GOSICK 最終話 いつの間にか最後は戦争ドラマになっていた。

20110703_5.jpg
まあ笑顔で終わって良かった!
そんな訳で前半の時点では最後の展開はさすがに予想つかなかった「GOSICK」第24話、最終回。



さて、とりあえずまずはヴィクトリカがブライアンの片割れの方の魔の手から逃れる所からでしたが。
そこは上手くブライアンの心の隙間に入り込み(聞こえは悪いけど)、無事国外脱出に成功しました。

グレヴィールは視聴者がブロワ侯爵が死んだと分かる前にヴィクトリカの味方をして欲しかったかな。
ヴィクトリカは母親の死を含め色々な事のショックで金髪から銀髪に・・・・・あれ、むしろ新鮮で良い!

一弥の死亡フラグはさすがにここまで立てると1回転して大丈夫そうだと思うようになってたな(笑)。


そして終戦後のエピローグ。
戦争自体は結局何がどうなったのかよく分かりませんが、みんな元通りの生活に戻り始めたようで。

最後までアブリルの扱いは酷かったな(笑)。もうちょっと何かあるかと思ったけどあれで終わりとは。
ココ王妃の一件は確かに重要だけどわざわざ最終回で回想する事でもなかったんじゃ、とは思った。

で、最後は日本。ある程度予想はしてたけど微妙に衝撃映像だった・・・・・もんぺかよ!?みたいな。


遂に再会する事ができた一弥とヴィクトリカ。姉すらもスルー気味で見つめ合っちゃってたりしてます。
終戦直後に「凄い、綺麗な異人さん・・・・・」はどうなんだ?とか思ったけど細かい事は言いっこなしで。

最後は思ってたより遥か斜め上の展開になったけど、本当にヴィクトリカの笑顔で終わって良かった。
幻想的なシーンになり過ぎてもしかして夢オチかとも思いましたが、ハッピーエンドで良いんだよね?

全体的に話のまとまりがイマイチでしたが、結局最後はヴィクトリカ可愛いよヴィクトリカに尽きました。

同カテゴリの記事 ・ 最新記事 ・ 関連アイテム

同カテゴリの記事

コメント(19)

鬱endじゃなくてホント良かった・・・

ええ話や。ヴィクたん最高や。
日本を舞台に二人の子孫が探偵を……。
ああアリスちゃんのことか。

推理物アニメ→キャラアニメ(ヴィクトリカ)→戦争アニメ
っていうよくわからない展開だったが、ふたりとも無事でよかった。

ただ最終章辺りのテーマでは、ヴィクトリカよりもカーチャンとブライアンの生き様(死に様)のほうが、時代に抗っている感じがしていかしてたな。

ところで舞台だったソビュールが架空国家で、久城も帝国軍人で
あって日本人とはかいてないのを今更Wikipediaで知った。
だから銀髪の子がいても「わぁ綺麗」で済んだんだと勝手に解釈してました(それでもかなり違和感ありまくりだが)。

なんだかんだで突っ込みながらも結局見続けたし、
管理人も最後まで更新してくださったので、楽しく見れました。

最後はやっぱりヴィクトリカ可愛いよヴィクトリカ

字幕、1945年より前でしたよね? だからああいう反応だったんだと素直に思ったのですが……。

最後の場面で1929年になっていて、何か微妙に年代の計算が合わないんだけど、その辺りどうなってるんだろう?
シベリア出兵には遅いし、日本が焼野原になっているのは関東大震災の焼け跡?
それともこれは架空の歴史を辿っている世界なのだろうか。
史実ではこれから世界恐慌が起こり、第二次世界大戦が勃発して、益々世界は混乱していくはずだけど・・・。

ともあれ二人の未来に幸あらんことを。

変な終わり方でなくて本当に良かった(これで安心してBDが買える)
銀髪ヴィクトリカこれはこれで良いなぁ
アブリルは最後なのだからもうちょっと優遇しても・・・
でも二人が日本に居ると知ったら真っ先に来そうだ
 
しかし後番組もなんか推理物っぽい上にしかもCVが沢城って
まあ急に路線の違う作品やられるよりはいいかな

原作者曰く、ソビュールっていう架空の国があるせいで年号が色々とおかしくなってるらしい、と監督か誰かのツイッターで読んだ

ハッピーエンド(?)でとにかく安心した。終わりよければ全て良し。

https://twitter.com/HP0128/status/85512458701250560
>> 原作者の桜庭一樹さんに前から気になっていたことを聞きました。「GOSICK」の歴史は偽史なので(ソビュール自体が架空の国だし)第2次世界大戦は我々の世界よりだいぶ早く始まり、早く終結するとのこと。一種のパラレルワールドなんですね。

これですね

まあなにはともあれ、再会できて良かった

次の戦争でひどい目にあわないか心配だけど

そんな時代背景がめっちゃ忠実ってわけじゃないんだから心配しても無駄じゃね?史実通り何かが起きるのかすらわからないんだし

取り敢えず、久城の手足が4つとも付いていて良かった。

しかし、くどいようですが、ラストの怒濤の結末路線は、必要あったんですかね。

次の戦争?
今回が第2次大戦だからもう起きないんじゃ?

ショックで金髪から銀髪になることてあんの?

創作だと良くある
現実であるかは知らんけど

>>ショックで金髪から銀髪になることてあんの?
たぶん管理人の間違い。
追っ手から逃れるために染めた。
ヴィクトリカが大変だったと言ったのはたぶんこの時代だと染める方法があまり解ってなかったか、
船の中で染める道具を見つけ出すのが大変だったかと思われる。


それだと一弥が帰ってくるまでずっと銀髪だった説明にならんよね。

実際にストレスで銀髪(白髪ではない)
になることはあるらしい

http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/report/?id=20110107-00004820-r25&page=2

>>それだと一弥が帰ってくるまでずっと銀髪だった説明にならんよね。
うーん、基本アニメキャラは髪の長さなんか変わらんし、GOSICK内でも変わったのは一弥だけ(かな?)だろうしね。
ブライアンが死んでから葬儀までの間の僅かな時間に髪全体がストレスで銀髪になるのも速すぎると思う。
まぁ、結局は製作者に訊かんと解らんな。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/90

トラックバック

» GOSICK―ゴシック― 第24話(最終回)「死神の肩越しに永遠をみる」 from 空色きゃんでぃ
ヴィクトリカが幸せになってくれればそれでいい! ヴィクトリカの笑顔が見れたらそれでいい(´;ω;`) あなたは私の光。 あなたに会うために生... 続きを読む

» GOSICK -ゴシック- 第24話 「死神の肩越しに永遠をみる」 from SERA@らくblog
生きたい――! ヴィクトリカの魂の叫びは ブライアンにはコルデリアの姿に重なって見えて…。 逆上しペンダントを奪おうとしたブライアンは転落して大怪我を... 続きを読む

» GOSICK−ゴシック− 第24話 最終回 感想 from 荒野の出来事
 GOSICK  第24話 『死神の肩越しに永遠をみる』 最終回 感想  次のページへ 続きを読む

▲上に戻る