Another 第10話 サスペンス、ホラー、そしてバトルロワイアルか・・・・・。

20120315_1.jpg
赤沢さん・・・・・どうしてこうなった。
そんな訳で今後(というかもう既に次回で?)の赤沢さんの行く末も気になってくる「Another」第10話。



さて、まずは恐らく記憶が消えてる一年半前、恒一と赤沢さんが初めて出会ったと思われる所から。
引きこもりの兄が死んだ云々の直後だったので、赤沢さんの「おにい」が最初「?」状態だったよ(笑)。

ともあれ、結局合宿を行う事になった3年3組の有志達でしたが、いきなり赤沢さんが鳴に謝罪要求。
これまで立ててたフラグが変な方向に・・・・・前回辺りで赤沢さんのキャラが急速に方向転換したな!

うーむ、恒一を巡ってのジェラシーがあるにしても、これはなあ。さすがに言いがかり過ぎる気がする。


・・・・・と思ったが意外と的外れではなかったかも。その気になれば最初から死者は特定できたのか。
死者が分かったとしても松永の情報が無ければどうする事も出来なかったとはいえ・・・・・これもなあ。

アニメの前半で「ミステリーとは思わない方が良い」という感じのコメントがありましたが、ちょっと納得。
事件(現象)もその解決方法もそこに至る道筋も理屈じゃない!まあそれが悪いって訳でもないけど。

しかし肝心の所で勅使河原が乱入して・・・・・ってあれ、ところでここって鳴の部屋じゃなかったっけ?


次回から皆さんヒャッハー状態に?

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

コメント(17)

「どうして」てよく言えたもんだな恒一は
普通に考えて周りは鳴のせい、ひいては恒一のせいと思っちゃうだろう
知らなかったからとはいえ僕が鳴に話しかけたからこんな事に
とは恒一は全く考えてないんだな

視聴者側が死者を推理するには十分な情報があるけど
改竄影響下の登場人物らにとっては推理は難しいって感じだろうか
そのための異能か

>ところでここって鳴の部屋じゃなかったっけ?
原作だと鳴のお誘いを盗み聞きしててからかう場面があったっけ
アニメだと、まずサカキの部屋に行っていない→見崎のとこか!って感じかも
そして原作だと今回の「謝罪を」あたりが初台詞の赤沢…
アニメだとどうなるか心配だったが原作通りの動きをするとは思わなかった

松永は偶然死者と喧嘩して殺したけど今回はどうやって殺すんだ?
さすがに解っても人殺すのって抵抗あるし、
実際松永なんて未だにトラウマだし・・・。

他に方法もないし・・・。

>赤沢さんが鳴に謝罪要求
これって赤沢さんの自己防衛じゃねえ?責任の順番で言えば
対策係>(恒一)>鳴
な気が。
鳴は態度でも言葉でも恒一を突き放してるし、恒一は必要以上に鳴と関わらうとしたけど事情知らんかったし。災厄を防ぐために恒一に速やかに説明をして理解を得るべきだった対策係の責任が大きいだろ。まあ、そんな曰くつきのクラスに転向性を入れるのがおかしいけど。
でも恒一に関係なく災厄が始まった可能性もあるのか。
 

1話から見直して全伏線書き出してたんだけど10話でえ?・・・ああああああ!
いや、これミステリでしょ・・・TVの推理懸賞番組・安楽椅子探偵を思い出した
また綾辻行人&有栖川有栖コンビでやってくれないかな

後半の雷でビク!ってなったわww
音量でかすぎてかなり焦ったwwwww

>>6
いや、ミステリじゃないよ(特にアニメは)
要の叙述トリックがアニメじゃズルみたいなものだしね

>>8
この手の作品でトリックの種類言ったら駄目でしょう

こんなに続きがきになるアニメ久々にみたわ。我慢できずに原作を読んでしまったが、まだこの先を知らずに次回を楽しみにできる人がうらやましい。ただ、原作を読んだ人なら分かると思うけど、あのオチでこの声優の割付はおかしくないか?

>>1
少しも責任感じてないわけないだろ。
悪夢見まくってたのを忘れたか?

嫉妬から鳴に理不尽な謝罪要求な赤沢さんw

これは頂けないわ
他人にそこまで要求するんなら、はじめから自分がいない者として立候補すれば良かったわけだし?

対策係になったっていっても、それはあくまでスケープゴートを選ぶ上から目線の立場なのは変わらないわけで、選ばれたほうが余程大変な思いするでしょ?
他人に理不尽を強いる立場ってのもある程度は重圧かもしれないけど、所詮は他人に痛みを被って貰ってる立場なのは変わらないわけで、それを棚に上げて自分が選んだいない者を責めるってのは、責任を取りたがらない責任者っていう無能者のする事ですよ

>>11
まあ恒一が悪いんじゃなく、制作陣が恒一の人物像を確立できてないのが
悪いんだろうけど
そんな悪夢シーン作ったのに「どうして」発言なんだからな
鳴と自分のせいと思われて当然と自覚あるのか無いのかどっちなんだか

視聴者的にはそうではないが、眼帯に色白という容姿から鳴が死者ではないかと赤沢は思っているのだと思う(これは赤沢に限らずか)。
夜見山の外で事件が起きたことから(実際違うということだけど)やっぱり鳴がいたからじゃないかと余計に怪しいと思い前回赤沢は鳴を睨んだ。
で、その後も犠牲者が増えていってたまらず…ということかと。

要するに、鳴が死者だと思っているのでとにかくどういう形でも謝罪させたかったってことじゃないか?俺も最初は「嫉妬」が頭をよぎったが(そういうのもあるんだろうけど)、いろいろ考えてると恒一への反応も「どうして死者の肩を持つの?」という見方のほうがしっくりする気がした。

>>12
実際赤沢は無能だからな

漫画版では、赤沢さんの謝罪要求はただの八つ当たり。
彼女、実はこの時点で既にいっぱいいっぱいで、
「いないもの」扱いされても平然としてる鳴のことが無性に気に食わなかったらしい。

溜めに溜め込んで、一気に爆発するタイプとして描かれている。

原作の赤沢さん、影薄すぎワロタ。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/572

トラックバック

» Another アナザー 第10話 「Glass eye -漆黒-」  from SERA@らくblog
死者を死に帰すんだ――。 夜見山神社への参拝する合宿。 宿泊場所の前で写真を撮ってましが、この中の 誰が死者なのか?(汗) 恒一たちは松永のテープの... 続きを読む

▲上に戻る