ギルティクラウン 第15話 お風呂でおっぱいなサービス回・・・・・の筈が。

20120204_1.jpg
風呂入ってる場合じゃねえ!
そんな訳でまあ何というか個人的にとても残念な展開になってしまった「ギルティクラウン」第15話。



さて、まずは前回ラストで谷尋が提案したヴォイドランク制ですが、当然ながら(?)集は受け入れず。
まあ確かに「無限のリヴァイアス」とかとは状況が違うし、そんなコミュニティ云々の話になってもねえ。

しかし単に集の愚痴に反応しただけかも知れませんけど、綾瀬やツグミはそれなりに容認派の模様。
自分達がランクが高い事は分かってるので下の事をまるで考えてない発言とも取れるが・・・・・さて?

どうでも良いけど、生徒会長の座から下ろされた供奉院先輩は凄く活き活きしてるように見える(笑)。


そしてお風呂ー。

何かしらおっぱいなこのアニメなんですが、お風呂サービスとかそういうのは意外と少ないのよねー。
お風呂はいつぞやのおっぱい水着回以来か。湯気薄いけど露出的にはそんなんでもないんだよな。

でも祭辺りはもっとこんなサービス入れてくると思ってたのに。というかそういうのを期待してたのに。


お風呂ならともかく、告白までしちゃうともうアチャーな予感しかしない訳で、その予感はズバリ的中。
そのまんまシャーリーポジションだったか・・・・・結晶化して消える=死んだのかは微妙っぽいですが。

ともあれそんな祭の死を契機に、クズは管理しなくちゃいけないだの何だのとか言い始めちゃった集。
集が言うと何だかなあ、って気分になるんですけどこれでOPの妙に澄まし顔のキャラになるのかな?

これまでの作風的に結局最後は強引な展開になるんだし、とっとと壁を壊しにいけば良いとは思うが。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(13)

本当に1クールの「ギアス」から、2クールは「リヴァイアス」に変わってきましたね。

風呂でもインターフェイスを外さないつぐみのネコミミっぷりパネェww
ギルティはキャラはいいんだけどなぁ…使い方が…

シャーリーじゃなく、ナナリーポジションだと期待してる…
ツグミのボイドもあるしあれで偽装したことにして欲しい

皮肉にも、祭の死をきっかけとして祭の好きだった集とは別の方向へ向かってしまうのですね

集がネタ過ぎて一週回って楽しくなってきたぜ!!

集の持つ優しさって序盤から徹底して「自分に好意的な相手に『だけ』向けられる」モノだったので、そんな奴が独裁なんて始めようものなら・・・オワタ。

>どうでも良いけど、生徒会長の座から下ろされた供奉院先輩は凄く活き活きしてるように見える(笑)。

日本の総理大臣もそうなんだよな~
やっぱトップの座にいるとストレス半端じゃないってわけで
独裁者気分で居座らないとやってられないんだろうね

祭が散った悲しみに浸る暇も無く集さんの鬼畜無双に吹いてしまった

今回はスクライドのがおもいうかんだな~

ボイドランク制はアレだけど、日に日に減っていくワクチン、食料、武器確保ための拠点制圧~みんなで生き残り脱出するためまでの有能なボイド所持者、色々なエキスパートなどのコンディションを保つための区別する一時的なボイドランク制なら有りだと思う。
集さんの明日には元に戻るとか楽観的な考えと、周囲に流されまくりのブレ具合、ここに着てのクズは管理しなければ!な暴君展開
これで最後集はやさしい王様です。みたいなのはさすがにないですよね

管理人さんも言ってるけど、ヴォイドも区分したんだし
とっとと全戦力で壁ぶち壊すべきだよなw
補給や援軍の無い篭城なんてガチジリ貧なわけで。

つか集に限らずあの人達は何したいんだろう…

八尋はいまだ生き残り、涯も1,2度ほどはフラグ乗り越えたのに
あっさり祭を逝かすとか正気の沙汰とは思えない
・・・なんやかんやで今後の展開楽しみではあるが

>>12
今わの際のあれでヴォイドが集の中に入り込んで、「ヴォイドは人の心そのもの。そこからよみがえらせることが可能」とか言い出しそうな気もするw

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/499

トラックバック

» ギルティクラウン 第15話「告白 sacrifice」 from SERA@らくblog
▼ ギルティクラウン 第15話「告白 sacrifice」  集は きっといい王様になると思うな――。 思いもよらず生徒会長にされてしまった集。 ... 続きを読む

» ギルティクラウン 第15話 感想 from 荒野の出来事
 ギルティクラウン  −GUILTY CROWN−  第15話 『告白 sacrifice』 感想  次のページへ 続きを読む

▲上に戻る