まよチキ! 第10話 とりあえずマサムネは毎度脱がされるの図。

20110910_1.jpg
しかし何故マサムネなのだろう。
そんな訳で何故にマサムネがサービス要員確定になっているのか不思議な「まよチキ!」第10話。



さて、まずはゲーム研究会とやらに奏とスバルがやって来て、奏がおっぱい揺らしてる所からですが。
何だこの脈絡の無い始まり方は・・・・・と思ったら今回は近次郎の妹の紅羽の誕生日回だったらしい。

まずはマサムネとナクルに祝ってもらう訳なんですが、ナクルは何というかこう、勿体無いよなあ(笑)。
せっかく良いもの(褐色属性&おっぱい属性)を持ってるのに、腐女子属性で何か色々台無しだよ!

そしてメイド喫茶再び。あの歌はあれか、出るのか知らないですがキャラソンにでも収録されるのか。


しかしこのゲームは酷い・・・・・だがこれを1日で作ったゲーム研究会の連中はある意味凄いわ(笑)。
でも特徴を掴んだ設定にするなら、近次郎を脱がせるんじゃなくて他の娘を脱がせるべきだったな!

今回は妹回だったけど(だったから?)、サービスは薄めで話的にも終始無難に終わった話だったね。
マサムネがサービス要員なのは個人的に謎なんですが、マサムネには脱がしたい何かがあるのか。

やっぱり脱がすなら奏をですね、と思った所で次回は奏回か?さて、期待に応えてくれるのかどうか。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

コメント(3)

原作では、妹に奏がプレゼントとしてゲームを送ってて、それを兄と楽しむ妹のお話だったんですが、無理やり変えまくったんでしょうね。
ほんとは核とかいろいろあっておもしろかったんですが…。

マサ"ムネ"だからさ…

幽霊はスルーされたのだ・・・

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/269

トラックバック

» まよチキ! 第10話 感想 from 荒野の出来事
 まよチキ!  第10話 『いっただっきまーす』 感想  次のページへ 続きを読む

▲上に戻る