ゆるゆり 第1話 タイトルに偽りなしのゆるい百合アニメ。

20110706_1.jpg
ただしそれ以上でも以下でもない。
そんな訳で例によってこれまたちびっこ(一応女子中学生ですけど)がメインの「ゆるゆり」第1話。



さて、ちっちゃくて可愛い女の子達がまったり百合百合するらしいコミック百合姫連載中の「ゆるゆり」。
そもそもコミック百合姫という雑誌があるのを始めて知りましたが・・・・・購買層ってどの辺りなんだろ。

ともあれ中学生になったばかりのあかりが友達の京子と結衣とまったり~って感じで始まった第1話。
適当に見ていたからなのか、京子と結衣があかりより一つ年上だという事に暫く気が付かなかった。

声優さんとか基本的にあまり気にしない方ですが、新人とか経験少なめの人が多い感じなのかな?


ネタとしては、オタクや百合など割と定番になっているもので可もなく不可もなくといった所だろうか。
でも何となく百合っぽいんじゃなくて露骨に百合なのね。さすが百合姫(いや知らないけど)って事か。

しかし第1話から主人公(?)が空気というネタはちょっと先走り過ぎなんじゃないかと思ったな(笑)。
掴みがイマイチだったので風呂来い風呂!と思ってたけど第1話でそういうサービスシーンはなし。

感想の方針としては、「Aチャンネル」みたいにサービスがあれば取り上げる位の感じで良いかなあ。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

コメント(9)

左上がこんなにロリだらけになるクールも珍しいですね

サービスに期待してばかりじゃいけませんぞ管理人!
1話詐欺の常套手段なんだからなサービスシーンは!
…しかし男の本能は悲しいもんだ
そんなサービスにいつも釣られ(ry

他の部活のスペースを使って放課後までのんびりお茶する『だけ』とい
いう・・・

とりあえず、終盤でネタ切れしなければいいのですが(汗

原作は6巻まで出ていて、今月7巻が出るはずだからネタに関しては問題ないと思うんだけど・・・
アッカリーンネタはやっちまったなーという感じだなぁ

実際、こんな感じて1年間ダラダラしてたら来年はもれなく体重が3㎏増(ry

俺は結構楽しめたが、別に百合じゃなくてもいいかなとも思った。

ガッツり取り上げてください!
アニメ版の出来は微妙ですが…

イメージとしては苺ましまろだと聞いていたが
蓋を開けてみたらじょしらくだった

正直、コレをアニメ化するぐらいなら落花流水をしてくれよ。
……今クールは、ロリ要素はロリきゅーぶだけで

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/96

トラックバック

» ゆるゆり 第1話「中学デビュー!」 from 空色きゃんでぃ
ゆっりゆっらっらっらっらゆるゆり! 娯楽部が織り成すゆるい日常系アニメ! でもギャグ色強くてテンション高い。 まるっこいキャラデザかわいい(*´... 続きを読む

» [新]ゆるゆり #1「中学デビュー!」感想 from サブカルなんて言わせない!
タイトルに期待してもいいのか!いいのんけ!?少し前のアニメっぽいですね。百合なのはお姉さんなのかな念願の中学生になったあかりは娯楽部に入ることにhttp:... 続きを読む

» ゆるゆり 第01話 感想 from 荒野の出来事
 ゆるゆり   第01話 『中学デビュー!』 感想  次のページへ 続きを読む

» ゆるゆり 第1話 「中学デビュー!」 感想 from wendyの旅路
ゆるくいきましょう― 続きを読む

» ゆるゆり 1話「タイトル通りのゆる〜い百合話だったね」(感想) from 失われた何か
「ゆるゆり始まるよ!」 この絵を見た瞬間に私は この作品のファンになれると感じました。 キャラ絵が可愛すぎます!! 初めから終わりまで... 続きを読む

» ゆるゆり 第1話 「中学デビュー!」 from SERA@らくblog
ほんとに びっくりするほど ゆるゆりさですw 中学デビューの日なのに ランドセルで登場なあかりさん(^^; 1学年上の京子&結衣は慣れたものですね(苦... 続きを読む

» ゆるゆり 第1話 「中学デビュー!」 from のんたんのanime大好きブログ
『ゆるゆり』は女の子はかわいいですし、OPももちろん、本編もゆるーいながらも流れがとてもスムーズなので視聴していてとても気持ちがいいです そ... 続きを読む

» 今更ながらポスト「らき☆すた」作品のご登場!? ゆるゆり 第1話 「中学デビュー!」 from soraの微妙な冒険
TVアニメ ゆるゆり 第1話 「中学デビュー!」  の感想。 脚本:あおしまたかし 絵コンテ:太田雅彦 演出:荒井省吾 作監:皆川一徳・いずみひろよ ... 続きを読む

▲上に戻る