ギルティクラウン 第13話 新章突入!・・・・・・だが何か居たたまれない。

20120120_5.jpg
うん、まあ、どうなんだろうな?
そんな訳でとりあえず前回で一区切りついて、今回からは新章突入の「ギルティクラウン」第13話。



さて、という事で今回から新OP。

ちなみに最初に「何か居たたまれない」とか書いたのは、集が妙に格好良さ気にしてるこのOPの事。
ちゃんとこんな澄まし顔が似合うキャラに成長していけば良いですけどね・・・・先行き不安なんだぜ。

というか別に集に限らず全体的に男性陣を押してるような感じもするが。涯さん何やってんすか(笑)。


で、本編は一応話としては前回の話から2週間後、集達が封鎖された都心に残されたという所から。
いきなり綾瀬のおっぱいがピンチになっていましたが、そこはツグミの飛び蹴り一閃でナイスフォロー。

前回のクライマックスで集達はする事無くなったよなあ、とか思ってたけど相手は別だから良いのか。
しかし「こんな状況長くは続かない」って、前回色々見ていた筈の集は一体何を根拠に言ってるんだ。

今回一番面白かった所は真心青年団と嘘界局長かな(笑)。良い意味で馬鹿っぽいコントで良かった。


集に取り出されたヴォイドを自分自身で使えるようになった事で、バトルにも新しいバリエーションが。
エンドレイヴなんて最初から要らなかったんだ!ま、確かに基本的にやられ役でしかないけどね(笑)。

それにしても学校にテロリストが襲来、皆が見てる中で自分大活躍ってストレートな厨二展開だよね。
こんなシチュエーションをちょっとぐらい妄想してみた事がある人もいるんじゃないかな・・・・・・かな!

最後はいつの間にか臨時大統領になった茎道さんの演説で終了。集は相変わらず落ち着かないな。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(12)

テロリストが1回も攻めて来なかった学校生活でした。

ダリルがなんか馴染んでて吹いたw

二話で無意味に人殺してなかったらこいつ好きになれるんだがなぁ

集の能力がどんどん便利能力になってくなー。
前回涯に掟破りの自分ヴォイド渡せてたのは特例じゃなかったんだなぁ。

しかし花澤はなんか普通に喋ってると違和感あるなw

集さん成長してるように見えんな…

十数年前くらいに、キンキキッズが主役をやっていたドラマを思い出しました。

エンドレイブ倒した後、
二人してポーズ決める前に
綾瀬たんスカート抑えてた。。

ヴォイドを抜き出しても相手が意識を保てるようになったのは、便利になった反面、相手を同時に戦闘不能に出来なくなったから敵相手に使用する際には不便にもなったな
前のダリルみたいなことは今後出来まい

今までは、
集が~~したいってのがなく、涯に~~しろってやたらめったらヴォイド使ってたって話が、12話になってようやく
集自身が~~したいって意思表明し、行動して
13話でヴォイド抜き出される人自身が~~したいって想いも一緒に表現し行動できるようになったんだなぁー
っていう視点で見たらこの作品の駆け足の構成等を大目に見れるようになるんじゃなかろうか、、と。
いや、無理か!?だって、祈から剣みたいなん取り出した後から身体能力おかしいもんね!?あれ剣が加速してんの??

ダリルが一番のツンデレキャラだってことはわかりましたよ

>便利になった反面、相手を同時に戦闘不能に出来なくなったから敵相手に使用する際には不便にもなったな

取り出す相手に左手で触れながら取り出すと意識が落ちないとかだと勝手に思ってる。

嘘界さんは暗躍したいのか遊んでるだけなのか

>>4
おれもwぼくらの勇気未満都市でしょ?w

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/473

トラックバック

» ギルティクラウン 第13話「学園 isolation」 from SERA@らくblog
お願い集、あたしをひとりで立たせて――。 涯を喪ったことで一番ダメージのあったのは やはり綾瀬でした。 足としてのエンドレイヴをくれた、存在意義を与え... 続きを読む

» ギルティクラウン 第13話 感想 from 荒野の出来事
 ギルティクラウン  −GUILTY CROWN−  第13話 『学園 isolation』 感想  次のページへ 続きを読む

» ギルティクラウン [ GUILTY CROWN ] 第13話「学園:isolation」感想 from 空色きゃんでぃ
涯〜。・゚・(ノД`)・゚・。ウワァァン 退場確定なの? また出てくるって信じてるもん>< もう、全部終わったんだよね…? でもそれは始ま... 続きを読む

▲上に戻る