ギルティクラウン 第3話 教訓、同級生の胸を揉むのは止めましょう。

20111103_1.jpg
まあ当たり前の事なんですが!
そんな訳で何かと胸が揺れたり揉まれたり忙しいような気がしなくもない「ギルティクラウン」第3話。



さて、話は前回最後からの続きで葬儀社の誘いを断った集のクラスにいのりが転校してくる所から。
前回有名人の筈なのにクラスの反応薄いなあ、と思ってましたが単に気付いてなかっただけなのね。

今回は集と葬儀社が一緒にいる所を目撃した人物を天王洲第一高校から探すという展開でしたが。
しかし集はともかく、いのりは完全にGHQに面が割れていると思うんだけどそっちは良いんだろうか。

ちなみに前回のご都合にも思えた作戦は、涯は他人のヴォイドが分かるという事でひとまずは納得。


とりあえず手当たり次第ヴォイドを取り出してみる事にした集でしたが、一発目でいきなりパイタッチ。
その後の展開は自業自得なんですけど、むしろ「言ってくれれば・・・・・」の方にツッコむべきだろうか。

というかパイタッチはさて置いて、手当たり次第ヴォイド取り出すのはさすがにどうかと思ったよ(笑)。
パイタッチがすぐ広まったように絶対目撃者出ると思うんですがそれにも何か理由付けするのかな。

最後見事に裏切られた所でちょっと笑ってしまったけど、まあこれも涯の予想のうちなんだろうねえ。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(5)

>手当たり次第ヴォイド取り出す

一人が同時に装備?できるヴォイド数に上限はあるんでしょうか。

>まあこれも涯の予想のうち

と言うか、集にしても、普通の生活に戻れると本気で考えていたんですかね。

↑そういう危機感の欠如した現代っ子代表っていうことにして納得している

前後の記憶無くすとか、ほんとギアスだなw

やってることも結果も違うけど
どうしても偽りのクラスメイトとかぶるな

管理人さん一週遅れてないか?

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/358

トラックバック

» ギルティクラウン 第3話「顕出 void-sampling」 from SERA@らくblog
ヴォイドは 人の心にあるものを現すもの? いのりが転入して来て 困惑の集。 自宅にまで介入してきて、集に接近させて落とせって作戦なのかなw ▼ ... 続きを読む

» ギルティクラウン 第03話 感想 from 荒野の出来事
 ギルティクラウン  −GUILTY CROWN−  第03話 『顕出 void-sampling』 感想  次のページへ 続きを読む

» ギルティクラウン 第03話 感想 from 荒野の出来事
 ギルティクラウン  −GUILTY CROWN−  第03話 『顕出 void-sampling』 感想  次のページへ 続きを読む

▲上に戻る