ギルティクラウン 第6話 いのりの胸からナニかとても大きなものが!

20111119_1.jpg
その、とても・・・・・・大きいです。
そんな訳で一応プロローグというか序盤のクライマックスっぽい話だった「ギルティクラウン」第6話。



さて、まずはルーカサイトの攻撃を受けつつも、涯は一人だけかすり傷程度で帰還していた所から。
まあ涯だけその程度で済んだのはちゃんとした理由があって、集以外はきっと皆知ってたんだよね!

一方、ヘタレなのか度胸があるのかよく分からない集のKY発言に対し、すぐにフォローに入るいのり。
あ、集のではなく涯のね(笑)。前回は「近寄らないで」とか言ってましたけど涯のためなら、って事か。

コロッと態度変える集も大概ですが、さすがにわざとらし過ぎるので涯といのりの自演を疑いたくなる。


ともあれ作戦開始。いつぞやの皆殺しのダリルくんの姿もありますが、愛機を奪われご立腹の模様。
しかしヴォイドの取り出しや今回の城戸とか見てると思うけど、やっぱり女性受けも狙ってるのかね。

作戦は順調に推移するものの、ダリルくんがやらかしてくれたお陰(?)でルーカサイトの一機が落下。
そこで涯は嘘界少佐に取引を持ちかける訳ですが・・・・別にGHQ側は応じる必要も無かったような?

ペンの機能バレにしろどうにも話が上手く行き過ぎるので、もしかすると全員裏で繋がってるんじゃあ。


・・・・・というのは考えすぎかな。とりあえずルーカサイトはいのりから取り出したチートヴォイドで破壊。
城戸のヴォイドと合成されたような演出にも見えたけど、単にいのりのヴォイドが変化しただけの話?

どうやらいのりの中に集の過去回想で登場した少女がいるらしく、GHQ側の狙いも彼女にあるっぽい。
いのり自身は集はさほど興味はないけど中の人は別って事か。それなら納得できる所がなくはない。

嘘界少佐との取引のお陰で次回から集は再び学校に戻るらしいですが、戻る必要はあるんだろうか。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(7)

涯さん衛生からのビーム受けても生き残れるし
生身でエンドレイヴも倒せるしもう全部涯さん一人でいいんじゃないだろうか?

まあまだ色々裏があってもおかしくないような描写してるからその辺に期待
というかもうそれくらいしか期待できそうな要素残ってないですね

集は好きになれんが可哀想になってきた

涯『ん?その気になれば何時でも敵組織をを殲滅できるんじゃないかって?・・・だが断る!』

前回の特訓の成果はあったのか?

>城戸のヴォイドと合成されたような演出にも見えた

この辺がはっきり分からなかったんですよ。
城戸の射撃+重力制御にいのりのチートのプラスされたという事なんですかね。

>再び学校に戻るらしいですが、戻る必要はあるんだろうか。

幼なじみさんや眼鏡さんのキャラ立てのため、なのでは。

と言うか、次回は、あのチートビームで、敵の本部を狙い撃つぜ!
という展開の方が自然ではありますね。

まだまだ長いんだ
主人公はここから頑張ってくれると期待しよう

アネモネにしか見えない

もう6話なわけだがキャラと名前が一致しない・・・
いまだに中の人で判別してるんだが・・・・・俺だけ?

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/380

トラックバック

» ギルティクラウン 第6話「檻 leukocytes」 from SERA@らくblog
主人公補正でルーカサイトの砲撃からも生きていた涯(^^; ルーカサイトによる檻が日本を囲む前に作戦の決行を言いますが。 信じれない集は反発…。 ... 続きを読む

» ギルティクラウン 第06話 感想 from 荒野の出来事
 ギルティクラウン  −GUILTY CROWN−  第06話 『檻 leukocytes』 感想  次のページへ 続きを読む

▲上に戻る