ブレイクブレイド10巻買ってきたー、ので最後が残念すぎた劇場版も振り返る。

20110815_7.jpg
まあ色々あるんだろうけど・・・・・。
そんな訳で「ブレイクブレイド(10)限定版」(AA)の感想とついでに劇場版の方のちょっとした感想も。



さて、以前MXで放送された劇場版を見て(正確には第三章のPVですが)ハマった「ブレイクブレイド」。
流れとしては劇場版(地上波)視聴→Web漫画閲覧→原作購入→劇場版(Blu-Ray)購入ってな感じ。

で、この10巻ですが、現在のWeb最新話まで収録。アテネス撃退して祝勝パーティーって所までです。
ライガットとバルド将軍のシーンはかなりホッとした所だったんだよねえ・・・・・ライガットが危う過ぎて。

しかしゼスはアーレス将軍と何か企んでるのかと思ったらあっさり撤退したのが随分拍子抜けでした。


そして劇場版では一応同じぐらいの所まで進んだんですが、後半はもうオリジナルになってたのよね。
だからライガットが狂ったように笑い出して後ろの人達は無表情なラストは( ゜д゜)ポカーン状態だった。

映像的なクオリティは勿論文句無しだったんですけどオリジナル部分にやっぱり無理があったのかな。
もう無料配信とかされちゃってるし複雑な気分ですがまあ自分のようなファンが増えてたら万々歳か。

あ、ちなみにクレオっぱいについては多分アニメ版の方がクオリティ高かったと思います!(ここ強調)


最後に限定版特典とか。設定資料集は作中のゴゥレムのメカニックに興味がある人は特に必見です。
おまけ漫画はクレオと親バカの母親の話なんですが・・・・・成程、これがだいしゅきホールドか!(違

ところでインタビューでクレオについてかなり不吉な事書かれてたけどただの話のネタだよ・・・・・ね?

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(3)

長文失礼します
劇場版は最近まとめて見たわけですが、原作ファンというか吉永漫画のファンとしては劇場版ラストに不満はなかったな~
劇場版ではライガットの対ボルキュス戦でのモチベーションは弟や村人を惨殺された事からきているよう描写されていたので、ボルキュスを殺した後、死んだはずの弟が現れて「なんで乗れないはずのゴゥレムに乗って、人殺しなんてしてるんだ」と言われたら、泣き笑いするしかない。ホズルやシギュンも最後は目を伏せていたしね~ それぞれの欺瞞を剥がされた形のラストシーンだと思えば納得できるかな。
劇場版は対決キャラが差し替えられていて賛否両論あるだろうけど、概ねニヤニヤしながら見れました。不満があるとしたら、ジルグ対スペルタ部隊が無かったこととジルグの死にざま、六章のナイルが格好良過ぎなことくらいでした。

通常版の表紙に惹かれて結局10巻は限定版と通常版両方買っちまった

50話はほんと最高だったな
手裏剣ぶんなげるとことか鳥肌たった

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/204

▲上に戻る