マケン姫っ! 第4話 水着回の後はひたすら下着回。但し貧乳に限る!

20111026_1.jpg
何かもうコダマだけでお腹一杯。
そんな訳で水着回が終わったら下着回(というかこれは毎回か?)となった「マケン姫っ!」第4話。



さて、という事で今回は下着回。
第1話からの流れを察するにこのアニメでは下着と言えばコダマ(?)みたいなのでコダマ尽くしです。

前回はおっぱい水着回だったので立場が無かったんですがその鬱憤を晴らすかのような脱ぎっぷり。
第2話ほどのムチムチっぷりは良かったけど、やっぱりこのアニメはおっぱいよりお尻の方が良いな!

修正が入ったり入らなかったりというのが煩わしいですが、最近ではまだ良心的な方・・・・・かなあ?


このアニメのおっぱいは正直あんまりリビドーを感じないというか・・・・・修正は緩めなんですけどねえ。
巨乳は前期の魔乳からの流れで見慣れてるし、今期はホライゾンもあるので食傷気味かも知れない。

あ、話自体は一言で言うと冴えない主人公が秘められた力で活躍してモテモテという内容でした(笑)。
最後にコダマがタケルにキスした時は他のイナホ達程じゃないけど、えー・・・・・っていう感じだったな。

まあ分かり易いと言えば分かり易い話ではあるので、要は何目当てで見るかが重要という話ですね。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

コメント(4)

パンツに入る光の修正が超局所的なために、かえって淫靡な感じになっとるw
昔のエロ本の修正みたい。

タケルの覚醒後は声までイケメンになってるのに笑ったw
少しデレたコダマも可愛いかった。

その「えー」感がしばらくずっと続くのがこの作品なのでガマンをするしかないのです

コダマは未だに主人公を殺そうとしたアブナイ人って印象が抜けない・・・

クリック拡大に期待したのは俺だけじゃないはず

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/349

▲上に戻る