輪るピングドラム 第11話 もしかしてかなり危険なネタのアニメなのか。

20110925_1.jpg
ストーカー程度じゃ驚けないな。
そんな訳で話が進んでいるのか進んでないのか未だによく分からない「輪るピングドラム」第11話。



さて、前回の病院での一件の後、やっぱり知り合いだったらしく夏芽の家(?)を訪れる冠葉ですが。
夏芽は冠葉と以前付き合ってた感じのナルシスト気味なストーカーでしたとさ。さして驚きもないね!

夏芽と冠葉の会話からある程度の情報は読み取れるも、相変わらず断片的な情報だけ出して終了。
「秘密なんて無い!」とか言うならとっとと喋っちゃってくださいよ冠葉さん、と思わなくも無いな(笑)。

しかし多蕗と苹果の絡みの際の多蕗の行動は、いつもわざとやってるんじゃないかと疑ってしまう。


苹果のプロジェクトMの顛末はさて置くとして、本題は高倉家の過去に見え隠れする16年前の事件。
諸々のキーワードから地下鉄サリン事件をモチーフにしてるのは分かるんですが、直球で来るのか?

だとすると、取り様によっては「生存戦略」は意味深・・・・・というかギリギリなネタのような気もするな。
かといって全く別の事件、とすると単なる話題作りで終わっちゃうし匙加減が難しい。何しろTBSだし。

プリンセス・オブ・ザ・クリスタルの出番も久々だったけど、もっとこっちもピックアップして欲しいよなあ。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

コメント(7)

さすがにもろサリン展開ってことはないでしょうけど・・・大方の予想としては↓

兄弟の両親が出産のために急いで病院へ向かう
             ↓
電車に乗ろうとする際何らかの『人身事故』を起こしてしまう
             ↓
電車が緊急停車した衝撃で苹果の姉が死亡(ペンギンは伏線?)
             ↓
当時は不慮の事後として処理されたが、数年後に事件として捜査が開始される

となると、冠葉達の両親は死亡ではなく『服役中』という可能性もあるわけか・・・。

ずっと弟とリンゴちゃんがラブコメしてるだけで良かったのに

ピンドラはTBSじゃなくてMBSですよー
TBSはアイマスとまよチキだけ

日記の半分をバイクに乗った女に奪い取られた件が夏芽の仕業ではなかったということは、
ピングドラムを求める第三勢力の正体は女優・時籠ゆりだろうか?
それなら今回、苹果に多蕗をくれと言われてあっさり了承したのも
日記の半分は手に入ったので多蕗は用済みということでうなずける。
今までは苹果の行動を常に先回りしているかのような多蕗だったが、
姉の未来日記を失ってうろ覚えの記憶に基づいた苹果の今回の行動は読めなかったのだろうか。
(それで一服盛られた?)
苹果が可愛くなってきたのは嬉しい。

石田の変態ボイスでお腹いっぱいだわw

夏芽の家も両親が居ない?大きな屋敷の割に使用人も居ない様だし、家はあるけど、生活は困窮だろうね。弟マリオも日鞠と同様に死にかけている様だから、全部の生存戦略グループ(今のところ3つ?)はピングドラムを必要とするのだね。

ようやく「謎もの」らしくなってきましたが、まさかモチーフがO事件とは。

16年前の事件も、ピングドラムの奪い合い(による内ゲバ?)が絡んでいるとか。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/304

トラックバック

» 輪るピングドラム 第11話 「ようやく君は気づいたのさ」 from SERA@らくblog
どうして? どうして! あなたは私のなんなのよ――? 高倉兄弟と苹果には意外な因縁があったのですね。 夏芽もまたマリオの命を助けるために日記が必要。 ... 続きを読む

▲上に戻る