[C] 第11話がタクト様と豪快に被ってた件 他 - 6月24日のニュース

▼ニュースとか
■アニメ 「英雄伝説 空の軌跡 THE ANIMATION」 公式サイトリニューアル!
キャラデザはもう少し何とかならないものかとは思う。
■TYPE-MOON 「カーニバル・ファンタズム」 PV公開!
■本日情報解禁。「図書館戦争」 シリーズ、劇場版アニメ化企画進行中♪
■5pb. 「DUNAMIS15」 プロモーションムービー(ナレーター丹下桜ver)公開!
■アトリエかぐや 「禁断の病棟」 デモムービー公開
■乱蝶姫 「正しき姫初め」 「俺色願望 ~俺と有里栖の関係は~」 公式サイトオープン!

▼イラストとか
■たくみなむちさん 日記にあの花よりめんま。良いイラストだ・・・・・めんま・・・・・。
■プラスチックガールさん 日記にあの花よりめんま。あなるとめんまはきっと需要が違うんだろう。
■ネコゴショさん 日記にけいおん!よりこげにゃん。あ、つまり日焼けしてるあずにゃんの事です。

▼雑記とか
20110624_9.jpg
[C] 第11話、最終回。
グレンラガンという人もいるみたいだけど自分が瞬間的に思いついたのはやっぱりこっちかなあ(笑)。

もうちょっとまとまるかと思ったけど予想通り「?」なオチだった。まあサトウさんが生きてて良かった。

コメント(8)

コンビニ店長…出てたっけ?

今回も面白かった。
Cが日本に到達する寸前に円が信用を失って取引停止、市場閉鎖されたため、
公麿の逆転勝利だった。 おかげで破産したサトウさんも復活。
輪転機逆転で失われた未来を買戻し、真朱はやがて生まれ来る未来に。
しかし金融街は、人間がいて経済活動が行われる限り、これからも存在し続ける・・・。

グレンラガンでこういうシーンあったっけ?
パラレルワークス?

まあ正直予想の域を出ないというか、てらいの無い順当なエンドだったけど、それだけにモノとしては十分に面白かった
何度か繰り返しで見たし、それ相応に良いものだと思ってる

ただキスシーンで往年のラブロマンス的BGMが流れた時は、感動よりも先にクサさが先立って「プハッ」ってなってしまったw

ノエインを思い出した。
覚えてる人、あんまりいないだろうけど。

別れのキスの場面に流れた曲は過去の若き日を懐かしむ名曲。
今回、あれを歌っていた伊集 加代子さんはスキャットで有名な大御所シンガーらしい。
アニメではハイジのOPやアタックNo.1のEDを歌っていたとか。

結局主人公は全てを失ってないか?

片思いの女性に
一緒に戦った相棒
現世

BADエンドと変わらない・・・

主人公の「今」だった世界は失われた未来を取り戻した事で大きく変貌。その結果、日本円は通貨価値を失い、アメリカ$に取って代わられている。
日本経済は破綻し、社会は混乱しているのかもしれないが、未来を奪われ無気力になっていた人々の顔には活気が戻っていた。
羽奈日とはまたどこかで会えるかもしれない。
真朱はいずれ生まれてきて公麿と再会できるだろう。

未来のどこかで・・・。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL(※言及リンク必須):
http://twodimension.net/mtos/Trackback/72

▲上に戻る