ギルティクラウン 第7話 しかし何かと露出度の高いアニメである。

20111126_1.jpg
まあ今週は皆そうなんだけど!
そんな訳でお風呂なり水着回(これは次回?)なりの流れはまだまだ続く「ギルティクラウン」第7話。



さて、前回の涯が嘘界少佐に提示した取引により再び学校に通う事が出来るようになった集ですが。
この期に及んで学校に通う必要性があるのか分かりませんけど、まあ祭とかを出すためには必要か。

しかしパーツが何かとコードギアスに被ってる気がするのはいい加減気のせいではないよなあ・・・・・。
それともまだこれもテンプレの一部だと思っておくべきなのか。脚本や構成の印象は全然違うけどね。

物語の核心に近い人物と思われる集の母親も出て来ましたが、これまた随分とお若いママンですね。


今回の内容もいつものお約束パターンですけど、何故ヴォイドを取り出す時の喘ぎ声をカットしたし!
あと計画通りっぽいノリではあったんですが結局ヴォイドは現地調達だし出たとこ勝負の話だよね?

集はすっかり涯と分かり合ったような態度なんですが、この馴れ合いはどうにもしっくり来ないよなあ。
いのりの事も完全に割り切ったんだろうか?まあここまで露骨だとやっぱりどこかで裏切り展開かな。

供奉院先輩はちょろい・・・・・ちょろ過ぎるぜ。涯の目的は実はこっちだったんじゃと疑いたくなる(笑)。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(6)

それはそうと左上wwww

まーたガイの作戦通りでしたってオチにしたかったんだろうけど
会長のヴォイドなかったら詰んでただろこれ…

そもそもミサイル以外にも船を攻撃する手段はあるわけだし
武装集団に襲撃かけられた時はどうしていたのかと小一時間問い詰めたい

俺妹がマクロスFになったw

あれだけやっといて学校(日常)に戻ろうとか、集は覚悟が無さ過ぎる。
何かきっかけが必要なんだろうけど、今のところ受動的過ぎて魅力を感じられない。

今週は吉野脚本じゃなかったからこれまでに比べたらかなりマシに見れた

もうガイさんの作戦にはイチイチ突っ込むのもアホらしいので
ギルクラはこういうものだと割り切って見るしかないね

このアホ司令官横にすれば当たるってw
普通に対艦ミサイル打てよ・・・。

集自身にも何か秘密があるみたいですね。
しかし、最後に写真に写ってた女の子は、アネモネ(エウレカ7)にそっくりですね。
矢張り、何年か前にヒットしたロボット系のコピーという路線なのか。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/390

トラックバック

» ギルティクラウン 第07話 感想 from 荒野の出来事
 ギルティクラウン  −GUILTY CROWN−  第07話 『輪舞 temptation』 感想  次のページへ 続きを読む

» ギルティクラウン 第7話「輪舞 temptation」 from SERA@らくblog
船上(船上)のワルツ…誰がうまいこと言えと(ぉ) 集はまだ学校に戻れるんですか(^^; 嘘界が取引で誤魔化したんですかね。 ▼ ギルティクラウン... 続きを読む

▲上に戻る