ギルティクラウン 第20話 過去回想回まで実にこのアニメらしかった。

20120310_5.jpg
え、何この良い話的な雰囲気!?
そんな訳でクライマックスに向けて色々とまとめに入ってるような感じの「ギルティクラウン」第20話。



さて、前回の話で、集が王の力を取り戻して盛り上がってきた(?)所でしたが、今回は過去回想回。
その前に涯と真名の話がありましたが、いのり=真名だったなら真名はやっぱり集狙いなんだよな?

で、回想は集の父親である桜満黒周(クロス)と、物語の発端のアポカリプスウイルスにまつわる話。
しかし成る程、全ての始まりは隕石だったんだな・・・・・いやこれぐらいじゃあもう驚かないけどさ(笑)。

集が生まれる前から近親相姦狙いだった真名はここまで来ると怖いな。まあウイルスなら仕方無い?


でも天才故に孤独だった、みたいな話でしたけど黒周はしっかりヤる事はヤってたんだよなあ・・・・・。
まあ最後は嫉妬に狂った茎道に殺されてしまった訳ですが。茎道は全然深くないキャラになったな!

そして過去回想の後は友人達との別れ、というノリになったんですけど予想通りとはいえこれは(笑)。
発端は祭の死(更に遡ると谷尋の言動)だった気がしますが、まるでそんな事はなかったかのようだ。

抱き合う集と颯太を温かい目で見守るその他大勢のシーンはどう感じれば良いか分からなかったぜ。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(18)

笑えば…いいと思うよ

相変わらず脚本は平常運行でよかったw

今更どうにもならんからギア○的な終わらせ方にしていく
つもりなんだろうね!

正直この過去話のくだりっているの?
ブログ見てると今更感がすごいんだけど?

もう内容がAGE並だねえ

え~取りあえず

人類補完計画もどき=地球規模のロストクリスマス、きた~!

で良いんですよね。

もうね・・・・
初めてOP見聞きした時のwtkt感を返して欲しい

>>5
すごく同感です

なんかギアスみたいに死んで欲しい奴らが生き残って
美味しい思いする展開になりそうだな…

僕が君の何を嫉妬するって言うのさ!!

マジ笑った

集さんは賢者モードすぎて
もう仙人にでもなればいいと思う

祭とはなんだったのか・・・

友情って何だろうと思い返せばいいと思うよ。
ある意味非常にリアルな友情だw

一番左上の作画がおかしいw

このタイミングで回想だもん
前話で盛り上げて、スローダウンさせてこれ
盛り下がるどころじゃない白けたわ

>>5
数話で切って、後は視聴者の反応を楽しみにしている俺は勝ち組なのかな?
しかし、ゲーム買う気も全く失せたわ。
久々の鋼屋脚本ってことで期待してたのに。

颯太の態度はなんだったのか。
一発殴ってもバチは当たらない気がした。

鋼屋ジンってあんまり脚本担当してないじゃん
それなのに鋼屋作品と言うのはさすがにありえない
あとあの人の得意分野はこんなヘタレ主人公を据えた優柔不断物語とは真逆なものだし

>>数話で切って、後は視聴者の反応を楽しみにしている俺は勝ち組なのかな?

このアニメは切らずに見て、それで視聴者の反応を楽しみにするのが正解だよ。

集は周りの勝手な都合に最初からずっと振り回されてるだけだよな
それより黒周モテすぎだ

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/564

トラックバック

» ギルティクラウン 第20話「追想:a diary」 from SERA@らくblog
4度目の黙示録へ――。  真名がいのりの体を乗っ取るのも時間の問題。 涯は世界に 最終通告をつきつける…。 12月25日、今ある世界は終了し、新たな... 続きを読む

▲上に戻る