僕は友達が少ない 第11話 つまりショート夜空VS肉のおっぱいって事か。

20111216_1.jpg
個人的には後者一択ですが。
そんな訳で水着回ラッシュは終わり最後に向けてまとめて来た(?)「僕は友達が少ない」第11話。



さて、長く続いた水着回ラッシュも終わり(まだアイキャッチは例外)、今回は夏祭り回となりましたが。
これで第0話でやってた妄想イベントは消化した事になるのかな。闇鍋はもうやらなくても良いし(笑)。

せっかくの夏祭りだから、という事で皆で浴衣になる訳なんですが、夜空だけは頑として私服のまま。
どうでも良いけど何故に夜空は私服の方が水着よりも露出度高いんだろうな・・・・・基準が分からん。

そういえばコミケネタの所で俺妹のキャラが後姿が登場してましたが、まあ大して珍しくもないネタか。


そして夏祭り会場へ。たこ焼き云々はさて置いて、ここでも店の迷惑になりつつ張り合う夜空と星奈。
何だかんだで楽しんだ後で花火が夜空の髪に引火してしまい、夜空にバケツの水をぶっかけて終了。

また微妙な雰囲気に・・・・・と思ったらここからが急展開で、夜空がショートカットになって学校に登校。
その夜空を見て小鷹はソラを思い出し、HR中にも関わらず見詰め合う二人・・・・・何だこの展開(笑)。

いきなり夜空押しになられても、別に夜空の好感度が上がったという訳でもないんだよなあ。うーむ?

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

コメント(20)

アニメの方は原作と違って夜空の心理描写が殆どないから唐突に感じるんだよね
夜空の私服のチョイスについても後で語られてるんだけど、アニメはその話までは行かなそうだ

あいかわらず早いな

設定的に夜空をメインヒロインで押したいんだろうなとは思う
別にそれはそれでいいけど、メインに据えるならもっと夜空に対して視聴者が好感を持てるようにして欲しい
話数的に無理でしょうが

なんだこの駆け足展開…たまげたなあ
尺が足りなかったんですね、わかります

夏休み終盤で気まずくなる

音信不通の中、新学期開始。髪をバッサリ切って主人公を見るなり涙目で見つめてくる。

どんなメンヘラだよ…
髪は燃えちゃってるから仕方ないが。

確かに夜空好きになる経緯が薄いよね・・・。
なんかもうちっと肉と夜空の取り合いの過程書いて欲しかった。

髪が焦げた夜空を見て某恥ずかしいセリフ禁止の人を思い出しました。

作者がマブ達同士なんですよ俺妹と

一番上に夜空のショートの絵を置かないで欲しかった

ん~ガチエロでもなくシリアスでもなく
ギャグにもなりきれてないんだよな・・・

2クールあればとも思うが確実にダレるし・・・
本当に勿体無いアニメだ

ラノベとアニメでの夜空の印象が全く違うんだよな~

来週あっさり「ソラだったんだー。  ..で?」と流しそうな予感

次回予告の肉の発言がだいたいあってる。
毎回夜空が雰囲気悪くするんだよな…

原作だと肉も笑えないくらい酷い描写があって、
結果それが夜空の酷さと合わさって初めて笑いに繋がってる所が
アニメだと夜空の悪い部分のみ強調、改変して更に悪くしたりして
肉のとこは全面カットされてるから一方的に肉が持ち上げられてる状態になってる

夜空⇒昔の親友
肉⇒現恋人
っぽい立ち位置で収まるのか??
でも、親友があこまで性格悪くなってるとかなりショックよな

マリアがバカ可愛いすぎる

おれいもの方が数倍面白かったな…

不良と目されている男と、孤独な女子がHR中、急に見つめ合ったり何か呼び合ってたりしたら、教室の中は「??」とならないのか。

・・(変なサークル作って、可愛い女子を集めてハーレム状態のくせに、教室で恋人ラブラブごっこ、てなんだよ!)
と、本当に友達が少ない奴が怒るぞ、普通なら。

あと、夏も終わったが、マリアの食費は誰が負担していたのかな?
まさか幸村の自腹?だったら可哀想すぎるが。

>>18
>あと、夏も終わったが、マリアの食費は誰が負担していたのかな?
>まさか幸村の自腹?だったら可哀想すぎるが。

小鷹が負担しとるよ。
正面からお金返すと受け取りを拒否られるので
こっそり見えないとこで財布にお金を入れてあげてる。

やっぱ心理描写がメインな小説はアニメ化には向かんな

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/421

トラックバック

» 僕は友達が少ない 第11話「女子は浴衣姿がな、超可愛い(゜∀゜)」 from SERA@らくblog
▼ 僕は友達が少ない 第11話「女子は浴衣姿がな、超可愛い(゜∀゜)」  タコ焼きのためなら しょうがないなぁ〜。 そんな理由で夏祭りに行くことに... 続きを読む

▲上に戻る