ペルソナ4 第16話 すっかりシリアス展開でもネタを忘れないアニメに。

20120131_5.jpg
・・・・・ってあれ?元からだっけ?
そんな訳でネタ回が続いたせいか元々どんなノリだったか微妙に忘れかけてる「ペルソナ4」第16話。



さて、という事で今回から本筋に戻り(いや一応前回も本筋ではありますが)再びマヨナカTVの話に。
どうでも良いけど最初の下校時の雪子が凄い美人だった。あ、別に普段美人じゃないという訳じゃ(ry

ともかく話は事件の真相を究明したい直斗がTV出演した結果、見事(?)攫われましたという展開に。
そして主人公達は直斗の聞き込みを開始する訳なんですが情報元が愛家なのは・・・・・まあ今更か。

クマは前回から腹ペコキャラを引っ張ってるのか(笑)。りせが案外優しい、っていうか食われただけ?


入手した情報を頼りに主人公達は直斗を見つけるも、意外と大丈夫そう・・・・・かと思ったらすぐ逆襲。
何か直斗のシャドウはマヨナカTVに映ってた時も含めてこれまでで一番格好良いような気がするな。

というか今回はバトルにしても、割と全体的に格好良さ気なカットが多くて「おっ」と思う所が多かった。
格好良いというより作画の癖かな?まあ完二は格好良さをアピールしてるなあ、とは思ったけど(笑)。

で、飛び出す衝撃発言。原作未プレイで直斗が女だと予想出来た人は一体どれだけいたんだろうか。


原作やってても直斗が女だと全く思ってなかったからなあ・・・・・何か伏線みたいなのってあったかな。
性別バレした時はとんだハーレムだよ!と思ったけど(笑)。実際、男女比はバランス良いんだけどね。

ともあれ久々にガチバトル突入かと思いきや、速攻で陽介が敵の状態変化攻撃を喰らって老化ネタ。
これまではバトルに突入したら割とシリアス一直線だったような気がしたけど気のせいかも知れない。

そもそも残りの尺も無かったので引っ張ったのはしょうがないだろうな。次回の解決編にも期待です。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(7)

ゲームとかだと老化とかあまり気にならないけど映像だとインパクトあるなぁ(当然女性陣はその攻撃に驚愕していたが)
 
アニメでもやっと直斗の正体判明したけどそこから後の直斗の描写が丸くなったと思うのは気のせいか?

残り8話くらいか
後やり残してるイベントは・・・
文化祭・太陽コミュ・ペルソナ第二形態・菜々子・犯人・真EDなどと
かなりある気がするが大丈夫か不安になってきた

真EDはDVDでとかになるのかな

原作では隠し方が巧妙でしたからね
背が小さいけど声は朴路美だからどっちでも有りかなって感じで
こういうキャラにありがちのベタなパニくって一人称が「私」になっちゃうとか悲鳴が「キャー」とかのイベントも皆無でしたから。
ハガレンやってたしなお騙されてましたね

>残り8話くらいか
BDは全10巻予定で1巻以外は3話収録
でも5巻目が2話収録、6巻は3話収録に戻っている
それだと全27話になるからどこかでまた1話か2話収録になって全25か26話なんじゃ?(TVは24話で残りはBDでという可能性ある?)

全26話だな確か
あとスレでも言われてたが、特捜隊との会話シーンでの影の演出がよかったな
非日常と言う影に直斗が踏み込んだという描写になってる

老化と魔封こえぇぇぇ!!

陽介の顔を見たいような見たくないような・・・

クマは前回の修学旅行についてきたときに有り金全部使ったから今回腹ペコなのか?

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/494

トラックバック

» ペルソナ4 第16話 「Although the Case Was Closed」 from SERA@らくblog
探偵王子の正体――!(笑)  直斗は事件についてまだ違和感を感じていて。 TVに出たり話題の人物が狙われることが多いので・ 確証を得るために TVに... 続きを読む

» P4 -ペルソナ4-  第16話 感想 from 荒野の出来事
 P4 -ペルソナ4-  第16話 『Although the Case Was Closed』感想  次のページへ 続きを読む

▲上に戻る