境界線上のホライゾン 第10話 盛り上がって来たな!百合的に!

20111206_1.jpg
相変わらず力の入れ所が読めん。
そんな訳でラストに向けて一直線って感じですが百合百合してた「境界線上のホライゾン」第10話。



さて、という事でホライゾンの救出に動き出した武蔵の面々。トーリは相変わらず馬鹿やってますが。
最初に活躍するのはアデーレだったんですけど、成る程、映像化したらこんな感じになるのか(笑)。

映像化したらどうなるのかなあ、と思う所も多かったんですが集団での陣形戦は・・・・・・何か微妙?
まあやっぱり武蔵さんとか巨乳ズドン巫女とか、派手な方に惹かれてしまうのはしょうがないよね!

落とした戦艦から飛び立った武神を迎え撃つのはマルゴットとナルゼだった訳なんですが・・・・・・。


何か変身シーン来たー!?

原作読み返してみると確かにそれっぽいシーンがあったんですけど、ここに力を入れてくるのか(笑)。
ロボットだの魔法少女(魔女)だのごちゃ混ぜ世界観だから好きな物に力入れれるってのもありそう。

でもぶっちゃけ今の所一番格好良いのは三征西班牙の武神かな。何か凄い力入ってるよね、あれ。


魔女っ娘バトルに対してのやる気は凄く伝わってきましたがちょっと尺が長すぎたような印象が(笑)。
結局最後の百合に持っていかれちゃう訳だし・・・・・って、持ってかれたのは自分だけじゃないよね?

ネイト参戦の所までやるかと思ったけど上記の通り、魔女っ娘バトルが長かったので次回へお預け。
まあ焦ってはいけないな、ステイステイ。それにしてもネシンバラは輝きまくってたな・・・・・眼鏡が!

次回も期待ですが、とりあえず予告でチラっと見えた教皇の「貴様あ―――!!」はネタ的に楽しみ。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(16)

あ、こいつらってやっぱり百合なんだって思った回だった。

トーリはトーリなんだなとwww

アデーレ頑張ったのに・・・。あんなに頑張ったのに・・・。
我慢宣言したのに・・・。
魔女っこより画像少ないorz

双嬢は百合やない、ガチレズや・・・

今日一番格好良かったのは箒だった罠w

ストーリーは好きだがキャラがなんともやや古い感あるせいでイマイチ…

カッコイイんだが若干テンポが悪いな
なぜか攻撃するの待ってたり

戦闘シーンは確かに格好いいけど、正直敵が無能すぎだろこれwwww

なんかギャグっぽく戦争してるけど、人死ぬよねこれ、銃撃とかしちゃってるし。ただ、なんか実感持てないんだよね。実は大丈夫だったりする?

>>何か変身シーン来たー!?・・・・・・ここに力を入れてくるのか(笑)。
問題は、DVD/BDで変身する際に見えるかどうかです!


トーリって、先週 一人で乗り込む気だったり、今回も先陣切ったりと、もしやかなり凄い奴なのかと一瞬思ったんだが・・・・・強いかどうか以前に、役に立つのコイツ?
妙な人望だけは何故かあるだけ主人公に思える。特攻タイプなり支援タイプなり指揮タイプなり、なんか能力ないの?

あとラストでネイトが「今 参ります、我が王!」って言ってたけど、「我が王」ってだれ? ホライゾン?

※9
防護術式とかあるし、直撃=致命傷というわけでもない
まぁその防護が切れた状態で食らえば負傷なわけで、大丈夫とも言い難いけど
ギャグっぽく戦争やってるんじゃなく、戦争にギャグが混じってるという方が正しいかも
ので、普通に人死にも出るよ
名有りの人物も死ぬ時は死ぬのが川上作品の特徴

※10
トーリはこの戦闘の土壇場で活躍するのでご心配なく。特殊型だけど
信仰してるのが姉の喜美と同じく芸能神ということだけは言っておく
先陣切ったりするのは、馬鹿だから。良くも悪くも馬鹿なのがトーリ

ミトっつぁんの『我が王』はトーリなんだけど、その部分切られたからなぁ……
原作だと武蔵騎士代表としての相対で理由が語られるんだけど……

>>ミトっつぁんの『我が王』はトーリなんだけど
「トーリ=我が王」なのに、セクハラされたら ぶん殴るとかいいの?
王を殴っちゃ駄目でしょう、何をされてもひたすら我慢しなきゃ・・・・・

・・・・・いいのか、大奥じゃねぇんだから。
なんで、将軍(王)から女性への無理やりなシーンありまくりなのに、アレが普通に9時に放送されるのか、未だに謎だ。

※12
むしろ物理ツッコミを食らわないトーリなんてトーリじゃねぇと思ってる
ボケ術式で大概のツッコミはノーダメだからこそ安心してミトもツッコミできるわけだが
ミトの腕力ってトン単位だからな……
シロジロが金の力で得た膂力を、生身で出せると思ってもらえれば

ミトっつぁんって、あの容姿と体型でまさかのパワータイプなの?

>>妙な人望だけは何故かあるだけ主人公に思える。
あれじゃね?劉邦とか釣り馬鹿の浜ちゃんみたいな
仕事はさっぱりだが部署の中の潤滑油みたいな・・・
要所要所でメンバーの背中を押しているから居ないと色々人間関係で面倒が起きるみたいな・・・
現状こいつ自体が半ば厄介ごとだけど

※14
人狼と人間のハーフ。多数いる異族の中でもいいとこ食い込むパワータイプ
ミトは11話で本格的に戦闘するからそこで分かる
生まれや人狼という種族についての詳細は三期を待つべし
我慢出来なかったら原作読んでもいいよ!いいよ!

ちなみにホラ世界の人狼は『狼になる人間』というより『人の姿を持った狼』で、
優れた嗅覚や頑丈な肉体を持つ異族
『半狼』って異族もいるけどそっちは違う種族。二期で出るはず

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/406

トラックバック

» 境界線上のホライゾン 第10話「スタートラインのラッパ吹き」 from SERA@らくblog
空翔ける魔女たちと鉄壁鎧娘(笑) さぁ、討論終ってついに戦闘開始です! サンライズの面目躍如♪ この映像は他でちょっと作れないですね。 画面から楽し... 続きを読む

» 境界線上のホライゾン 第10話 感想 from 荒野の出来事
 境界線上のホライゾン   第10話 『スタートラインのラッパ吹き』 感想  次のページへ 続きを読む

▲上に戻る