゚゚(´⊃ω⊂`)゚゚。 キノコさん待機してたのにそっちなのー!? 可哀想だよ~(´;ω;`)... 続きを読む

▲上に戻る