ギルティクラウン 第22話 遂に最終回・・・・・しかし一体何をしたかったのか。

20120324_1.jpg
あ、最後のいのりは可愛かったな!
そんな訳でこのアニメは一体どういう事を伝えたかったんだろうかと悩む「ギルティクラウン」第22話。



さて、まずは真名が復活した所から。やっぱりまだ集LOVEだったようですが敢え無く拒絶されました。
しかし結ばれるかはさて置いて、一応実の姉なんだよな・・・・・そこら辺の集の葛藤って全く無いよね。

そして踊り出す真名でしたけど、予告で気になってたシーンではあったんですが本当に踊るのか(笑)。
気持ちよく踊っていた時にいのりの復活(?)で強制停止した所は、不覚にもちょっと笑ってしまったぜ。

最後だからか綾瀬はおっぱい揺らし過ぎだ。そういえば最初から揺らしてたなあ、と何となくしみじみ。


真名が停止した事で劣勢だった葬儀社メンバーも形勢逆転、と。まずは四分儀が城戸を射殺(多分)。
城戸もほぼ触れられずに終わったキャラだったな。中途半端にやられても更に混乱するだけだけどさ。

一時はフラグを立てていたような気がしなくもないダリルとツグミでしたが、最後は特に何も無かった。
ファンネルもどきは結構格好良かったけどね。エンドレイヴのアクション的には見所あったように思う。

茎道も最後は自分で退場・・・・・何だか拍子抜け感が凄いですが終わらせる事が優先って事なのか。


涯の心境も分かったような分からないような・・・・・「後はお前がいのりを救え」の投げっ放し感も凄い。
しかも結局救えてないとかどういうオチだよ!まあ全部いのりが持って行ったという事なんだろうけど。

あの状況で集が生還出来たのも謎ですが、話的にも集もいのりと一緒に消えた方が良かったんじゃ?
皆に返還したヴォイドと混ざって「集は皆の心の中にいる!」みたいな。いやそれはそれで嫌かも(笑)。

最後、死んだ祭(?)の誕生日会で皆爽やかな表情してるのに凄い違和感を感じつつ終了・・・・・ふう。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(34)

スゲー面白かったからBD買っちゃった
ゲームもめっちゃ楽しみ!

いのりの正体とかいのりのヴォイドが何故剣なのかとか
色々伏線張ってた気がするけどどうなったんだろう

色々と勿体無い作品だったな。PCゲームと小説で細かい点は補完するということか?

話が難しすぎて俺には無理だったわ。
とりあえず、野郎の歌声はいらねぇ・・・。
萎えた。

半年に亘る茶番だったな

ど う し て こ う な っ た

なんていうか、余計なものを色々詰め込み過ぎて、ごっちゃごっちゃになっちゃった感じ
着地も不満が残る後味が悪いもの
音楽とか作画は素晴しかっただけにシンプルに王道を描けば名作になったと思うんだけどなぁ
てか、2クール目の大部分は必要だった?w

まぁ、あそこで集が死ぬのはいくら何でも色々と背負いすぎて可哀想だし生きてて良かったかと
出来れば、祭のヴォイドの断片とかで蘇生しても良かったとは思うが

最後のパーティーでの『みんなは久しぶりね』の台詞は、集が綾瀬と同居してるって事なのかなあ
目が見えなくなっている感じで片腕は義手だし
+春夏さんかもしれんが

涯の心境に関しては演じた声優さんですら分からんので仕方ない…

本当に作画だけのアニメだったなw
これほどまでに外と中身が伴わないアニメは初めてかも・・・
それと谷口×大河内のタッグでもう一度オリジナルが見たいと
本気で思った

今期のノイタミがあまりに駄目だったので来期のノイタミナには
がんばった欲しい

終始制作側のオナニーを見続けた気分だ。
いのりだけ死なせて終わりってのはさすがに想像の斜め上を行かれたよ。

音楽と作画以外のスタッフは次回作があるなら隔離した方が良いレベル

まさかの綾瀬END

最後になるまで主人公が自らの意思で戦わないアニメも珍しいな
振り回された挙句、好きな人にも幼馴染にも死なれて不幸な奴だった

↑※最後の手前までだった

最後まで見たけど判らない事が多い(回収してないのもあると思う)
集は義手に目が見えなくなったでいいのか?
しかし2クールも使って何一つ上手くいっていない気がするけどまさかゲームとか全部やらなければいけないのか?
 
それと委員長あれだけ相手が居てシールド消えた後に1発喰らったのにあっさり脱出しているんだ?
普通だったらあのまま射殺されていただろうし

吉野はもうアニメ作るな…と言いたいが
来期もなんか控えてるんだよな…

ラノベ原作らしいから見ないけど

動きや画面は豪華なのに、最後まで残念な出来だったアニメ。
誰だ、高級食材を素人料理にした元凶は。

劇場版で別END?
そんなコトしないしさせないよ

扇JAPAN以上に不快な終わり方だった

集最後目みえなくなってろだろ

今期ノイタミナは歴史に残る不作だったな
あんまりだよ

最後まで何だかなーって感じで終わっちまった
集がどうなってたかなんて気にならないレベル
どうしてこうなった

数話前に自分がここのコメで予想してた通りの展開になって笑ってたら集死なずに生きてたね
それにしても集があえて生き残った意味が全くわからないな・・・

綾瀬とツグミは可愛かった

いのりは消滅したんじゃなくて一人でアポカリプスウィルスと同化して制御してるだけで、
ちゃっかりダートの望む進化の形に一人だけなった
最後の抱きあってる映像は精神のみ視覚なくしてる集とリンクしてるって解釈した
でもこれってTV版ファフナーの総士と一騎の劣化パクリ、祭りが翔子で、綾瀬が真矢?(あんなにぶれてないけど)
乙姫ちゃんはどこへいった……

勢いだけで2クールもよく持たせたとは思う。でも中身がスッカスカ

これは2期を想定してるのか…?

集を生死不明にせずに、強いて実もふたも無い結末にした、という感じですね。

補完本売ってるからそれないと意味不明なんじゃない?
アニメだけでは完成できませんでしたって見せ付けられたな。

メガネの軍人さんが良い人すぎて泣いた…
他の大人は自己中過ぎるな

元会長のお嬢様は碌な死に方しないと思ってたけど、結局生き残ってたなぁ。

つぐみと綾瀬はかわいかった

不快な終わり方とかっていうよりは、よく分からんアニメだった
演出だけは恐ろしいほど綺麗だったけどなあ

小説版は集以外の心理変化や状況の説明がしっかりされてるらしいからね。色々もったいないアニメだったと思う。

公式HPの小説試し読みに集の母・春夏の内面が描かれてたけど、なかなかおもしろかったよ。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/587

トラックバック

» ギルティクラウン 第22話「祈り:convergence」 from SERA@らくblog
ずっと傍にいてね――。  マクロには 星の命の進化と淘汰を巡る物語。 でも メインテーマは 誰かを救いたいという少年と少女たちの物語でした…。 ... 続きを読む

» ギルティクラウン 第22話 最終回 感想 from 荒野の出来事
 ギルティクラウン  -GUILTY CROWN-  第22話 最終回 『祈り:convergence』 感想  次のページへ 続きを読む

▲上に戻る