輪廻のラグランジェ 第8話 ラグランジェの花より百合の花が咲きそうです。

20120227_1.jpg
というか何でそこで胸を揉んだ。
そんな訳で徐々に世界観や設定に関する情報が明かされてきた感じの「輪廻のラグランジェ」第8話。



さて、まずはすっかり仲良しの三人娘の訓練からですが、やっぱりウォクスのフォルムは格好良いな。
まあ前回はウォクスの出番無かったし次回も無さそうなので、とりあえず出しておいたという感じかも。

今回は、ファロスのバックにいるノウムンドゥス財団の会長代理・アステリアが登場してのネタバレ回。
主にウォクスの伝説やラン達が2万年前に地球を脱出した地球人の子孫である事等が語られました。

個人的に一番すっきりしたのは「ワン」の謎だったけど(笑)。つまり某「チェリオ!」と似たような感じか。


アウラの凍結宣言は予想通りだったけど、まどかが受け入れたのは意外と言えば意外だったかなあ。
ところで胸揉んだり尻撫でたりしたアステリアの行動は何の意味が・・・・・しかも何か手がずれてたし。

アステリアもデ・メトリオもレ・ガリテもヴィラジュリオもそれぞれ別の思惑で動いてるという事なのかね。
ランのお兄様が色々と企んでそうなので、今の所ウォクスを破壊するのが一番無難っぽく感じるけど。

しかしあのメイド何で頬染めてるんだ?と思ってたらアレイだったのか。全然気付かなかったよ(笑)。


次回は三馬鹿・・・・・と言って良いのかはそれこそ次回次第だけど、そんなレ・ガリテの皆さんのお話。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

コメント(8)

ロリ幼女はまどかの胸をなぜ揉んだ?w
いい挟みになりそうねって、なに挟むんすか。

前回までの衝突を経て、一つのベッドに三人で寝る場面とか良い雰囲気になってまいりましたな。

アレイはほんとしゃべるまで気づかなかったww

3馬鹿は漫画版読んで好感持ったから次回楽しみ

なんか1クール目はあんまりシリアスにならずにこのまま終わりそうな予感。

>というか何でそこで胸を揉んだ

愚問だな・・・
そこにおっぱいがあるからさ!(キリッ

え~、今回一番重要な点は、
「敵の正体が恒星間移民した超古代文明人の子孫」である、
と言う事で良いんですよね(笑)。

アステリアの中身はおっさんに違いない…
見た目通りの年齢ではないのは確か

二万年前の戦闘で出て行ったと言う事だが、今の地球人は取り残された(?)人類子孫
けど、出て行った者にアレだけの力が有ったのに何故に出て行ったのだろうか?
そのまま居座って衛星軌道上からでも地球を復興すれば済む筈
ソレとも、居座る事の出来ない事情が有ったのだろうか、倒す事の出来ない存在が相手側に有ったとか?

ウォクスの暴走が止まるまで周辺宙域に近寄れなかったんじゃね
現在の地球人類は取り残されたんじゃなくて、暴走で死んだ者がウォクスの輪廻で転生したのの子孫なのかもしれないし

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/543

トラックバック

» 輪廻のラグランジェ 第8話「鴨川ロリータ」 from SERA@らくblog
▼ 輪廻のラグランジェ 第8話「鴨川ロリータ」  ウォクスを管理するノウムンドゥス財団の会長がファロスにやって来る。 ずいぶん若い(笑)と思ったら... 続きを読む

» 輪廻のラグランジェ 第8話「鴨川ロリータ」感想 from 空色きゃんでぃ
鴨川にロリがきた! 金髪お嬢様!頭のお花かわいい(*´∀`*) アステリア・リーザマリー・ド・ロシュフォール。 この子が会長かと思った!代理なの... 続きを読む

▲上に戻る