神様のメモ帳 第3話 むしろ予告の巨乳&半裸に目が行ってしまう話。

20110724_1.jpg
一方、今回のアリスは任侠可愛い。
そんな訳で残念ながら今回の解決編にはサービスシーンは特になかった「神様のメモ帳」第3話。



さて、メオが草壁の携帯に電話を掛けた事で居場所がバレてしまったようで、話はそこからスタート。
そこからメオが出ていって鳴海が強引に連れ戻そうとし、更には四代目が助けに来て兄弟盃の話に。

鳴海と四代目は2、3回しか会ってない気がしますが・・・・・やっぱりどこかごっそり削られてるのかな。
平坂組のヤクザ「ごっこ」感は強いなあ、と思ってたら実際ごっこだったのね。それなら一応納得です。

そんな組作ったら本物のヤクザに即潰される気はするんですけど、アリスもノリノリだし良いのか(笑)。


で、周囲の評価急上昇の鳴海立案の作戦開始。これで実は大物、みたいなキャラ付けにするのか。
でも「僕らで使っちゃいませんか」という台詞と、草壁の口座に入金するという作戦はズレてないか?

あの台詞だけで鳴海の作戦を理解できたアリスは、ヴィクトリカもかくやという超推理だったなあ(笑)。
あるいは入金も明細書も全てプラフで本当に使っちゃったとか?いやそれはそれでヤバすぎるしな。

草壁の身の安全の保障がされたとも言い難い状況のような気がしますが・・・・・とりあえず解決、と。


ともあれ次回はまたサービスが。まあ安心のバスタオル完備ですが・・・・・。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(8)

小分け入金はマネーロンタリング的な意味があるからいいとして

草壁さんが絶対に連れてこられるっていう確証はあったの?
ヤクザなら暗証番号吐かせるなり委任状書かせるなりして済ませそうな気がするんだが…

話のまとまりが無さ過ぎて視聴してる側としてはちと困った
原作もこんななの?

2億円を動かすのだから本人確認なるしそこらへん銀行は結構厳しい。
さらに、岸和田本家に対して疑われるようなことはしたくないだろうし。
ただ本人たちが言っているようにばくちであることも確か。
これがだめでも本家にたれ込むという手もあるし

削るってか原作とは細かいシュチュエーションは同期してるけど大筋違うお話だわ

原作の話とは何か違う作品になってるなぁ・・・
削って削っての感じだしテレビから見始めた人は訳わからんだろうなぁ

盃に違和感を感じたな。
こんなすぐに、かわすものなのかい?

着物姿のアリスが可愛かった
メオちゃんはお父さんに会えてよかった

端折すぎだろぉぉぉぉ(;ω;`)
ちょっと駆け足すぎじゃないか...ちょっと原作組でも置いてけぼり感が否めない。あと神メモにおけるニートの定義をどこで出すか。だよなぁ。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/144

トラックバック

» 神様のメモ帳 第03話 感想 from 荒野の出来事
 神様のメモ帳  第03話 『僕が二人にできること』 感想    次のページへ 続きを読む

» 神様のメモ帳 第3話 「僕が二人にできること」 from SERA@らくblog
この作品を探偵ものだと思った時期もありましたw なんか任侠ものだったんだ!(ぉ) 鳴海は1話の時点では影のうっすい主人公(?)だと思いましたが。 ど... 続きを読む

▲上に戻る