凄まじい最終回だった BLOOD-C 第12話 他 - 10月1日のニュース

▼ニュースとか
■劇場版 「BLOOD-C」 2012年6月2日(土)公開!告知ムービー公開!
■TVA 「キルミーベイベー」 公式サイトリニューアル!
■TVA 「Fate/Zero」 7陣営オリジナル番宣CM 『遠坂時臣・アーチャー陣営』 公開!
■アクアプラスの大人気ゲーム 「ToHeart2」 待望の新作OVAシリーズ始動!OVA 『ToHeart2ダンジョントラベラーズ』 Vol.1 2012年2月22日発売予定!
■Key 「Rewrite Harvest festa!」 ティザーサイトオープン!
■Leaf 「WHITE ALBUM2 -closing chapter-」 正式サイト公開、OPムービー公開!
■Ωstar(オメガスター) 「美少女万華鏡」 シリーズサイトオープン!
■TEATIME 「らぶギア ~Kinematic Lovers~」 特設ページオープン!
■bootUP! 「LE02B」 ティザーサイトオープン!

▼イラストとか
■clestaさん 日記にタイバニ本表紙絵でブルーローズ。ああ、ホールドってあのネタか(笑)。
■カタミチキップさん 日記にひなた&小鳩。成る程、つまり来期もロリコンは安泰という事ですか?
■ヨロコビの国さん 日記にラブプラスより寧々さん。ゲーム買ってないからか何の事だか分からない。

▼雑記とか
20111001_1.jpg
BLOOD-C 第12話。予想通りと言えば予想通りなんですが凄まじいまでの投げっ放しぶりだったな!
最後とか単なるパニックムービーと化していましたけど、あまりにシュールな光景過ぎたんだぜ・・・・・。

劇場版の前日譚となる話の筈が、劇場版がこれの続編か・・・・みたいな印象になっちゃった感じかも。

コメント(18)

四月一日は一体何処で傍観してたんだろう・・・

あと、全然関係ありませんが(あえて言うなら声優繋がりw)ぬらり14話は7話以来のサービス回ですよ管理人!

まさにBLOODの名に相応しい血まみれの壮絶な最終回だった。
小夜の父親が死ぬところではちょっと感動。涙が出そうになった。
偽りの父親役だったけど、いつのまにか本当の娘のように好きになっていたんだねえ・・・。

幸せだった日々が全て破壊された小夜の心情を思うと忍びない。
けれど最後は再び走り出すところが良かった。
映画の内容も気になる。

モザイク掛かってるとは言えこの残酷さは地上波で放送しちゃだめでしょ
大勢の人間をミキサーにかける所はさすがに引くわ。
このアニメが原因で規制強化にならないことを祈ります。

一応の最終回に修正だらけって・・・
しかしこれで劇場版を見に来てくれって調子よすぎでは?
 
それにしても住人全員惨殺できていたのか?
小夜が本体倒した時に絶対生き残りがいると思うのだが・・・

1クールかけた映画の予告だったね(笑)

xxxHOLiCまたアニメでやってくれないかな
今回のBLOOD‐Cも直接絡んでいいからというか四月一日に依頼したのは誰?(侑子戻ってきたのか?)
 
しかしこれBDとか売れるのか?
前作プラスは後半弛み過ぎて面白くなくなったし今回は劇場版があるとはいえ説明不足
そうなると一番最初のラストヴァンパイアが一番面白かったか

パニックムービー(笑)
確かにその通りだった、インパクトは十分だったっけど・・・

正直な話、最終回見て劇場版見に行くことちょっと考えた。


>>4
逃げようとした住人は町を取り囲む柵の外から兵士に撃ち殺されていたような。
全員、約定により古き者の餌になったか口封じされたのでは。

>>6
喋る犬に願ったのは、記憶を消されても自分のままでいたいと望んだ小夜自身か?
その代価は、人を餌に出来ないという精神的な縛り?

地方によって修正具合が違うみたいですね~
関西では目を撃たれたシーンは、頭部まで吹き飛んでるのが分かるんですが・・・

兎に食われてる人間が会田誠みたいだったなあ

よくあるB級ホラー映画的なモノだったと思えば納得できる
グロとかショッキングというよりシュールなギャグ

人間をミキサーにかけるシーンは本気でドン引きした
なんでこんなの作っちゃったんだ…

てっきり若手の監督とかが若さ故の暴走で厨二病全開させたのかと思って調べたら、これイカ娘と同じ人なんだね。
まぁ監督一人だけで作品が決まるわけじゃないだろうけど、あのカワイイミニイカ娘を作り上げた人が片やこんなドン引きモノもやってるってのは凄いというか複雑だわw

グロに付いては「売り」の一つと考え置いておくとして、思ったよりは無難に纏まった観はありますね。

ただ、映画で続きを見たいかと言うと…

あと3話早く謎解き編に入っていれば評価ががらり変わっていたかも……と思わないでもない。

前半じらしすぎ、後半詰め込みすぎでしたね。

喰われるってだけ食物連鎖は伝わる
スタッフは遊んでひとを殺してるだけ!!!
戦闘中に不自然に粘着するのにも吐きそうになった

それに謎が偉そうに隠すほどか?
種明かしされても「あっそ」程度
スタッフはどこに力をいれてるんだ
あっグロか

八頭身の白兎のような古き者のデザインは最後の捕食シーンがシュールなものになるように
計算してのものではないだろうか。
それが逆に古き者達の恐ろしさとそれを理由しようとする人間の滑稽さや愚かしさ、残酷さを
際立たせていたように思う。

元ネタは地獄絵図らしいな

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/315

▲上に戻る