偽物語 第9話 相変わらず全裸になりつつ、遂にあの二人が登場。

20120304_1.jpg
想像してたのと印象は違ったが。
そんな訳でギャグパートは終わりだそうですが、あんまりそういうようには見えない「偽物語」第9話。



さて、前回は歯磨き回という番外編チックな渾身のエロ回だったので、今回から本編(?)再開です。
三本勝負の結果がどうなったのかは気になるが・・・・・しかし余韻すら感じさせないこの二人は一体。

まあそれはそれとして、この「つきひフェニックス」での新キャラの二人の内の一人、影縫余弦が登場。
事前に公式サイトの方でキャラのビジュアルは公開されていましたが、ふむ、こういう感じになるのか。

郵便ポストに立つ、ってシュールな光景かと思ったけどシャフト演出に見慣れてると全然普通だ(笑)。


そしていつものように暦が八九寺とイチャイチャ(?)してるともう一人の新キャラ、斧乃木余接も登場。
想像してたのと印象が違ったのはこっちの方かな。こんな見た目ファンシーなキャラだったとは・・・・・。

余接は何となく黒髪おかっぱ着物童女みたいな感じをイメージしてたんですが、何か全然違ったな!
影縫さんも余接も、何というかもっと和風テイストな感じで考えてたけど、勝手な思い込みだったかー。

で、残り2話?普通に続きはWebで、になりそうな気もするんですが端折りまくって終わらせるのかな。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

コメント(17)

つきひちゃんメインのエピソードかと思ったが、別にそうでもないのか

>余接は何となく黒髪おかっぱ着物童女みたいな感じをイメージしてた
同じく。多分銀魂の外道丸のイメージがついてたんだと思いますが、実際に喋ってるとこ見たら、わりと違和感無くなってしまったw

余接のデザイン違和感ありすぎる・・・テンションもあんなに低いやつだとは思わなかった。

あれ?全13話って某所で見たんだけど違うのか?
ま、仮にそうでも足りるのかわからないけど。

斧乃木はうたかたを彷彿させるなw

今回は暦(神谷)劇場だったような…
そしてまた主役(今回は月火)が、まったく登場しないエピソードw

新キャラ2人は、喋り方で特徴付けたか…
斧乃木はミサカ姉妹にしか見えなかったけどね。

どうでもいいが、先週から始まった新OPが
特に気に入った訳でもないのに脳内リピートが止まらねぇ…
誰かボスケテorz

正直尺がきついな月火へのセクハラ、ミスド、影縫余弦たちとの再会
、タイトルの意味判明、戦闘。文字にすると終わりそうもないんだが

Qベェの禁止マークにワロタw
いいのか?

暦のジョジョ立ちにワロタ

本編以外でだけど、あの後の神原と火憐との会話がすんごい気になるわ!!

原作読んでるとわかるけど
だいたいその章のメインとされているキャラは次章で目立つからなぁ

化物語だってネット配信で3話分追加されたからな
偽物語も追加あるかもね
あと主要人物でキャラデザないのはなんでも知ってる臥煙さんくらいか 頑張って登場するつばさタイガーまでアニメやってほしいなw

余弦みたら赤青黄思い出した

真宵とアララギさんの掛け合いは本当におもしろいわ
もうこの二人だけでいいきがしてきた

下巻の消化ページ数はP148/321(48%)だけど、前半雑談カットしまくってこのペースだからちょいきつい
来週は個人的に一番楽しみなミスタードーナツ三者面談。ドーナツ買ってスタンバイ!

新キャラは何か戯言シリーズのキャラみたいなデザインだな
性格と裏腹に見た目は奇抜ってやつ

やはりこの兄と妹にはあやしい雰囲気が漂っているなw
肩車するためだけに火憐が長い髪を切ってしまうとはもったいない

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/553

トラックバック

» 偽物語 第9話 「つきひフェニックス 其ノ貮」 感想 from wendyの旅路
京都弁女性とキメ顔幼女― 続きを読む

» 偽物語 第9話「つきひフェニックス 其ノ貳」 from SERA@らくblog
▼ 偽物語 第9話「つきひフェニックス 其ノ貳」  月火ちゃんの魔手を回避した暦と火憐ちゃん。 さっそく神原と火憐ちゃんを引き合わせに出かけますが... 続きを読む

» 偽物語 第9話「つきひフェニックス 其ノ貳」感想 from 空色きゃんでぃ
基本全裸です!はーどっこい♪(*⊃∀⊂*) 全裸で待ってる神原さんに、火憐ちゃんを会わせてあげるアララギさん。 約束はちゃんと守るアララギさん素敵... 続きを読む

» 偽物語 第09話 感想 from 荒野の出来事
 偽物語  第九話 つきひフェニックス 其ノ弐 感想  次のページへ 続きを読む

▲上に戻る