ペルソナ4 第14話 主人公の熱い夏休みの秘密が、今明かされる!

20120115_5.jpg
いやしかしよく繋げたな、これ。
そんな訳で前回の補完回、というか本来はこっちの方がメインであっただろう「ペルソナ4」第14話。



さて、前回の菜々子視点から主人公視点へと戻り、夏休みに主人公は何をしていたのかという話に。
実は主人公は菜々子がキツネにあげた傘を買い直してあげるためにアルバイトしていたのでしたと。

で、複数のアルバイト(=コミュ)が同時進行となる訳なんです、主人公のハッスルっぷりがまた凄い。
何という熟女&幼女キラー・・・・・学童保育の一人の幼女とフラグ成立してそうなのが気になったぜ。

正直P4の主人公は無個性の方が良いと思ってたんだけど、良い意味でキャラ立っちゃったなあ(笑)。


そして夏祭りで一気にフラグ消化・・・・・ぶっちゃけかなり強引とは思ったけどこの構成は感心したわ。
一つのコミュの内容は薄いが上手く繋げつつ最低限フォローしなきゃいけない部分はフォローして、と。

前回オリジナル回はちょっと不安と書いたけど、何か心配なさそうだねえ。原作をよく理解してる感じ。
仲間達とのコミュニケーションは薄かったですが本筋でフォロー出来るし何より次回修学旅行だしな。

菜々子の良い笑顔も2話連続で見れたしかなり満足な回でした。これは修学旅行も期待できそうだ。


そういえばまだ文化部のコミュは無いのよね。この際だしどうせならWで消化して欲しい所だが・・・・・。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(16)

RPGの主人公がこんな良いキャラになると思わなかったw

・一つ一つのコミュを原作通りに消化する尺はない
・でもなるべくたくさんのコミュをアニメでもやりたい
で、出した答えが複数のコミュをまとめたうえで2話構成にして
伏線を怒涛のように回収することで、各々のコミュがあっさりめでも濃い話にすることだったと
ほんとアレンジ力に長けたスタッフに恵まれたなあ

もう空っぽじゃなくなったからなw

主人公がナイスガイすぎる。そのうえ面白い奴だし。
ツッコミどころはあっても文句のつけどころがないww

本当にサブコミュをよく纏めたなぁ
これはスタッフの力ですね
しかしお婆さんの若い頃美人過ぎないか?
 
出店のシーンで背景にゆきのらしき人物が居た(スタッフの遊びだろうが)もしかしてこの先にもこういった形で旧キャラ出るのか?

爆釣ワロタwww

小ネタも色々混ぜてるしスゲーうまく纏まったよな、これ

前回と今回やばいくらい面白かった!
伏線が回収されていくのが見てて気持ち良かったし、ストーリーもいい話で泣けてきたぜ。
主人公の朴訥としたキャラもいい味出してるし、この2話が収録されてるBDだけでも買おうかと思うぐらいだわ。

爆釣セットと部分で原作組がビビる伏線がまた張られたなww

後半のマフラーと氷は奈々子のおかげだったのね
ホントよく繋げたね

菜々子で始まり菜々子で終わる

素晴らしい回だったスタッフありがとう!

通販番組も怪しかったが商品の爆釣セットも怪しすぎるwww

今回消化したコミュの内容はだいたい合ってるのが凄い

次回ついに修学旅行回かww
アイギスとかもちらっと出てくれないかなー

クオリティが高い。スタッフの原作愛が深い。

※8
YOU全巻買っちゃいなよ!

尺が足りない事を逆手にとって敢えて2回にわけ、菜々子の萌え成分強化しつつ番長のハイカラキャラの確立とコミュ進行&伏線消化を一気に繋げきる卓越した構成。まさに妙技。至高。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/464

トラックバック

» ペルソナ4 第14話 「A Stormy Summer Vacation 2/2」 from SERA@らくblog
▼ ペルソナ4 第14話 「A Stormy Summer Vacation 2/2」  続きを読む

» ペルソナ4 第14話「A Stormy Summer Vacation 2/2」感想 from 空色きゃんでぃ
みんなの願いを叶えるコン(o`Å´)ノ。o+゚ なにこのナレーションw 魔女探偵ラブリーンとネオフェザーマンをかけた戦い! 家庭教師に学童保... 続きを読む

» (アニメ感想) ペルソナ4 第14話 「A Stormy Summer Vacation 2/2」 from ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
「ペルソナ4」オリジナル・サウンドトラック(2008/07/23)ゲーム・ミュージック商品詳細を見る ひょんなことから家庭教師のアルバイトを始めた悠... 続きを読む

▲上に戻る