ギルティクラウン 第1話 つまり厨二病詰め合わせ+おっぱいだな!

20111015_1.jpg
映像的なクオリティは前評判通り。
そんな訳でよく分からない部分も多いけど勢いはあった気がしなくもない「ギルティクラウン」第1話。



さて、今期は少なめ(?)な感じのオリジナルアニメ枠の中でも割と気になってた「ギルティクラウン」。
オリジナル枠は気になるので「ラストエグザイル-銀翼のファム- 」の第1話もフォローしておきたい所。

ともあれこのアニメですが、ノイタミナにしては何だか珍しい雰囲気とノリの近未来ファンタジーよね。
ロボットアニメ(と言えるかは微妙ですが)とか前にあったっけな?近未来ファンタジーはあったけど。

第1話だからって事もあるでしょうが、クオリティは高いしキャラも美形揃いで見栄えとしては悪くない。


ただ、話はどこかで見たような厨二病要素を集めただけのような感じに見えるのが気になる所かな。
主人公が最初からヘタレ気味かつ厨二病っぽいのも気になる。まっすぐ成長してくれるなら良いけど。

「王の力」でギアスを連想したけど、回想とか見ると「デッドマン・ワンダーランド」みたいな感じもする。
というかまんまな気も(笑)。集は(都合良く)記憶喪失みたいですけど涯は集の事を覚えてるのかね。

何にせよオリジナルアニメという事で期待値は上がってしまいますが、期待に応えてくれるかどうか。


とりあえずいのりのおっぱいには注目です。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(14)

正直期待しすぎたかな……

スタッフ的には悪くない。
これからに期待。

今期のセイクリ枠!・・・と、言ったら失礼だろうか(どっちに?)

個人的な感想

作画レベルは高いが真新しさに欠ける『準』質アニメ

最初はよくある感じな展開、2クールみたいだからここからどうストーリーを転がすのか期待しておく。
ロボットは現状だと、ポンコツしか持ってないみたいだから白い奴くるまで目立たなさそうだ。

セイクリッドセブンと同じ感覚で見ればおk?

シャイニングウィンドの心剣まんまだなと思った
でもおぱーいがいっパイ見れたのでよし

そうかデッドマンワンダーランドだ
何か似てると思ったら
他にも色々あるけど一番それがそうだうん

BALDR SKYっていうゲームに似てる気がする

女の子を捕まえた連中がヌル過ぎだろ。
ブツの捜索も身体検査もせず、主人公を放置。
拷問もせず半端な拘束で逃げられるし。

もうちょっと工夫して欲しいな。作品のクオリティーを疑ってしまうよ。
理由があってわざとやってたんならゴメンだけど。

作画は凄いよかった。
話も酷評される程悪くはなかったけどな。今の所は良くも悪くもよくある厨二病アニメって感じ。
フラッシュバックのシーンだったり、今後いろいろと明かされた時にどうなるか・・・かな?
とりあえずはいのりが顔面蹴られた時のおっぱいが素晴らしかった。

てか、話はどこかで見たような~って、そうじゃないアニメなんか最近あるのか?

各種設定、1話の展開ともかなり「コードギアス」に似ており、そこに「セイクリッド セブン」が適当に混ざった感じですね。

あと、世界観は前の枠で放送の「UN-GO」とかなりかぶってますし。

当座は視聴継続ですが。

見たみたらマチアソビでプロモ流れてた奴だったw
内容はよ~分からなかったなぁ~。
ただ映像のクォリティは凄かったのでぼちぼち期待かと・・・。

王の力以前にあそこのセリフ全部がC.Cと契約するときのセリフと完全に一致してたわwww

PV見た時点でギアス思い浮かんだから期待して見た
正直ギアス1話のような高揚感は無かったなあ
これからに期待

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/334

トラックバック

» ギルティクラウン 第1話 遂にファイナルファンタジーがアニメになったか。 from めもり〜る〜む
■ギルティクラウン 遂に始まりました、ノイタミナの最終兵器となるのか!?「ギルティクラウン」。                  以前か... 続きを読む

» ギルティクラウン  第01話 感想 from 荒野の出来事
 ギルティクラウン  −GUILTY CROWN−  第01話 『発生:genesis』 感想  次のページへ 続きを読む

» ギルティクラウン [ GUILTY CROWN ] 第1話「発生:genesis」感想 from 空色きゃんでぃ
人はなぜ傷つけあって争うのでしょう? 歌姫だ〜(*´ω`*) 近未来?タチコマ? キレイな絵だ〜(*´ω`*) 10年前、アポカリプスウィ... 続きを読む

▲上に戻る