神様ドォルズ 第12話 狂犬まひる様劇場が始まったと思ったら終わった。

20110922_5.jpg
顔芸的には扱い恵まれてたね!
そんな訳でまとまりそうに無いのでやっぱり2期前提なのかなあ、とも思う「神様ドォルズ」第12話。



さて、まずは前回の続きで日々乃がどうでも良さ気なサブキャラにレ○プされそうになってる所から。
まあ結局久羽子が乱入して来て事無きを得た訳なんですが、グッジョブなのかは微妙な所です(笑)。

国会議員のオジサンはいきなりトチ狂った挙句フェードアウトしちゃったけど何だったんだろう・・・・・。
まひる登場のための噛ませキャラだったのかね。これで心置きなく詩緒とまひるのバトルに集中、と。

詩緒のカットインはペルソナの「カッ!」を思い浮かべたんですが、まさかパロネタとかではないよな。


詩緒対まひるは思いの他あっさり詩緒が勝ちましたが、むしろ本番はここからって事で禍津妃暴走。
他の隻も戦いますが押され気味・・・・・ってあれ、いつの間にか桐生にもお兄ちゃん大好きフラグが?

それにしてもまひるは顔芸のバリエーションに恵まれてるな。これがウザ可愛いってやつなのか(笑)。
しかし顔芸についてもそうなんですが、妙に画面分割を多用したり漫画的(?)な演出が目立つ感じ。

最後、突如発狂する匡平に禍津妃が「うるさい!」とばかりに一撃入れた所はちょっと笑っちゃったよ。


次回は匡平の俺つえー状態で終了かなあ。2期が無いと完全に投げっ放しで終わりそうだなこれは。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

コメント(12)

村出身の国会議員は国家権力に近い野心家として出してみたはいいが、
あまりストーリー上の使い道がない事がわかって消しました、って感じ。

最後の回想後の、匡平の唐突なキレっぷりは相変わらず怖いw
後頭部に一撃で気を失ってまたも覚醒して来週大暴れだろうか。

最終話のサブタイトル、原作だと過去編のタイトルなんだよね確か

今回の話って純粋に観て楽しむ分には問題ないんですが・・・内容的には主要キャラ全員が標的そっちのけで内輪揉め(しかも私情100%)って最終回直前の内容としてはどうなんだろうか(汗

原作のストック溜まったらまたやってほしいな。


ギャグ顔が多用されてるから
いっそのこと原作完全に無視して
萌えキャラバトルアニメにしちゃった方が良かったんじゃね?
って思えてきた

あと、最終回は「不完全燃焼」で終わるんだろうなwww

>3

というか、この話、内輪同志以外、話の構造上の「敵」となる存在が無いんですよ。

で、結局匡平+ククリ暴走を止めてEND、なんですかね。
2期は厳しい…かな。

そもそもの原作が一応終わりの目処とかたってる状態までいってるんだろうか(すいません、原作未読です)
アニメは楽しみで見てるけど、なんでこれをアニメ化したんだろうって素朴な疑問もある。キャラで売ろうとしてるのかな。

俺個人的にはサンデーGXからはジャジャをアニメ化してほしい。

おまけコーナーだけ放送しないかな

詩緒のカットインはそもそもありがちな演出な気が

待てぇ!待たんかぁ!

が今話題のあれに聞こえたwww

匡平の発狂がやばかった(笑い的な意味で)

主要キャラがとらドラ!以来の情緒不安定っぷりw

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/298

トラックバック

» 神様ドォルズ 第12話 感想 from 荒野の出来事
 神様ドォルズ  第12話 『暴走』 感想  次のページへ 続きを読む

▲上に戻る