境界線上のホライゾン 第6話 トーリはオパイした、と巨乳巫女は記しました。

20111108_1.jpg
まあ実に的確な文言だけどね!
そんな訳で前回までが前半戦、そしてこれからが後半戦に突入の「境界線上のホライゾン」第6話。



さて、ホライゾンの様子はひとまず置いといて、まず触れておくべきは立花夫妻のイチャイチャぶりか。
プレイ内容についてはとやかく言いませんが全裸で抱きつくのは絵的にちょっとどうかと思ったよ(笑)。

元信公がやらかした一件で松平家は元より武蔵も微妙な立場に追い込まれてしまった訳なんですが。
教皇は最初そんな印象良くなかったけど、後々(むしろすぐ?)何か憎めないおっさんになるからなあ。

ちなみに正純のシャワーシーンがありましたが、やはり乳があろうがなかろうが女性なら修正確定か。


一方、武蔵の面々はというと・・・・・巨乳巫女こと浅間・智が一人だけ変なテンションになってました。
このキャラで通すなら神道ガッデムぐらいは言ってくれそうだけど今後もネタ的に期待しておこう(笑)。

浅間のせいでおかしなテンションになってしまいましたが、鈴のお陰で真面目なムードに戻りました。
まあ、トーリがまた馬鹿やって台無しになるんですけどね!これは好き嫌いが出そうな所なんだよね。

ところで鈴には胸揉み修正がなかったけど、胸のサイズの問題?ネイトとの差は一体どの位なんだ。


最後におまけで浅間が書いた「走れエロス(仮)」の大きめ版をば。しかし川上さんはノリノリだなあ。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(12)

胸の修正は、自分か揉みにいくかそうでないかだそうです

ちっこい巫女ちゃん凛々しくなってたな
第一話で約束してた朝夕のお祈り2時間追加と
お供え物もいっぱい食べられたのかな

巫女さんキャラ壊れすぎw
あと、杉田が真面目キャラやるとなぜか吹くw

たぶん胸の修正は男からモミにいってるか否かの違い

今回は揉まずにタッチだけだから修正なしとか?
もしくは自分から触るのがアウトとか

やっぱり主人公とキャラデザが受け付けない
話自体は好みなんだけどなあ

主人公かっこよくなるって聞いたけどこっからなのか?
おにゃのこかわいいから見続けるけど

>>2
あの面子の中の数少ない常識人とでも思ったか?
ある意味一番アレなキャラだよw

>>6
大事な場面では不可能男なりにカッコよくなる
しかし文中で「全裸」と表される方が多いような奴だからそのつもりで

むしろあのシーンで修正とか無粋すぎだろ。

ここ2回ほど面白い
この調子で頑張って欲しい

オープニングのトーリはでかい屁をこいているように見えるのは俺だけか?

>オープニングのトーリはでかい屁をこいて・・・

やめろ!wwwww
あれはすっげぇ大変な設定の下で発動するものなんだぞ。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/367

トラックバック

» 境界線上のホライゾン 第06話 感想 from 荒野の出来事
 境界線上のホライゾン   第06話 『告白場の代弁手』 感想  次のページへ 続きを読む

▲上に戻る