神様ドォルズ 第7話 中学生とのにゃんにゃんとガチレ○プとな。

20110818_1.jpg
思ってたのと方向が違ったな!
そんな訳で結構重要かつ重い話になるのかなと思ってたらそうでもなかった「神様ドォルズ」第7話。



さて、今回は一話丸々使っての過去回想となった訳なんですが、とりあえず舞台は6年前の空守村。
問題児だったらしい阿幾が暗密刀を取り上げられ、新任教師の瀬能千波野が赴任した頃の話です。

千波野はどんな重要キャラなんだろう、と思ってたんですが正直そこまで大したキャラでもなかった。
教え子の父兄と関係持った事について語ったと思ったら直後に阿幾と関係持って、いやいやと(笑)。

篤史の嫌がらせも相当陰湿でしたが、一応自分の身から出た錆な訳だし元々軽率な人だったのね。


だからレ○プされても殺されてもあまり心は痛まなかった・・・・・ってのは酷いかな(笑)。でも事実だし。
もうちょっと濃い過去回想になるのかと思ってましたが、空守村のしょうもなさが目立った回だったな。

しかしこれで匡平や阿幾の言ってた「大切なものと引き替えに~」では些か大袈裟過ぎやしないか?
前に匡平が「先生」の名前出されてキレた所が凄く薄っぺらくなった気が。というか匡平自体が・・・・・。

日々乃もむしろ阿幾とフラグが立ちそうな勢いだよね!やっぱり主人公は阿幾か詩緒なのだろうか。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

コメント(36)

糞教師だな
自業自得

ヘタレな俺はこういう展開嫌いです

正直な話この村ってほぼキチ◯イしかいなくね?

話を重くすんのは勝手だが、この作品に関してはそもそも『良識のある人間』が存在してねーw

>「大切なものと引き替えに~」では些か大袈裟過ぎやしないか?
普通の友人として過ごせたかもしれない日々は大切では?

あとこれ別に「感動の悲劇」じゃないよね?あくまで二人が村を嫌悪する理由付けの話かな?

まあ、先生は教育熱心な人だったのだろう。
村八分の嫌がらせで孤立した事で過去のトラウマが蘇って、昔の教え子と似た目をした阿幾との関係に逃避した。
村人に言われた通り、阿幾は魔性の魅力を秘めた少年だったということだろうか。
最後の辺りの展開は平井和正原作ウルフガイシリーズの「狼の紋章」を思い出した。
もう阿幾が完全に主人公だったなw

>一応自分の身から出た錆な訳だし元々軽率な人だった
>空守村のしょうもなさが目立った

というか、しょうもない因習の村にやって来た、しょうもない軽率な女教師のお陰で、関わった者皆不幸になった話、にしか見えませんでした。

あと、1話の回想で出てきた、ククリのビームの真相も分かりませんでしたし。

詩緒は、どれくらい真相を知っているんですかね。

・・・自業自得って

どう考えてもレイプするほうが悪いだろ

まぁこの女教師に関しては、極端に言い換えるなら『イジメっ子がイジメられてザマぁw』的な感覚を覚えた。

レイプしたほうが悪いけど…
自業自得だろ

村八分にされたのは自業自得だがレイプされたのは自業自得とは言わんだろ

レイプを自業自得と言ってる人はさすがにどうかと思う
ま〜女教師にも問題はあった訳だが・・・
でもそれとこれとは全くの別物でしょ

篤史の屑っぷりを誰も触れてない時点でw
しかしあまりこういう展開は望んでないな〜

篤史がレイプに走った原因が阿幾と関係持ったことなんだろうから単純に自業自得じゃん
自己責任と言った方がいいかな?

阿幾がやらなきゃいけない事があるって言うのがこの話オチなのか
それはやっぱり匡平に関する事なんだろうな(阿幾のフラッシュバックで最後に出てきたの匡平だし)
しかし自分は既に一人ぼっちとか言っていたけど結構阿幾のこと気にかけている人いるよな

おまいら先生のこと叩きすぎだろw
この教師に問題があるのはわかるが
レイプされて殺されたのを自業自得で片付けるのはどうかと思うが・・・

村八分は自業自得。
不祥事起こしたのに行った先でまた起こすとかどうしようもないな。
むしろ被害者は匡平や阿幾だわw

>篤史がレイプに走った原因が阿幾と関係持ったこと
その前から狙ってませんでしたっけ?

先生より犬が殺された事がショックだったわ

八墓村(津山事件)のような背景を期待していたけど、モロ空振り。
尻軽教師に振り回されて、陳腐な展開に感じたのは俺だけかな?

せっかくの素材なんだから、村の暮らし、因習と都会の人間関係ののコントラストとか描いてほしかったなと思う。

アキに惹かれた理由が、親と寝てる現場を見た子供の絶望の目と一緒だったと言うのが少し良く分からない
彼女は無意識に破壊願望というかそういうのに惹かれる部分があったのだろうか
だからアキの頬にふれた後「なんてこと…」と自分の感情に嫌悪感を抱いたけど、村での立場がどん底まで落ちて
自暴自棄になってアキと寝た、と言うことか?
あの子と同じ目をしてるアキと寝ることで過去のトラウマぶち壊すと言うかショック療法的な感じで
トラウマにあえて踏み込んで中身ぶちまけることで自分の中でケリ付けようとしたのかな?
アキに対する「利用してる」と言う罪悪感も大きかっただろうな
結局村の人間と変わらない「ずるい大人」だけど、最後にアキを庇ったことでトラウマの贖罪になった、と
代わりにキョウヘイがトラウマ持ったけどな…
アキの先生に対する感情が分からん
どうでもいいとは思っていないが、アキの中で犬とセットにされていそうだw

篤史が先生をレイプしたのは元から美人先生を狙っていたんだろ。
村での権威を笠に着て先生に手を出そうとしたけどはね付けられたものだから、先生の過去の経歴を流して村八分にしたのでは。

先生は母親がいない教え子の父親と関係を持ってしまったけど、一応、自由恋愛の範疇。
そしてショックを受けた子供が事故死した事の罪悪感が今も先生を苦しめている。

元からレイプしたがってた訳ではないだろ

わんこだけは可哀想だった

アレは元からチカラづくでヤろうとしてただろ

自分からわざわざレイプされる状況作ってんだから自業自得っしょ

こういうエロ漫画みたいな展開嫌いじゃないよ
先生に筆卸して欲しいです><

この先生に近づいてくるヤロー共はみんな『欲は深いが器が小さい』の典型ばっかだから先生が妊娠でもすれば一斉にサーっと引いて行ったと思うw

いやいやw
あつしは無理矢理でも先生を自分のにしようとしてただろwww
村八分にされたのも自業自得もあるがあつしがちょっかい出さなきゃ平和だったわけで

一番の被害者がきょうへいとあきってのは同意だがなんで先生を粘着して叩いてるのがいるんだよwww

先生への中傷(父兄とデキてる)がただのデマという設定だったら先生への感情移入できるんだけどなぁ…

篤史が先生に目を付ける
→村八分開始
→先生が精神的に弱る
→似た境遇のアキとの関係に逃避する
全部篤史に原因があるんじゃねえか
先生に非があったとしてもせいぜい心が弱かったことぐらいだろ
これで尻軽とかわけわかんねえ

先生が父兄と関係を持たなければこんな村に来ることもありませんでしたが何か?
何が原因だっていう話ならそれが根本的な原因でしょ。

不倫じゃないんだし父兄と関係持つこと自体は責められることじゃねえ
根本的な原因は篤史の人間性が糞だったことだろ

つまりこういうことだろ

この道を通るとレイプされると書かれている道に入っていってレイプされた女がいたとする

先生非難派→その道に入っていった女が悪い!
先生擁護派→レイプした方が悪い!

アツシが悪いのは誰が見ても分かる事だ
先生をどうのこうの言ってる連中は先生の人間性を言っているわけで、過去の事を含めてこうなったのは自業自得と思う

先生…生徒の親と関係を持ち、結果、その生徒を死なせたにも拘わらず、左遷先?の村で今度は生徒と関係を持つ等、明らかに軽率かつ倫理的に問題のある人物。

アツシ…相手が幾ら問題のある人物とはいえ、強引につきまとい拒絶された結果、レイプに走ったのは、凶悪犯罪以外の何者でもない。

他の村人…村の因習を絶対視し、よそ者である先生を見殺し。

と、3者3様にロクでなしだった結果、取り返しの付かない惨劇が発生。

と言った所ですかね。

※34

生徒の親だろうがお互い独身ならなんら問題ない。
あと生徒は生きているよ。
阿幾との関係にしたって、精神的に追い詰められている時に、優しくされたり助けてもらったりすると誰だって惹かれちゃうよ。

なんで先生だけ頑なに「しょうがない」で済ませようとする輩がいるのかさっぱり分からん。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/211

トラックバック

» 神様ドォルズ 第7話「追憶の肖像」 from SERA@らくblog
阿幾と匡平、そして先生と…過去編。 隻の座を奪い返しても 篤史の復讐にされされボッチだった阿幾。 犬を庇ってボコされたとこを助けてくれたのが臨時教師の... 続きを読む

» 神様ドォルズ 第07話 感想 from 荒野の出来事
 神様ドォルズ  第07話 『追憶の肖像』 感想  次のページへ 続きを読む

▲上に戻る